頑張りすぎない着こなしが旬♡夏の「涼しげデニムコーデ」を作るコツ

FASHION

「デニム」は年中使えるアイテムですが……重さを感じる素材であるため、夏は合わせにくい時がありますよね。
そこで今回は、夏のデニムコーデのポイントをお届けします♪
デニムを使ったコーディネートでも、涼しげに仕上げちゃいましょう!

涼しげコーディネートに変身♪夏デニムの選び方

出典:wear.jp

まず、夏のデニムは「淡いブルーデニム」「ソフトデニム」「ダメージ加工」のものを選べば、暑苦しいコーディネートになりません。

こちらの着こなしのように、薄色デニムと同系色のサンダルを合わせて、ボトム〜靴を淡いカラーにすれば、涼しげに仕上がります♪

出典:wear.jp

2016年は「カットオフデニム」が流行中!夏にピッタリのアイテムです♡

カットオフデニムとは、裾が切りっぱなしのままになっており、その部分がほつれてフリンジ状になったものです。

フリンジが足元に程よい軽さをプラスしてくれるので、カットオフデニムを選べば、コーディネートにトレンド感&季節感を取り入れることができます♪

涼しげに♡夏デニムのコーディネートは“カジュアルポップ”を意識!

出典:wear.jp

デニムのショートパンツのポケットの裏地を見せたり、ワッペンをつけてみるのもおすすめです♪

元気なイメージを強くすれば、夏空に合ったコーディネートが作れます!

涼しげに見せる!夏デニムのコーディネートは“肌見せ”が大きなカギ♡

出典:wear.jp

夏のデニムコーデは、肌見せが印象を大きく左右します。

ダメージ加工が施されたものなら、履くだけで肌見せができますが……ノーマルデニムの場合は裾を「ロールアップ」したり、「Vネック」のトップスを合わせて、ぬけ感を作ってください。

ロング丈のデニムサロペットは特に重く見えがち。

インナーはノースリーブや短丈のものを選び、腕やお腹を出して、バランスを取りましょう♪

カジュアルなデニムなら、肌を大胆に露出してもヘルシーな肌見せスタイルに仕上げられます!

こちらのような、「彼のデニムシャツ着ちゃいました♡」風の大胆な足見せコーディネートも、あざとくなりませんよ。

出典:wear.jp

オーバーサイズやメンズのタンクトップを選ぶと、脇が大胆に開くので、程よく肌見せすることができます。

この場合、インナーに差し色となるカラーのキャミソールなどを合わせると、オシャレですよ♪

夏デニムのコーディネート♪“透け素材&ゆるシルエット”で涼しげに!

出典:wear.jp

レイヤードスタイルを楽しみたい時は、レースやメッシュなど、透け感のある素材を選んでください。

また、合わせるデニムはスキニーパンツなどピタっとシルエットのものより、ワイドパンツなどゆったりシルエットのものがおすすめ!

少し余裕があるボトムスの方が、履いてる側も、周りからの印象も暑苦しくなく涼しげに仕上がりますよ。

涼しげに着こなそう!コーディネートのアクセントにデニムを♪

出典:wear.jp

デニムは引き締めアクセントカラーとして使えば、夏のコーディネートで、重い印象を与えません。

濃いデニムをチョイスする場合は、ブルーのお洋服を合わせると、色がリンクするので統一感が出ます♪

デニムを主役使いするのも良いですが、さりげなくコーディネートに馴染ませて、夏らしくまとめるのも素敵ですよ。

ロング×ボリュームは淡いデニムで♡ワントーンのコーディネートで涼しげに

出典:wear.jp

夏の冷房対策にカーディガンは欠かせませんよね。

デニムボトムを履いている日は、涼しげなカラーである白や、シフォン生地のロングカーディガンを羽織ると涼しげな印象になります。
羽織りものも適当に選ばず、色と素材選びにこだわりましょう♡

オシャレに決めたい日は、こちらのように、ロング丈×淡いブルーのワントーンのコンビで、旬スタイルを楽しんでみては?♪

夏は頑張り過ぎないスタイルが似合う季節です!
きちんとし過ぎないコンサバや、色っぽカジュアルスタイルなど……デニムを投入すれば、理想通りのコーディネートを作れますよ。
涼しげな着こなしをマスターして、夏もデニムを強い味方にしてください♡