痛い?高い?産毛は対象外?「レーザー脱毛」の仕組みを徹底解説!

痛い?高い?産毛は対象外?「レーザー脱毛」の仕組みを徹底解説!

BEAUTY

近年、技術の発展によって、次々と新しい脱毛方法が生まれていますね。
その中の一つの施術方法として「レーザー脱毛」がありますが、どういったものかご存知ですか?
光脱毛に次いで人気のある脱毛方法なので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

実は、レーザー脱毛にもいろいろな種類があります。
クリニックによって、扱っているマシンも様々。

そこで今回は、レーザー脱毛の種類や仕組みついて、詳しくご紹介していきます♡

レーザー脱毛ができるのは医療機関だけ?

レーザー脱毛は、エステサロンなどで行える光脱毛とは違い、医療行為となります。
つまり、医療機関でしか施術できません。

エステサロンでは、医療行為に当たらないように、光の出力の上限が低めに設定されています。

一方、出力の高いレーザー脱毛は、サロンでは行えないことになっているのです。

また、光脱毛では数種類の波長の光を当てるのに対し、レーザー脱毛では1種類の波長の光を当てて施術します。

医療機関で脱毛するメリットは、何か肌トラブルなどが起きてしまったり、体に不調が出てしまったりしたときに、その場で処置してもらえる点にあります。
また、場合によっては、麻酔の使用が可能であることも挙げられるでしょう。

レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛は、毛に含まれる黒い色素(メラニン色素)に、強い光を反応させることによって、徐々に毛を生えてこないようにする脱毛方法です。

毛穴には、毛乳頭という、毛母細胞に栄養を送る細胞があります。
光にメラニン色素が反応すると、熱を帯び、その熱で毛乳頭を破壊して、毛が生えてこないようにしているんです。

また、施術するのに一番効果が出やすい時期もあるんですね。
それは、毛の生えるサイクルと密接な関係があります。

まず、毛が生えるサイクルは、以下の3つの時期から成ります。

・成長期……毛が伸びる時期。
・退行期……毛が伸びなくなり、抜け落ちる時期。
・休止期……毛が成長してくることもなく、育毛機能を休めている休止期。

この内の成長期に光を照射することが、脱毛効果の一番高い方法といわれています。

レーザー脱毛は、1度だけでは脱毛できません。
毛の生え変わる、毛周期というサイクルに合わせる必要があるためですね。

間隔を空けて何度か施術を行うことで、徐々に毛が生えてこなくなるんですね♪

レーザー脱毛で産毛は対応できない?

レーザー脱毛の光は基本的に、メラニン色素に反応させて脱毛する方法。
色が濃く太い毛ほど、脱毛効果が高まるそうです。

そのため、メラニン色素が薄い産毛に対しては、効果も低くなってしまいがち……。

しかし、全く効果がないのではなく、“濃い毛よりも効果が薄まる”という程度。
完全に無駄というわけではないんです。

同じレーザー脱毛でも、使用されるレーザーの機器の種類よっては、産毛にも効果が出やすいものがあるんだそう。

また、産毛をレーザー脱毛すると、稀に硬化毛や多毛化(増毛化)といわれる現象が起きてしまうことがあるようなので、頭に入れておくと良いでしょう。

・硬化毛……毛が濃く、太くなってしまう現象。
・多毛化(増毛化)……毛が増えてしまう現象。

これは、まだ原因ははっきりとわかっていないそう。
産毛は色素が薄いために、毛乳頭に十分なダメージを与えることができず、中途半端なレーザーの光の影響がかえって毛の成長を促し、引き起こされると考えられています。

レーザー脱毛による気になる痛み

レーザー脱毛の光は、出力が高い分、痛みを強く感じる方が多いようです。

痛みの感じ方は人それぞれ。
そのため、一概には言えないのですが、光脱毛よりは痛みが強い印象のようです。

VIOやワキなどの毛が太い部分が、特に痛みを強く感じやすいそう。
太ももなど、痛みに弱い部分も、ある程度心構えをしておくと施術中に驚くことはないでしょう。

しかし、レーザー脱毛は医療機関で行われるので、「どうしても……」といった場合には麻酔の対応もできる可能性があります。
ただし、それでも痛みを感じるケースはあるようです。

麻酔には、クリームタイプや、テープタイプのものがあります。
これらの麻酔は、皮膚の表面に効果があります。
しかし、レーザーの光で照射する“毛乳頭”は、麻酔が効く部分よりも深部にあるため、痛みを感じるそうです。

自分は痛みに弱いタイプだと思う場合は、事前に施術スタッフに相談しておくと良いでしょう!

レーザー脱毛のデメリットとメリット

レーザー脱毛のデメリットとしては、以下のことが挙げられます。

・ヤケドの危険性があるので、ホクロや濃いシミなどには当てられない。
・濃く日焼けしているとできない場合もある。
・光が強いので、肌への負担が大きい。
・費用が高め。(保険適用外のため)
・色素が薄い毛には効果が出にくい。

レーザー脱毛のメリットは、以下のことなどがあります。

・光脱毛よりも、短期間で済む。
・一度に広範囲を照射できるので、電気脱毛よりも施術時間が短い。
・医療機関で行われるので、衛生的で、トラブルが起きてもその場で処置してもらえる。
・美肌効果が期待できる機種もある。

レーザー脱毛に限らず、どの脱毛方法にもメリットとデメリットがあります。
自分にとって何が最重要であるかで、脱毛方法を選びましょう♪

それではここからは、レーザー脱毛の種類についてご紹介していきます。

レーザー脱毛の種類①ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、光の波長が810nm(ナノメートル)前後です。

メラニン色素に反応して脱毛効果を与えるという点は、他のレーザーと同じです。
さらに、毛根に対してしっかりと反応を与えることができるそうで、アレキサンドライトレーザよりは、産毛に効果が出やすいといわれています。

また、冷却装置が付いている機種もあり、比較的に痛みを抑えられるそう♪

さらに、メラニン色素への誤作動が一番少ない機種としても知られています。
多少であれば、日焼けをした肌や色素沈着した肌にも使用できることが多いようです。

なお、“ライトシェア・デュエット”という、ダイオードレーザーの代表的な機種があります。
こちらの機種は出力が低めなので、痛みが軽減されるようです。
また、従来のレーザー脱毛機よりも照射範囲が5倍ほど広く、施術時間が大幅に短縮できるそうです♡

時間が短縮できるということは、クリニック側もコストを抑えられるため、定価格で施術を提供するクリニックもあるようです♪

レーザー脱毛の種類②ロングパルスヤグレーザー

ロングパルスヤグレーザー(ロングパルスNd:YAGレーザー)は、波長が長めで、1064nm前後あります。

波長が長い分、皮膚のより深い部分まで光が到達します。

Nd:YAGレーザーは、手術用のレーザー装置として医療現場で扱われているものです。
1064nmの波長では、深いシミやそばかすを薄くする効果や、美肌や美白効果、毛穴の引き締め効果もあるといわれています♡

ロングパルスヤグレーザーの大きな特徴は、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーに比べ、産毛の脱毛効果が高い点です!

また、ロングパルスヤグレーザーは、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーよりも、メラニンへの反応が薄いそう。
表皮に含まれるメラニンや、多少の日焼け肌や色素沈着に、より反応しにくいレーザーとされています。

そのため、色黒な方や色素沈着している方が多い、VIOラインなどの施術に向いているレーザーですね♪

レーザー脱毛の種類③アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、波長が755nm前後のレーザーです。
日本で取り扱われているレーザーの中では、一番多い機種とされています。

こちらも、シミなどの色素沈着に効果があるとされるレーザーなので、美白や美肌効果が期待できますね♡

また、波長が比較的に短く、機種によっては照射の度に冷却をする機能が付いているので、他のレーザー機器よりも痛みを小さく感じといった特徴があるようです。

デメリットとしては、ダイオードレーザーとYAGレーザーと比べると、産毛に対しては一番効き目が薄いそう。

なお、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの機能を併せ持つ機種などもあります。
この場合、部位や用途によって、より効果を得られるレーザーに切り替えて照射できるので、優れものですね♡

部位別のレーザー脱毛完了の回数

必要な脱毛回数は、毛の太さや体質の他、どの程度で満足できるかといった個人差があります。
しかし、平均的な回数は大体どれくらいなのか、気になるところですよね!

普通の毛の濃さの方が、自己処理が必要ないほど薄くなるには、以下の回数が必要になるようです。

顔……8〜10回
Vライン……5〜7回
IOライン……8〜10回
腕……4〜6回
ワキ……5〜7回
脚……4〜6回

また、普通の毛の濃さの方が、完全に毛が生えてこなくなるくらいになるには、以下の回数が必要なようです。

顔……10〜14回
Vライン……9〜12回
IOライン……12〜14回
腕……9〜12回
ワキ……9〜12回
脚……9〜12回

大体5回くらいで、効果をある程度満足できる方が多いようですね!
契約回数を決める際に、参考にしてみてください♡

レーザー脱毛に迷ったら光脱毛という方法も……

脱毛について色々調べていくと、「やっぱりレーザーは痛そう……!」「高いから、どうしようかな……?」などと迷ってしまう方もいますよね。

そうした時は、光脱毛にする方法もあります。
レーザーよりは光の出力が弱く、通う回数も多くなる可能性は高いですが、光脱毛にもたくさんのメリットがあります♡

・レーザー脱毛よりも安い。
・レーザー脱毛よりも痛みがない。(ほとんど痛みがないと感じる方が多いです♪)
・レーザーよりも出力が小さいので、肌へのダメージが少ない。
・エステサロンや脱毛サロンなど、医療機関じゃなくても施術してもらえるので、気軽に利用することができる。

なんと言っても、お財布に優しいんです!
コスト重視で選ぶなら、光脱毛はおすすめですよ。

毎日の自己処理は、埋もれ毛や肌荒れの原因にもなりますし、面倒くさいですよね!
クリニックに通うことも大変なように感じるかもしれませんが、数ヶ月に1度、1〜2年通うだけ。
美容院を利用する頻度と概ね変わりません。
将来的にムダ毛の処理が楽になることを考えると、検討して損はないのではないでしょうか?

また、レーザー脱毛の機器には種類があるため、脱毛を考えている方は施設に問い合わせてみると良いですね。
ツルスベな肌になって、女子力を上げていきましょう♡