うっかりやりがちな食事中のマナー違反、大丈夫?今すぐチェック!

LIFESTYLE

高級レストランや結婚式での食事は、多くの女性が経験するかと思いますが、その食事中のマナーはできていますか?
テーブルマナーと聞くと、カトラリーの使い方に集中してしまいがちですが、その他にも素敵な女性として覚えておきたいことがたくさんあります。
そこで今回は、うっかりやりがちな食事中のマナー違反についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

食事中のマナー違反、あなたは大丈夫?

食事をする男女

皆さんは食事中のマナーに自信はありますか?
家で一人、食事をするのであればそこまで深く考える必要はないかと思います。
ですが、いざ高級なレストランで食事をするときや、結婚式やパーティーなどで食事をするときにいつもの癖が出てしまったら、相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

また、マナーがなっていないだけで、残念な女性と評価されてしまうことも……。

反対に食事中のマナーがきちんとでき、食べる姿が美しい女性はとても魅力的に見えます。
だからこそ、基本的なテーブルマナーはしっかりと身につけておきたいもの!

しかし、カトラリーの使い方を本などで勉強することはできても、「どんなことがマナー違反になるの?」と意外と知らない女性も多いのではないでしょうか。
早速注意したい食事中のマナー違反をご紹介するので、癖でやっていないか振り返りながらチェックしてみてくださいね。

食事中に気を付けたいマナー違反①周囲に合わせない

食事をする女性

基本的なテーブルマナーとして覚えておきたいのが、一緒に食事をしている方に合わせることです。
食事中はさまざまなマナーがあるので、ついそちらに意識が行ってしまいがちですが、一人の世界に入るのはマナー違反!

相手と楽しむからこそ、料理もいつもより美味しく思えますよね。
ところが、自分のペースで先に食べ終えてしまえば、相手も焦ってしまいます。

また、料理の批判や下品な話をするのももっての外!
同席者や周りの人にも気を配り、食事会を楽しみましょう。

食事中に気を付けたいマナー違反②グラスに口紅をつける

ワインとワイングラス

気になる男性との食事会の場合、いつもよりも気合いを入れてメイクをする女性が多いですよね。

しかし、グラスに口紅をつけてしまうのはマナー違反!
グラスだけでなく、器なども同じです。
口紅がついてしまうだけで、不潔な印象を与えてしまうことがありますよ。

また、グラスについた口紅を指やナプキンで拭き取るのもマナー違反ですので注意しましょう。

ベストなのは、レストランについたら食事の前に一度お手洗い場やパウダールームに行き、口紅を落とすこと♡
軽くでもいいのでティッシュオフしておくと、色移りを気にせず食事を楽しめます。

食事中に気を付けたいマナー違反③脚を組んだり背中を丸めたりして食べる

脚を組む女性

食事中のマナー違反として意外と気にしていないのが、食べる姿!
脚を組んだり、背中を丸めて口をお皿に近づけたりしていませんか?

美味しそうな食事に気を取られ、普段の癖がうっかり出てしまう女性もいるでしょう。

しかし相手からは食べている姿をしっかり見られています。
素敵な女性に見られるよう、脚は揃えて軽く斜めに倒し、背筋は伸ばしておくのが基本ですよ。

そのままの状態で、料理を口に運ぶことができれば、とても綺麗です。

食事中に気を付けたいマナー違反④カトラリーの使い方が分かっていない

カトラリー

洋食での基本的なテーブルマナーとして覚えておきたいのが、カトラリーの使い方です。
当然、使い方が分かっていなければマナー違反だといわれてしまうのですが、慣れないカトラリーを目の前にすると焦ってしまいますよね。

レストランなどでカトラリーが並べられている場合、外側から内側に向かって使っていくのが基本になりますよ。
グラスも基本的には右側から順に使いますが、飲み物の選び方によって変わることがあるので、お店の人に任せるのが◎

そしてナイフは右手、フォークは左手に持ち、力を入れて肘を張らないように注意しましょう。

食事中にナイフなどを置く場合は「ハの字」を作り、食事が終わったらナイフの刃は内側に向け、フォークは背を下に向けて揃えて置くようにしてください。
フランス式なら斜めに、イギリス式なら縦に置くのがテーブルマナーです。

食事中に気を付けたいマナー違反⑤タブーな箸使いをしている

箸を持つ手

和食でのテーブルマナーとして気を付けたいのが、箸の使い方!
食事中に一番使うものなので、箸の使い方がなっていないと目についてしまいますよね。

《マナー違反になる箸の使い方》
涙箸 / 迷い箸 / たたき箸 / 移り箸 / ねぶり箸 / 寄せ箸 / 渡し箸 / 指し箸 / もぎ箸 / 箸渡し / ちぎり箸 / さぐり箸 / 刺し箸

箸にはマナー違反になる使い方がいろいろあります。
食べ物を刺したり、お椀の中を箸で探ったりせず、正しい持ち方で食べ物を挟んで口に運びましょう。

《正しい箸の使い方》
①右手で箸の中心よりやや上を持ち、左手で箸の下側を支えて右手を横にすべらせ、箸の下側に回します。
②左手を離したら、下の箸を薬指と親指のつけ根で支え、小指は薬指に添えます。
③上の箸は人差し指と中指、親指の腹で持ち、使うときは人差し指と中指で上の箸のみを動かしましょう。

食事中に気を付けたいマナー違反⑥ナプキンの使い方が間違っている

お皿とナプキン

意外とどのような使い方をすればいいのか分からないのが、ナプキンです。
レストランなどでは必ずあると言っても過言ではないナプキンですが、首から下げていませんか?

洋服につくことを防げるかもしれませんが、それはマナー違反です。
正しいテーブルマナーは、半分に折って折り目を自分の方に向けて膝の上に置くか、三角に折って折り目を自分の方に向けて膝の上に置くこと!

そしてナプキンを使うのは、指先や口の汚れを拭くときですが、汚れた部分が隠れるようにナプキンの中面で拭くことを意識してください。

中座するときは座面に置き、食事が終わったら軽くたたんでテーブルの左上に置きましょう。
このとき、綺麗に畳んでしまうと料理などに対して「不満」という意思表示になってしまうので注意が必要です。

食事中に気を付けたいマナー違反⑦スマホをいじりながら食べる

スマートフォン

当然のことですが、食事中にスマートフォンをいじるのはマナー違反!
せっかく食事をしているのに、スマホばかりに目が向けられていたら、一緒に食べていても楽しくないですよね。

一人で食事をしているとついやってしまいがちですが、外食中や誰かといるときはできるだけ控えましょう。

どうしても外せない連絡がくるような場合だけ、マナーモードにして分かるところに置いておくのが◎
基本ですが、食事中に電話をするのも注意してくださいね。

食事中に気を付けたいマナー違反⑧食べ方が汚い

レストランのスープ

カチャカチャ音を鳴らしながら食べるのもマナー違反ですが、食べ方が汚いのももちろんマナー違反です。

食事中にクチャクチャと噛む音が目立ったり、食べ終えた後のお皿が汚かったりすると、女性としての魅力も半減!
また、食べ残しが多いとせっかくのお料理も台無しになってしまいます。

しかし、誰でも少しくらいの好き嫌いはありますよね。
例えば、お魚の皮などが苦手だという女性もいるのではないでしょうか。
食べられないものはお皿の端に寄せて、少しでも綺麗に見せるようにしてみて!

また、食べ終えた後のお皿は重ねないようにしましょう。
重ねるときに音が鳴ることはもちろん、高級なお皿に傷がついてしまう場合があります。
お店の方が下げてくれるのを待つのがおすすめです。

食事中に気を付けたいマナー違反⑨食事中にお手洗いに行く

お手洗い場

実は、高級レストランなどでの食事の場合、食事がすべて終わる前にお手洗いに行くことはマナー違反!
美味しい食事をいただいている間に席を立つということは、一緒に食事をしている相手にも、お店にも失礼になるといわれています。

ですので、お手洗いは席に案内させる前、もしくは最初の食事が来る前に済ませておくのが大人の女性としてのマナー♡

それでも長い時間過ごしていたり、お酒を飲んだりすれば行きたくなることもありますよね。
その場合は、せめてメイン料理を終えてからが好ましいよう!

すべて食事を終えて、お手洗いに行った際に軽くメイク直しもすればスマートにお店を出ることができますよ。

注意したい食事中のマナー違反についてご紹介させていただきました。
食事を楽しむだけでなく、相手に好印象を与えることもできるので、大人の女性としてレベルを上げることができますよ。
ぜひ女性のエチケットとして、最低限のテーブルマナーを身につけていきましょう。