気持ちを表すサインかも。女性が「奢られるのを避けたいと思う男性」

「食事代は男性が出すもの」と思っている女性は少なくないようですが、一部の女性から「割り勘にしてほしいときもある」という声が聞かれます。

そこで今回は、女性が「奢られるのを避けたいと思う男性」をご紹介しますね!

「同じような経済状況・自分より給与水準が低い男性」に奢られるのは避けたい!

とある女性たちは、「同じような経済状況、もしくは自分より給与水準が低い男性」に奢られるのは避けたいよう。

収入や家賃がほぼ同じくらいの男性なら、お金のやりくりの大変さを知っているので、「一方的にお金を出させるわけにはいかない」と思うそうですよ。

また、「収入が自分より少ない男性に奢ってもらうのは抵抗がある……」なんて声も聞かれました。
他にも、「彼氏と同じような経済状況で金銭感覚も合うから、割り勘でも不満はない!」なんて声も。

同じような経済状況なら、全額奢られることを避ける方が、人間関係がうまくいく秘訣につながるのかもしれませんね♪

自分が飲むなら「お酒を飲まない男性」に奢られるのは避けたい!

とある女性は、「お酒を飲まない男性」に奢られるのは避けたいよう。

この女性は酒豪で、お酒を飲まない人といても「気にしないで飲んで」と言われれば遠慮なく飲むそうです。

けれど、お酒を数杯飲んだだけでもそこそこの金額になるので、お酒を飲まない男性に「ご馳走する」と言われても、お酒代は払うようにしているそうですよ。

恋人関係なら話は別かもしれませんが、基本的にお酒を飲まない人に全額奢られるのは、気が引けてしまうので避けたいところですよね。
この女性のようにお酒代だけでも払う癖を身につけたいところ!

「付き合ってない男性」に奢られるのは避けたい!

とある女性は、「付き合ってない男性」に奢られるのは避けたいよう。

親しい男友達でも、恋人未満な男性でも「付き合ってない男性に奢られるのは抵抗がある」という女性は少なくないです。

この女性は、恋人未満な男性に「ご馳走するよ」と言われても、1,000円は払って全額奢られるのは避けたいと考えているそうですよ。

「もう二度と会いたくない男性」に奢られるのは避けたい!

とある女性は、「もう二度と会いたくない男性」に奢られるのは避けたいよう。

極端な言い方をしますが、奢られるのはちょっとした借りを作っているのと同じですよね?
もう二度と会いたくない男性に借りを作ってしまうと、次のデートを断りづらくなってしまうことも……。

「もう会わないんだからお金をいっぱい使わせよう〜」なんて考え方は幼稚でしょう。
大人の女性は、対等な関係のまま距離を置くようにしていますよ!

「結婚したい男性」に毎回奢られるのは避けたい!

とある女性は、「結婚したい男性」に毎回奢られるのは避けたいよう。

「結婚したい相手か」と言われるとしっくり来ないかもしれませんが、これからも長く付き合っていきたい男性なら、奢られるバランスを考えたいところですよね。

付き合いが長くなると、毎回彼が一方的にお金を出すことに対して、お互いに違和感を覚える可能性もあります。
違和感は別れの原因につながりがちなので、「彼が大きな仕事をやり抜いたとき」「彼がちょっと落ち込んでいるとき」くらいは、奢る側になってみては?

ご馳走してもらったらお礼を、特別な日は奢る側に。
礼儀を忘れずバランスのいい関係が築ければ、長く付き合っていけるはずですよ♡
女性が「奢られるのを避けたいと思う男性」をご紹介しました。
「男性に奢られて当然」と思っている女性は少なくないですが、女性から見ても礼儀に欠けていると思います。
少し礼儀や常識について考えないと、非モテを育ててしまいますよ!

【関連記事】女の本音「デートは奢るだけが全てじゃない!」

男性のみなさんは「女性は奢られるのが好き」と、無条件にそう思っていませんか?♡実はそうじ...

奢られる 避ける 理由 女性 男性

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる