せっかく痩せたのにすぐ元通り?ダイエットをしてもリバウンドする原因

ダイエットは女性にとって永遠のテーマ!
しかし、何らかの原因で「せっかく痩せたのにリバウンドしてしまった」という経験をしたことがある女性も少なくありません。

なぜ頑張ってダイエットを決意したのに、リバウンドをしてしまうのでしょうか。
その原因をチェックしていきましょう!

ダイエットを頑張ったのに……。リバウンドしてしまう原因を知ろう!

ダイエットをしたことがある経験者のうち、なんと60%以上がリバウンドしているといわれています。
ダイエットを決意し、頑張って痩せることができても、リバウンドしてしまえばダイエットの努力は水の泡になってしまいますよね。

断念してしまう女性がいる一方で、もう一度ダイエットをしてリバウンドを繰り返してしまう女性も多くいます。
ダイエットとリバウンドの繰り返しは悪循環になり、どんどん痩せにくい体質になってしまうことをご存知でしたか?

次のダイエットの効果も出にくくなってしまうので、今すぐダイエットのやり方を見直したほうがいいかもしれません。
そのためにはまず、リバウンドしてしまう原因を知ることです。
原因が分かれば、原因に対しての対策を考えることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ダイエットをしてもリバウンドする原因▶停滞期による断念

ダイエットをしていると、始めは順調に体重が減っていくので嬉しくてやる気が出るのですが、急に体重が減らなくなる時期がありますよね。
これが「停滞期」といわれているもので、「恒常性の維持」ともいわれています。

順調に減り続けることは嬉しいのですが、身体からすると入ってくるエネルギーが少ないので、省エネモード切り替えます。
すると、エネルギー消費量が抑えられてしまうので、なかなか減らなくなってしまうのです。

この停滞期は1ヶ月~3ヶ月続くこともあるので、断念してしまう女性も少なくありません。
断念したときに「もういいや」と食事量を戻してしまうと、消費エネルギーは少ないもののそれ以上のカロリーを摂ることになるので、身体にどんどん蓄積されてリバウンドする原因となるんです。

ダイエットをしてもリバウンドする原因▶短期間で痩せようとした

続いてご紹介する、ダイエットをしてもリバウンドしてしまう原因は、短期間で痩せようとすることです。
ダイエットを決意したとき、1日でも早く理想の体重を手にするために短期間で痩せようとしていませんか?
短期間でのダイエットは無理に食事の量を減らすことが多いので、数日で数キロ減らせることは当然です。

ただし体重が急激に減ると、人間に備えられている「ホメオスタシス」という機能が働きます。
このホメオスタシスというのは、身体の状態が急に変わったときに“元の状態に戻そうとする作用”のことなんだそう!

ホメオスタシスの作用によって、食べてないのに痩せない、停滞期と同じような状況になってしまうので、作動させないための目安として“1ヶ月で体重の5%の減量をしない”ということを覚えておきましょう。

ダイエットをしてもリバウンドする原因▶ダイエットに成功して食事の量が戻った

ダイエット中は強い意思で貫き通せていても、ダイエットに成功すると嬉しさのあまり気が緩んでしまうことも……。

「もうダイエットは終わったからいいか♪」という気持ちになってしまい、食事の量が戻ったり食べ過ぎたりしてしまうことが多いようですが、こちらもリバウンドの原因の1つです。
食事制限をしたダイエット直後は、まだ身体が慣れていないので急激に戻してしまうと、消化が間に合わずに蓄積されたり、脳から栄養を溜め込む指令が出たりすることからリバウンドに繋がりやすいんです。

目標体重になっても、それはダイエットの成功ではありません。
目標体重を数ヶ月間維持できるようになってからが本当のダイエット成功になるので、油断せずに最低1ヶ月は、食事制限を続けましょう。
そのためには、無理のない食事法を選ぶことが大切です。

ダイエットをしてもリバウンドする原因▶ストレスによるドカ食い

続いてご紹介する、ダイエットをしてもリバウンドしてしまう原因は、ストレスによるドカ食いです。
「明日から食べない」「これとこれの運動を毎日する」というような極端なダイエットはストレスに繋がります。
ストレスをずっと溜め込んで我慢していると、暴飲暴食に走ってしまう可能性が!

そして食べ過ぎたという罪悪感を抱えることも、またストレスに……。
このような状況を繰り返していると、過食症や拒食症などの摂食障害に繋がってしまう可能性もあるのでとても危険なんです。

ダイエットでストレスは禁物なので、いかに楽しくダイエットができるか考えて見ましょう。
甘いものが好きなら、太りにくい時間であるといわれている14~16時の間に、1/4の量だけを食べるようにするなど、ストレスを溜め込まないように工夫してみてください。

ダイエットをしてもリバウンドする原因▶正しくないダイエット法

ダイエットにはさまざまな方法がありますよね。
その中でも人気なのは、炭水化物抜きダイエットやファスティングダイエットなどがあります。
どちらも栄養不足になりやすく、リバウンドをしやすいといわれているダイエット法であることをご存知でしたか?

炭水化物は一切食べないようにするのではなく、食事の一番最後に少しだけ食べるなどの工夫が必要です。
また、ファスティングに関しては、準備期間や回復期間を作らなければ身体に負担をかける原因にもなります。

自分が取り入れているダイエット法は本当に正しくできているのか、ダイエットを始める前にダイエット法の情報を集めることもおすすめです。

ダイエットをしてもリバウンドする原因▶レプチンというホルモンの減少

レプチンはあまり聞きなじみのない言葉かもしれませんが、ホルモンの一種でダイエットに大きく関係しています。
なぜなら、レプチンとは「満腹ホルモン」とも呼ばれていて、脳に満腹感を伝える役割を担っているホルモンだからです。

つまり、レプチンの分泌量が減ると満腹感を感じるのに時間がかかってしまうので、食べ過ぎてしまい、結果的に太る原因に……。
このレプチンは食事の量を減らすことで、分泌量も減ってしまうことが分かっています。

さらに、一度減少すると元の分泌量に戻るまでに1ヶ月かかるといわれているので、ダイエットで食事制限を終えたあとすぐに普通に食事を始めてしまうと、リバウンドに繋がってしまうんです。

ダイエットをしてもリバウンドする原因▶筋肉量の低下による基礎代謝の低下

最後にご紹介する、ダイエットをしてもリバウンドしてしまう原因は、筋肉量の低下による基礎代謝の低下です。
ダイエットの基本は食生活だけでなく、運動を取り入れることが不可欠です。
ですが、身体を全く動かさずに食事制限だけで体重を落とそうとしている女性も多いのではないでしょうか。

食事制限だけでも体重を落とすことはできますが、体脂肪と同時に筋肉量も減ってしまいます。
筋肉量が低下すれば、熱を作り出すことが難しくなるので基礎代謝量も低下することになり、ダイエットどころか太りやすい身体になってしまうんです。

食事制限だけでのダイエットや体重維持は難しいので、ダイエットを成功させるなら運動もセットにして考えましょう。
激しい運動じゃなくて、ウォーキングや水泳、ヨガやストレッチなど軽いものでいいので、“脂肪を減らして代謝を上げる”ことを基本に考えるといいですよ!
ダイエットをしてもリバウンドする原因についてご紹介させていただきました。
リバウンドは、元の体重よりも増えてしまう可能性があるので、とても怖いものです。

ダイエットは「痩せたからゴール」ではなく、“痩せたあとの体重維持”が大切になってくるので、思い当たる原因に気をつけてリバウンドを阻止しましょう!

【関連記事】米麹の甘酒と酒粕の甘酒、より美容やダイエットに効果的なのはどっち?

古くから「飲む点滴」といわれ、愛されている甘酒♪女性にとって嬉しい効果を発揮してくれるこ...

ダイエット リバウンド 原因

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる