オトコの本能をくすぐる「隙のあるいい女」になる方法

LOVE

素敵な女性になるために、ついついがんばりすぎちゃっていませんか?
仕事にバイト、メイクにファッション。
完璧を目指すうちに“隙”のない『近寄りがたい女』になっているかも…。
男性が求めているのは、完璧ではなかったのです!
思わずアプローチしたくなる“愛される隙”のつくり方教えます♡

隙のあるいい女になる方法① “頼る”ことで男性の本能を満たしてあげよう♡

「何か手伝おうか?」などという男性のアピールに対して『大丈夫です』と、スパッと断ってしまっていませんか?

努力家の人ほど、人に頼らず一生懸命がんばってしまいがち……。でもそれが男性との間に高い壁を作ってしまっているのです。

男性は頼られることが大好き!本能として、「女性を守ってあげたい」という気持ちを持っているもの。落ち込んだ時は相談してみたり、分からないことがあれば聞いてみて!自分は頼られているんだという満足感は、男性の本能を刺激して、あなたを守りたいという気持ちに火をつけてくれるはず♡

もちろん、何でもかんでも頼るのはNG!普段は1人でがんばっているけど、ふと自分を頼ってくれるというギャップをみせるのがポイント!困ったときこそチャンスですよ♡

隙のあるいい女になる方法② 頑張りすぎないファッションを心掛けよう♡

アクセにネイル、ヒールにブランド物のバッグなど……。全身いつも完璧なオシャレ女子っていますよね?女性からすると憧れる部分もあるけど、男性からすると「お金がかかりそう ・男慣れしてそう・気が強そう…」などマイナスイメージを持たれてしまう可能性も……。

全身いつもばっちりキマっている女性に対して男性は、「自分もがんばらなくちゃ」と窮屈に感じてしまう人もいるようです。

BBQや海など、アウトドアを楽しむときはスポーティーなコーデにしてみたり、たまにはネイルをお休みしてみたり…♪がんばらないファッションで男性に自信を持たせてあげましょう♡

ふといつもと違うファッションで登場したら、これまたそのギャップに「きゅん」とくるハズ☆
ほどよい“隙”をつくって、「近寄りやすい女性」を演出してみてください♪

隙のあるいい女になる方法③ 表情豊かな人でいよう♡

ふとしたとき、思いっきり無表情になっちゃっていませんか?イヤホンをしてさーっと早歩きでクールな表情。そんなあなたに“壁”を感じて、声を掛けたくてもかけられない男性がいるかもしれません。

気になる人がいると目で追っちゃいますよね?これは男性も同じで、意外なところも見られている可能性があります!“愛される隙”を作るには、例えば1人でスマホをいじっているときでも、少し口角を上げてみて♡ふんわり柔らかいオーラを出すことができます♪

会話をしているときは、ちょっとリアクションをオーバーにしてみてはいかがでしょう?感情表現があまりないタイプの女性は「何を考えているのか分からない」「気持ちが読めない」など誤解されやすいのです……。

それに対して、いつもニコニコしていて愛嬌のある人は親しみを持たれやすく、話しかけられることも多いはず!もっと自分を知ってもらうためには、まずコミュニケーションです♪男性がアプローチしやすいオーラを作る意識から始めてみましょう!

ルール④「“ありがとう”で気持ちを受け止めよう♡」

気付かずに男性からのアプローチを遮断してしまっている言葉があります。それが「大丈夫です」「すみません」「そんなことないです」この3つ。シーン別に見ていくと……

■「大丈夫です」の場合
・「手伝いましょうか?」→「大丈夫です」
・食事のお会計で「ここは僕が出しますよ」→「大丈夫です、私も出します」

■「すみません」の場合
・エレベーター内で「お先にどうぞ」→「すみません」
・仕事やバイトで「休憩行っておいでよ」→「すみません」

■「そんなことないです」の場合
・「さすがだね」→「そんなことないですよ」
・「似合ってるね」→「そんなことないですよ」

心当たりありませんか??
この3つのNGワードは少しの“隙”も与えていません。これらを全部「ありがとう」に変えてみてください♡

相手があなたを思ってしてくれたことや、言ってくれた言葉には「ありがとう♡」で気持ちを受け取りましょう!
そしてこのとき笑顔も忘れずに…!この小さな“隙”が素敵な恋愛に発展していくかもしれません♡

男性からアプローチされることが少なくなったなぁ。とか、彼氏がなかなかできないなと思っていた人に是非1度試してみてもらえればと思います♡がんばりすぎるのをちょっとお休みして…たまには頼ってみたり、弱音を吐いてみたり♡
それを男性は待っていたかもしれませんよ??そこから今までになかった展開が生まれるかもしれません♡