運命の本に出会える!読書にハマって3年の私が教える本の選び方♪

読書をあまりしない人がいざ本を読もう!と思ってもなにを読んだらいいのかわからない…
私も読書を始めようと思った時に本選びに困りました。
ここでは、私なりの本の選び方をまとめていきます♪

<本の選び方①> あまり本を読まない人のおすすめを読んでみる

読書を始めようと思った時、ベストセラーや人気の本、読書好きの人のおすすめの本を読んだこともありました。
しかし『難しい…』と感じたり、なかなか読み進める気にならないものが多かったです。

そんな時に普段あまり本を読まない友人に勧めて貰った本を読んでみたらどんどん読みたくなる!

その時、読書に慣れないうちは「読みやすさ」で選ぶのが良いと思いました。

<本の選び方②> ジャケ買い&タイトル買い

CDや映画DVDと同様、本もジャケ買い&タイトル買いもアリ!
表紙のデザインは本の雰囲気に合ったものただと思うので、その雰囲気で買ってみるのも楽しいです♪

また、タイトル買いもおすすめ♡
心惹かれるタイトルのものを手にとってみるのも素敵な出会いがあるかもしれません。

私は最近勧められたもの以外はジャケ&タイトル買いです。
手に取る良いきっかけになっています。

と言っても、それだけで買うのは不安という人はインターネットのレビューなど感想を見てみるのも良いと思います。その際ネタバレを見ないように注意!

<本の選び方③> 1ページ目だけ読んでみる

読書を始めた当初だれかに聞いたのが「手に取った本の1ページ目だけ読んでみる」という方法。

1ページ目が読みやすく、自分と相性が良ければきっと読みやすい本だよ!
と教えてもらってから本を手に取ると1ページ目だけ読んでみます。

読んでみるとこの『この表現好きだな〜』『難しい言葉が多くて大変かも』と思ったり。
1ページ目が読みやすい本は最後まで読みやすいものが多いです♪

<本の選び方④> 時が経てば読みやすい本になることも

本を購入していざ、読み始めると難しかったり、苦手な本ということもあると思います。

そんな本は今は読まないで本棚へ。
時が経って読んでみると読みやすくなっていたり、その時の気持ちと合っていたり…。
本は自分の置かれた環境やその時の気持ちで印象が変わることが多いです。

また、一度読んだ本は二度、三度と読むのもおすすめ。
結末を知っている分、ストーリーの見方も変わったり…本は読む度に違った感想や新たな発見がありますよ☆
私なりの本の選び方でした!読み慣れてきたら本好きの方の本も読みやすくなってきました。
個人的にベストセラーなどより本屋さんで何気なく手に取った一冊の方が自分に合っていたりします。

選び方 読書 本屋 趣味

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、WEBライター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる