美白は一年中作っておこう♡飲む日焼け止め「ヘリオケア」って?

BEAUTY

夏の間は帽子や日傘で日焼け対策を頑張っている女性が多いですが、曇りがちな日は少し気を抜いている人も多いはず。
そんな方にぜひとも知ってほしい、飲む日焼け止め「ヘリオケア」をご紹介します。

紫外線対策に休みなし! 秋冬の努力次第でお肌は変わります。

ジリジリと暑い太陽が照りつける夏は、多くの人が紫外線対策をするもの。
一方で冬になると、曇りがちなせいか少し気が緩んでしまったりする人も多いのではないでしょうか。

しかし、その行為は美白の目指す肌にとっても危険。

なぜなら、日焼けや炎症を起こすと言われているUVBは夏に比べ少なくなるものの、肌の奥深くまで浸透しシミやシワの原因となるUVAは絶えず降り注いでいるからです。

つまり、いくら夏に日焼け止めをたくさん塗っていても冬の紫外線対策を怠るとシミの多い肌に導いてしまうのです。

そんな時は飲む日焼け止めと呼ばれる「ヘリオケア」で、夏に向けての白肌作りを始めましょう。

日焼け止め効果だけじゃない!飲む日焼け止め「ヘリオケア」の驚きの効果

飲む日焼け止めといわれているヘリオケアの主成分は、シダ植物から抽出されたFernblock(ファーンブロック)と呼ばれるもの。
化学薬品は一切含まれない自然由来のカプセルです。

アメリカ大陸の熱帯地域で生息するシダ植物Fernblockは、古代マヤ文明の時代から民間療法として血液浄化の効果や皮膚疾患の治療に長い間使われてきました。

ヘリオケアの効果は、
✔シミの元を根本から予防
✔肌の免疫機能を正常化
✔肌の回復力を早める
✔コラーゲン保護で弾力のある肌を保つ

どれも白い美肌を保つには、必要な効果ばかりですよね。
また、紫外線対策だけではなく美肌効果を発揮してくれることも見逃せないメリットです。

飲む日焼け止め「ヘリオケア」の効果が高い理由

ヘリオケアが美白に有効的な理由を見ていきましょう。

✔強力な抗酸化作用でシミ予防
紫外線にあたることによって発生した活性酸素は、シミの元になるメラニンの生成を促します。
ヘリオケアの主成分であるFernblock(ファーンブロック)が持つ強力な抗酸化作用で、活性酸素の発生自体を抑制し、シミやくすみの原因を根本的に防止してきます。

✔ランゲルハンス細胞の減少を抑止し肌の免疫機能を正常化
ランゲルハンス細胞とは、肌の免疫機能を正常に保つために大切な細胞です。
紫外線を受けることによってこの細胞は減少していきますが、ヘリオケアを摂取することによってこのランゲルハンス細胞が減少し免疫力が低下することを防止し、正常な免疫機能を保つことができます。

✔DNAダメージを減少させて肌の回復力を早める
紫外線を浴びると、肌のDNAは大きなダメージを受けてしまいます。
一度ダメージを受けると細胞の働きに影響を及ぼし、コラーゲンの生成が衰えハリのない肌になってしまったり、ターンオーバーが正常に行われなくなり、くすんだ肌をつくる原因になります。
そのダメージを減少させ肌の回復を早めることで、皮膚がん対策にもなるといわれています。

✔細胞へのダメージを軽減して大切なコラーゲンを保護
紫外線を受けた肌は、線維芽細胞やコラーゲンが減少し、正常な肌のバランスが崩れてしまいます。しかし、ヘリオケアを摂取することによって線維芽細胞へのダメージを軽減し、肌のコラーゲンを守ることによってシミやシワ、たるみをできにくくしてくれます。

メリットたくさんの「ヘリオケア」に副作用ってあるの?

飲む日焼け止めともいわれているヘリオケアは、皮膚の表面のみの紫外線対策だけではなく内面から働きかけるのでシミやたるみの予防、大切なコラーゲンの保護などを効果的に行ってくれる強い味方!

そんなヘリオケアにはシダアレルギーの場合を除けば副作用はない、とされています。

化学薬品の使わない自然由来であること、世界中の皮膚科学会でその効果と安全性が認められていることがヘリオケアの信頼の高さを物語っていますね♪

飲む日焼け止め「ヘリオケア」についてご紹介してきました。
気を抜かず、一年中美白肌作りに励みましょう♪