泣くことの効果って?涙活を取り入れよう♡

BEAUTY

涙活って知ってますか?
医学的にも良いと実証されている「泣く」という行為は、本当に良いことばかりなんです♪
我慢せずに泣いて、体も心もスッキリさせましょう♡

「涙活って?」

引用:free-photos.gatag.net

涙活は、意識的に涙を流すことでストレス解消をはかる方法のこと。
離婚式プランナーの寺井広樹氏が提唱したものです。

1ヶ月に2~3分でも涙を流すことで、ストレスが和らぐんだとか。
泣ける音楽や映画、詩の朗読など毎回テーマを変えて月に1~2度、「涙活」をしているそうです。

2015年7月22日には、泣けるアーティストが終結した涙活フェスが開催されます。
ストレスを軽減する他にもどんな効果があるかご紹介します♪

涙活のメリット①「リラックス効果」

引用:data.whicdn.com

人間には、緊張している時に働く交感神経と体がゆったりしている時に働く副交感神経があります。
この副交感神経が働くことで引き起こされるのが「泣く」ということなんです!

つまり、泣くことで体が落ち着いた状態になります。
泣いている時は泣くことに集中しているため、思考も上手く働かず、よりリラックスできるということなんですね♪

涙活のメリット②「美容に良い」

引用:data.whicdn.com

大人になるにつれ、泣くことに抵抗がある人も少なくないですよね。
でも泣くことを我慢していると、涙腺が詰まってしまうんです。
すると余分な水分が溜まり、顔がむくんでしまうことも!
涙を流すことで涙腺が清掃され、循環が良くなります。

また泣くことで体がリラックスした状態になり、安眠に繋がります。
良い睡眠がとれるって、美肌にもとても良いですよね♡

涙活のメリット③「うつ病の予防」

引用:data.whicdn.com

涙を流した時に分泌されるセロトニン。
この成分は、うつ病を改善するときに使用する薬の成分にも入っているんです。

泣くときの涙には、水やカリウムなどの他にマンガンという物質が含まれています。
実はこのマンガンが血液中の30倍も含まれているそうなんです!

血液中のマンガンがある一定以上になると、うつ病になる危険性が高まるといわれています。涙を流して外にマンガンを排出することで、うつ病を予防できるということなんですね♪

いかがでしたか?
泣くことって笑うことと同じくらい効果があるのかもしれませんね♡
映画や音楽など、自分が泣けるものを見つけて思い切り泣くのもいいかも♪