主婦たちは密かにやってる。見苦しいお腹のたるみを消せる○○とは?

お腹のたるみって本当に嫌ですよね。
ダイエットをしてもなかなか脂肪が落ちず、悩んでいる人は多いです。
でも実は、主婦たちの間でも人気の対処法があることをご存知ですか?

この記事の監修

湘南美容外科 Dr. 梶山 典彦

お腹のたるみを消す○○ってなに?

お腹のたるみを消すことができる〇〇とは、実は「脂肪吸引」のことなんです。
今は脂肪吸引を受けることができるクリニックが増え、簡単にお腹のたるみという悩みを解決することができるんですよ!

お腹の脂肪吸引を受けると、ぽっこりとしたお腹がなくなり細くすっきりとした体型になることができます。
もしも少し太り気味の人であれば、その効果はさらに大きなものになるでしょう。

もちろん普段のダイエットと違い、バストの大きさは変わることがありませんので、「痩せたけどバストが小さくなってしまった」という新たな悩みを抱えることもありません。

お腹のたるみを消す「脂肪吸引」の流れについて

まずは背中から、お腹の痛みを感じなくするための麻酔(硬膜外麻酔)を行います。
背中の麻酔は怖いと思われる方が多いですが、局所麻酔後に行いますので痛みはわずかですし、硬膜外麻酔をしっかり効かせれば痛みは全く感じないので、会話しながら脂肪吸引することも可能です。

次に、脂肪吸引範囲の皮膚消毒を行い、点滴の麻酔を使って徐々に眠っていただきます。
お腹の場合や鼠蹊部(そけいぶ)に近い部分やヘソ下など、隠しやすい部分に5mm程度の切開を行い、そこから血管収縮剤などの入ったチュメセント麻酔を行います。


その後、同じ穴から吸引管を入れ、陰圧をかけて脂肪を吸引していきます。最後に傷口を綺麗に縫合し、圧迫をしたら終了です。

お腹のたるみを消す脂肪吸引は、2〜3時間ほどで終了します。

お腹のたるみを消す「脂肪吸引」のメリットとは?

お腹の脂肪吸引を行うメリットは、なんといってもぽっちゃりお腹が解消されることです。
脂肪吸引を行えば、その分の脂肪は必ずお腹から取り除かれます。
また、その効果は永久に続くので手術を何度も受け直す必要がありません。

ダイエットは苦痛を伴ううえにリバウンドを起こしやすいですよね。
痩身レーザーや脂肪溶解注射に比べ、脂肪吸引は効果が高いのでお腹のたるみを消すためには最適といえます!

お腹のたるみを消す「脂肪吸引」のデメリットは?

お腹の脂肪吸引は、リスクを伴う手術でもあります。
体への負荷も大きい手術になるので、ダウンタイムのケアも非常に重要となってきます。

お腹の脂肪吸引の費用は、16〜129万ほどで平均すると68万円ほどとなっています。

費用だけで選ばずに担当医との意思疎通ができているかなど、様々な条件からどの病院にするのか、そもそも施術を受けるべきかを決定していきましょう。
お腹の脂肪吸引についてご紹介しました。
脂肪吸引は確実に効果を実感することができ、術後3ヶ月もたてば手術を受けたことがわからないほどキレイになりますよ。
ダイエットでも効果が得られなかったあなた、脂肪吸引でお腹のたるみを解決してみませんか。

【関連記事】覚えておこう!美容整形の基礎知識講座♡【脂肪吸引編】

「脂肪吸引」と聞くと、高額で危ない……というイメージがありませんか?しかし、手術方法や医...

脂肪吸引 お腹 たるみ 手術 整形 ダイエット

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡邊七海

趣味は食べることと、最近はネイルにハマっています。まだまだ未熟なところがありますけど、一生懸命頑張…

>もっとみる