とっても役立つ大事な資格!「社会福祉士」を取得する方法

LIFESTYLE

社会福祉士とは、高齢者や障害者用の施設だけではなく、児童相談所や福祉事務所などの行政機関で、専門知識を持って働いています。
社会福祉士の主な仕事は相談の業務であるため、女性の方や中年の方にでも資格さえあれば、働きやすい仕事だと言われているんです。
では、社会福祉士の資格の取得方法をご紹介します!

社会福祉士の仕事って?

出典:toranet.jp

高齢化・少子化の進んでいる日本では、高齢者や障害者・児童に対しても、国の色々な福祉制度が準備されています。

社会福祉士は、高齢者介護、障害者支援、児童福祉など様々な問題を抱える相談者の悩みを、親身になって聞くことによって、その人一人一人に合った公的支援や、地域ごとのサービスを組み合わせて、その人に一番合ったプランニングを提案する仕事です!

「社会福祉士」の資格取得の方法

社会福祉士になるには、社会福祉士の国家試験に合格して、資格を取得しなければいけません。
そしてその試験を受験するためには、幾つかの受験条件があります。

①福祉系の4年制の大学に入学し、カリキュラム修了後卒業していること
②福祉系の短大で、所定のカリキュラムを修了し、その後実務を1〜2年間経験していること
③4年制の一般大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学したこと
④一般の短大を卒業後、1〜2年の実務を経験し、さらに一般養成施設に1年以上通学したこと

これらの受験条件を満たしていれば、社会福祉士の資格試験を受けられます!

「社会福祉士」の資格を取得するには、独学?通信講座?

社会福祉士に関しては、受験資格を満たすためには、それなりの知識を蓄積してきている事が想定されます。
ですから、自分で市販のテキストを使って、資格試験の勉強をするのも良いでしょう。

他に社会福祉士の国家資格取得のための講座や、セミナーを開いている学校もありますし、ユーキャンなどの通信講座でも勉強できるようです。

他に仕事をしている人や勉強をしている人は、自分のペースで好きな時間に勉強ができる、通信講座を使ってもいいかもしれません。

「社会福祉士」の資格を取得したとき、就職した際の待遇は?

出典:www.koeki-u.ac.jp

社会福祉士の資格を取得した後の就職の場は、様々です。
勤め先や役職、雇用形態によってかなり違いがでてきますが、社会福祉士の月給は、手取りで15〜20万円くらいになります。
そのため年収は、250万円〜400万円というのが一般的のようです。

また働く施設によっては夜勤があったり、日曜祝日の休日出勤もあったりするので、職場選びは非常に重要だともいえるでしょう。

ただその一方で、この業界は慢性的な人手不足なため、人材を募集している職場は沢山あります!
また社会福祉士は国家資格なので、特別な資格手当が出る企業もあるようです。

さて社会福祉士の資格取得の方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
少子・高齢化社会で福祉を必要としている人が多くなってきた今、社会福祉士の仕事は非常に求められています。
ぜひこの機会に、社会福祉士として働く未来も考えてみてください!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。