飲む日焼け止め「ヘリオケア」には種類がある!飲む前に勉強しよう。

BEAUTY

最近注目されている日焼け止めサプリメント「ヘリオケア」には、種類があるのをご存知ですか?
今回は、「ヘリオケア オーラル」「ヘリオケア ウルトラオーラル」「ヘリオケア ウルトラ-D オーラル」にクローズアップしてみました!

「ヘリオケア」で身体の中から紫外線対策ができる!

近年では紫外線がシミやそばかすなど、肌トラブルを引き起こす原因といわれるようになり、紫外線対策の重要性が高まってきました。

一般的な紫外線対策では日焼け止めクリームを塗ると考えられますが、敏感肌などで日焼け止めクリームが肌に合わない人もいます。

そういった人も使える、飲む日焼け止め「ヘリオケア」が注目を浴びています!

飲む日焼け止めヘリオケアは、薬ではなくサプリメントなので処方箋は不要で、皮膚科や美容クリニックなどで簡単に購入できるのも嬉しいですね。

飲む日焼け止め「ヘリオケア」の成分とは?

飲む日焼け止め「ヘリオケア」の主な成分は、中米原産のシダ植物から抽出されたファーンブロックです。
このファーンブロックは、日焼けによる肌の赤みやダメージの改善効果があるといわれています。

その他にリコピンやルテイン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンD、β-カロテンなどの抗酸化成分が含まれており、化学薬品が使われておりません。

飲む日焼け止め「ヘリオケア」の種類について

飲む日焼け止め「ヘリオケア」は3種類あり、それぞれ含まれている成分や含有量が違います。
まず1つ目の「ヘリオケア オーラル」は、ファーンブロック240mg、βカロテン、グリーンティーエクストラクトが配合されており、紫外線の少ない秋冬に適しています。

2つ目の「ヘリオケア ウルトラオーラル」は、ファーンブロック480mg、ビタミンCとビタミンE、ルテイン、リコピンが配合されております。

3つ目は「ヘリオケア ウルトラ-D オーラル」は、2つ目の「ヘリオケア ウルトラオーラル」の成分にビタミンDを追加したものです。

「ヘリオケア ウルトラオーラル」も「ヘリオケア ウルトラ-D オーラル」も紫外線の多い春夏に適しており、普段サプリなどでビタミンDを摂取している人は、2つ目の「ヘリオケア ウルトラオーラル」で十分です。

飲む日焼け止め「ヘリオケア」のデメリット

敏感肌の人でも紫外線対策ができる飲む日焼け止め「ヘリオケア」ですが、3つほどデメリットが挙げられます。

1つ目はカプセルが大きいので、飲みにくい点です。

2つ目は「ヘリオケア」を摂取してから30分後に効果がでるので、飲むタイミングを間違えると効果が発揮されないことです。

3つ目は「ヘリオケア ウルトラ-D オーラル」で、1瓶30錠が6千円ほどなので、1日1錠でも1ヶ月しかもたずに、コストがかかってしまうことです。

飲む日焼け止め「ヘリオケア」には3種類「ヘリオケア オーラル」「ヘリオケア ウルトラオーラル」「ヘリオケア ウルトラ-D オーラル」があるので、紫外線の量や自分のライフスタイルに合わせて、上手に摂取したいですね!