"いい女"と"都合いい女"の違い、分かっていますか?

LIFESTYLE

女子の価値って男で決まるんですよね。
ただ、好かれる女子ってどうしても「都合いい女」ばかり。
本当に「いい女」と、「都合いい女」の違いって何なのでしょうか?
シーン別で見てみましょう。

高橋彩
高橋彩
2021.05.17

〈いい女と、都合いい女の違い〉シーン①:飲み会の席

どんな人でも飲み会には参加しますよね。
そんな平凡なシーンでも、「いい女」と「都合いい女」には違いが出るんです。

<“いい女”の場合>
そもそも、"いい女"は飲み会で気合いを入れたりしないのです。
人付き合いや、その場をただ楽しむためだけ、ご飯が食べたいなど、純粋にお酒が飲みたい気分なだけで、特にそれ以外の展開を求めていないことが多いです。

<“都合いい女”の場合>
どうにかして相手を見つけようと、常に狩人気分で毎回全力。
モテテクを駆使して、見た目も香りも全てにおいてガツガツ攻める姿勢は、周りの女子さえも引かせているかもしれません…。

〈いい女と、都合いい女の違い〉シーン②:デート

デートは、2人きりの大切な時間です。
付き合う前のデートほど、重要なものはないですよね!
そんな時でさえ、違いはでるものなのです。

<“いい女”の場合>
求めてすぎていない反面、それがあえて相手にプレッシャーを感じさせて、男子に緊張感を与えるみたい。
男子は、それに応えようとして高級なお店に連れて行ったり、デートプランを入念にリサーチするんです。

<“都合いい女”の場合>
相手に合わせがちなので、男子から完璧にナメられていて、なんならデートコースさえ決めて欲しいなんて思っているかも。
しまいには、ちょっとオシャレなカフェレストランで雰囲気だけはいい、実は低コストな食事で済まされる可能性も。

〈いい女と、都合いい女の違い〉シーン③:帰るとき

"終わりよければ全てよし"って言われるくらい、やっぱり帰りのシーンってとっても大事なんです。この去り際次第で、次があるかないかさえ決まるといっても過言ではありません!

<“いい女”の場合>
男子は分かりやすいので、いい女とはギリギリまで一緒にいたいものですよね。
でも、本当に大事な人なら、自分の感情よりも相手の都合を考えるので、絶対遅く帰したりはしないのです!
遅くなるなら家の近くまで送ったりなど、最後の最後までホスピタリティができているはず。

<“都合いい女”の場合>
都合いい女には、終電さえ気にしてあげることもなく、その場が楽しければ、いつまでもいさせちゃうんです。それって、一緒にいたいんじゃなくて、実は相手のことを何も考えていない証拠。
「まだ一緒にいようよ!」なんて言葉を、ただ素直に喜ぶのはちょっと違うと思いますよ!

〈いい女と、都合いい女の違い〉シーン④:連絡において

どんな時も連絡って大切なツールですよね!
そんな連絡の仕方でさえ、扱いが全然違うんです…。

<“いい女”の場合>
いつも相手からメッセージの嵐で、連絡すればどんな時でも即レス。
なんら句読点も改行も完璧な文章で、メッセージからも丁寧さが伝わってくるはず。
このメッセージで運命が変わるかもって思ったら手は抜けないですよね!

<“都合いい女”の場合>
そもそも、連絡しても基本的に既読ムシ。
自分の暇な時にしかメッセージが来ないなど、とにかく男子ペース…。
そんな暇つぶし相手になっていないですか?それでもいいなんて心を広く持ちすぎると、どんどんつけ込まれてしまいますよ!

“いい女”と、“都合のいい女”を比べると分かるのですが、都合いい女の方がモテている感じがあるんです。
しかし、それはただの勘違い。好きだからできるのではなく、好きじゃないからできたことなんです。
"モテる女"と"都合いい女"を、勘違いしないようにしましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。