聞き上手な女性になる方法を伝授します♡恋愛も仕事も両立させて!

LOVE

カフェに入っても自分の話ばかり……。
彼はおそらく心の中では「つまらない」と思っているはず!
どんなにファッションやメイクが完璧でも、相手の話を引き出してあげられないとなると、彼からも大切にはしてもらえないでしょう。
そこで今回は、聞き上手な女性になる方法をご紹介いたします。

聞き上手な女性になる方法①自分の話よりも相手の話を優先する

ご飯を食べるカップル

最初にご紹介する、聞き上手な女性になる方法は、自分の話よりも相手の話を優先すること!
愛される女性たちは、相手の話を引き出し、共感する姿勢を大切にしています。
彼からしてみれば自分の話を盛り上げてくれて、うんうんと話を聞いてくれる彼女が愛おしくてたまらないでしょう。

聞き上手になるためには、自分の話よりも相手の話を優先してあげることが大切です。
カフェで一方的に喋り倒している女性って、たまにいませんか?
おそらく相手の男性は聞いているふりをしているだけであって、ほとんどまともに聞いていないでしょう。

自分の話ばかりしている時点で、とても聞き上手とはいえません。
つまり愛される女性からも遠ざかっていることになります。
まずは自分が話す時間を少しだけ減らして、相手の話を盛り上げることに徹しましょう。

聞き上手な女性になる方法②常に「?」を頭の中に浮かべておく

イチャつくカップル

聞き上手といっても、ただ「うんうん」と相槌を打っていればいいというわけではありません。
むしろ、相槌を打たれすぎても相手は引いてしまうでしょう。
ときどき質問をしてあげないと、話は盛り上がっていきません。

たとえば「彼とうまくいっていなくて」と言われたときに「へぇそうなんだ」とだけ返せば、会話はそのまま終了……。
聞き上手ならおそらく「何があったの?」「うまくいっていないの?」と、質問をして、相手の話を引き出すはず!

聞き上手になりたいなら、常に頭の中にはてなマークを浮かべさせておいて、相手の話を引き出すようにしてみてください。
この常に「?」を頭の中に浮かべておくというのも、聞き上手な女性になる方法のひとつ!
きっと今までよりコミュニケーションが上手くいくようになりますよ。

聞き上手な女性になる方法③会話が途切れやすい「へぇそうなんだ」は極力使わない

飲み物を飲むカップル

恋人や友人と会話をしているとき、相手の話を聞くのが面倒くさくなってくると、どうしても「へぇそうなんだ」と適当に流してしまいませんか?
しかし、この「へぇそうなんだ」という言葉は、今話されている話題を半ば強引に終了させるNGフレーズでもあるのです。

一生懸命話した後に恋人や友人から「そうなんだ」と適当な相槌をされて、無理やり別の話題に切り替えたなんて経験もあるのではないでしょうか?
この会話が途切れやすい「へぇそうなんだ」は極力使わないというのも、聞き上手な女性になる方法のひとつです。
極力「へぇそうなんだ」以外のフレーズを使ってみましょう。

聞き上手な女性になる方法④相槌は適度にする

笑い合うカップル

最後にご紹介する、聞き上手な女性になる方法は、相槌は適度にすること!
就活生が説明会に参加した際に相槌を打ちすぎて不快な印象を抱かれる、という話をよく耳にするでしょう。
就職活動に限らず、身近な人とコミュニケーションをとるときも同じことがいえます。

あまりにも相槌を打ちすぎると、相手は本当に自分の話を聞いているのか、かえって不安になります。
あくまでも相槌は適度にしておかないと、かえって違和感をもたれる可能性が高くなるかも……。
ここぞというときのために相槌は、とっておきましょう。

聞き上手な女性になる方法はいかがでしたか?
彼から愛されたいなら、まずは聞き上手な女性を目指しましょう。
相手の話を引き出すスキルが身につけば、恋愛も仕事もなにもかもが上手くいくはず♡