げっ!いつの間にか散らかっているお部屋を片づけるテク4つ

LIFESTYLE

部屋を散らかそうと思っているわけではないんです。
でも気が付くといろんなものが散乱しているんです。
そんな人はこの記事必見!ちょっとのことで散らかさないテクニックが満載♪

部屋が散らからないお片づけテク①使ったらもとの位置に戻す

もはやこれは部屋を散らかさないための鉄板テクであり、基本中の基本。

手の届きやすいところ…と思って何でもかんでも置いていたら、いつの間にかモノが散乱しているのはすぐに想像できること。

それを防ぐのが、使ったらもとの位置に戻すこと。
キレイに並べておけば、散らかそうという意識も自然と薄れるものです。
キレイな部屋で生活したいならこれだけでも守るべきですよ◎

部屋が散らからないお片づけテク②レシートやメモ、郵便物は捨てる

たまると意外とかさばってしまうのが紙類。
レシートやチラシ、メモなど机の上に放置したままになっていませんか?
紙類がたまってくると、バラバラしてしまって収納にも困るし、整理しようという気分には到底なれませんよね(笑)。

紙類を片付けるためのテクニックはたった一つ。
「期限のないものは捨てる」です。

とっておかなくちゃいけないレシートや領収書、郵便物やメモ書きなどは必ずあります。
それは必要になる時がまだ来ていないからですよね。
期限が過ぎて必要なくなったものは、すぐに!捨ててしまいましょう。

部屋が散らからないお片づけテク③「タンスの肥やし」はナンセンス

部屋の片付けは、見えるところだけでは不十分です。
片付けた時に、押入れやタンスにとりあえず押し込んじゃうタイプの人は、特に要注意!

一時見えないところに押し込んだとしても、必要になった時に出すと他の物まで飛び出してきてしまう可能性があるからです。

見えないところにも本当に必要なものだけ収納するのが賢いお片づけテク。

部屋が散らからないお片づけテク④先延ばしにしない、今やる!

せっかくお片づけテクを身につけても、片付けるのを先延ばしにしていては宝の持ち腐れ状態…。
部屋が散らかってしまう一番の原因は、先延ばしにしてしまうことなんです。

先延ばしにすればするほど、片付ける気は失せていきます。

もっとやりたくなくなるなら、ちょっとやりたくない時に片付けちゃいませんか?
すぐに行動に移すことで、常にアナタの部屋はキレイ♡

キレイな部屋に居ると気分も清々しくて、引き締まりますよね♪
そんなお部屋にずーっといられるように、少しずつ片づけテクを実践してみてくださいね。