学生のうちから知っておこう!ビジネスの名刺交換のマナー

LIFESTYLE

ビジネスにはつきものの名刺交換にも、もちろんマナーがあるんです。
学生のうちでもインターンなどで社会人と知り合う機会も少なくない現代。
名刺交換のマナーを知っておいて損はありませんよ♪

名刺交換のビジネスマナー①基本の渡し方

出典:news.aol.jp

初対面の相手がいる、名刺交換があるとわかっている場面では、あらかじめ名刺入れを手元に用意しておきましょう。
名刺を忘れた、切らしたなどということのないように気をつけて。

ビジネスの場では、目下あるいは訪問者の方から相手に近づき、先に名刺を渡します。このとき、テーブル越しに渡すのはマナー違反です。

名刺の正面が相手を向くように持ち、両手で差し出しましょう。
所属・氏名はこのタイミングで名乗るのが◎です。

名刺交換のビジネスマナー②基本の受け取り方

出典:pro.foto.ne.jp

ビジネスだけに限らず、名刺交換の際、相手から差し出された名刺は両手を使って受け取りましょう。
「頂戴いたします。」と一言添えるのがマナーです。

受け取った名刺はすぐに名刺入れにしまってはいけません。
また、その場で書き込みをするのも相手の名刺を汚すことになってしまうためNGです。

受け取った名刺は名刺入れの上に置き、打ち合わせや商談が一区切りつくまでそのままにしておきましょう。

名刺交換のビジネスマナー③名刺の持ち方

出典:beauty0409.com

さらに細かい名刺交換のマナーも見て行きましょう。
これができるとビジネスの際に相手から「おっ!」と思われることまちがいなしですよ。

名刺を持つ高さは胸の位置ですが、相手から差し出された名刺よりもやや低めに自分の名刺を差し出すことで、謙虚さをあらわすことができます。

また、相手から名刺を受け取るときは、指が相手の名前や会社名に被らないように持つようにしましょう。

名刺交換のビジネスマナー④受け取る際に

ビジネスマナーとして、相手の名刺を確認するのは名刺を受け取った直後にしましょう。

「◯◯様ですね」と相手の名前を復唱し、読み方がわからない場合などはこのタイミングで必ず確認するように。後になってから尋ねるのでは失礼になってしまいます。

また、名刺交換後に相手の名刺を不用意に弄ったり、打ち合わせの最中に名刺をじろじろ見るのはマナー違反になります。

いかがでしたか?
名刺交換のビジネスマナー、細かいところまで意外と見られているものです。
しっかりおさらいして、スムーズな交換ができるようにしておきましょう♪