観ておくべき!2014年、日本アカデミーノミネート作品4選♪

LIFESTYLE

2014年も数々の素晴らしい映画が上映されてきました!

たまには日常から離れてみたい方も。映画でなに観ようか迷っている方も。
2014年日本アカデミーノミネート作品をぜひご覧になってみては?

日本アカデミーノミネート作品①『永遠の0』

出典:www.amazon.co.jp

監督: 山崎貴
キャスト:岡田准一、三浦春馬、井上真央、吹石一恵、上田竜也、ほか。

零戦搭乗員の悲劇を描いた、百田尚樹のベストセラー。
祖父の歴史を調べる、孫の視点から現代と過去を交差させつづってあります。
V6メンバー岡田准一さんの渾身の演技に、涙してしまう作品なのだとか。
この作品で岡田さんが最優秀男優賞を受賞しているのです♡

過去にあった戦争という事実。
もう70年も前になりますが、もう一度戦争というものを見つめ直すキッカケに観てみては?

日本アカデミーノミネート作品②『紙の月』

出典:www.amazon.co.jp

監督:吉田大八
キャスト:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、小林聡美、ほか。

2011年に映画化された「八日目の蝉」をはじめとして人気を誇る、直木賞作家、角田光代のベストセラー作品!
銀行で巨額横領事件を起こす女性を追った、人間ドラマになっているのです。
”お金を介在してしか恋愛ができなかった”という能動的な女性を宮沢りえさんが熱演しています。
この作品で宮沢りえさんが最優秀主演女優賞に輝きました♪

映画にも原作にも、様々な女性が登場するので、「本当の女の幸せとは?」と深く考えさせられる作品なのです。
また、注目の若手実力派俳優池松壮亮さんの演技にも目が離せません!

日本アカデミーノミネート作品③『蜩の記』

出典:item.rakuten.co.jp

監督:小泉堯史
キャスト:役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、ほか。

こちらの作品で、V6メンバー岡田准一さんが助演男優賞を受賞しており、永遠の0とW受賞となっているのです!

この作品のあらすじは、7年前に主人公秋谷(役所広司)が事件を起こし、その罪として10年後の夏に切腹をすることになる。
秋谷がその残酷な運命を受け止めた上で、残された1日1日を日記(蜩の記)につけていた。
そんなある日、庄三郎(岡田准一)は切腹の日まで監視を命じられることになるのです。

-家族の愛、初めての恋、そして子弟の愛-「愛」をつむぐ物語です♡

日本アカデミーノミネート作品④『ふしぎな岬の物語』

出典:www.amazon.co.jp

監督:成島出
キャスト:吉永小百合、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、ほか。

この作品は、大女優の吉永小百合さんが映画人生で初めて企画に挑戦しています。
実は、岬カフェがパブリックイメージとしての吉永さんそのもので、「吉永小百合」というひとの過去、そして現在が詰まっているのだとか。

その他キャストは実力派が脇を固めている作品だからこそ見ごたえ有り♪

原作のモデルとなった、喫茶店が実在する千葉県鐘岬を中心にロケをしていて、その景色も魅力のひとつなのです♡

映画というものは、心を動かすものであり、ときには経験できないような感情を抱かせてくれるものです。
視野を広げるためにも、まずは、数々の作品の中からぜひ輝かしい賞を受賞した作品をご覧になってみては?