今がピークの紫外線!その怖さをちゃんと知ってる?正しい知識で美肌を守ろう♪

BEAUTY

夏の日焼け止めはって、女の子にとってかかせないものですよね!美白、美肌は、素敵女子には必須要素♪
でも、なんとなーく塗っている日焼け止め、そしてあなたの紫外線の理解、それで合ってる?
手遅れになる前に!簡単に紫外線の基礎知識をしっかりおさらいしましょう♪

日焼け止めに表示される「SPF」「PA」って?どんな数値を買うのが良いの?

よく日焼け止めに表示されているワードの知識について、皆さんは知ってますか?
なんとなく高い数値を買えば良いかなー?と、この専門用語をしっかり理解せずに購入している人も多いのでは?

日焼け止めに必ず表示されていて、よく目にするのが「SPF」と「PA」!
まず紫外線は、UV-AとUV-Bに分けられます。そしてそのUV-Aを防ぐ効果を表す指標が「PA」、UV-Bを防ぐ効果を表す指標が「SPF」なのです。

PAは記号「+」(プラス)で測られますが、この「+」の数が多いほど、紫外線UV-Aの影響から肌を守る効果が高いです!
それに対して、SPFは数値で測られ、その数値が高いほど紫外線UV-Bの影響から肌を守る効果があります。そして日本での最大値は50であり、SPF測定法基準に基づき50より高い効果のアイテムには「SPF50+」と表示されているのです☆

紫外線がギラギラ降り注ぐ時間帯や天気の知識を知っておこう!

"曇っているから、まだ朝なら、夕方なら大丈夫?"これは間違い☆
太陽が出ていないからといって安心はしていられません。曇りの日は、晴れている日の紫外線量には届かないものの、晴れの日の約6割の紫外線量が降り注いでいるのです。

そして1日の時間帯で見ると、朝から徐々に強まり、最も紫外線が強い時間帯はやっぱりお昼すぎ。
でも!特に紫外線UV-Aは、午後の遅い時間になってもなかなか減らないのです。
なので天気や時間帯に左右されずに、いつでも紫外線を意識していることが大切!

意外と知られていない?知っておくべき日焼け止めの常識!

さて日焼け止めの使い方、効用についても、意外と知られていなかったり、忘れがちなので、日焼け止めの基礎知識を確認!

つい"紫外線UV-Aを防ぐPA、UV-Bを防ぐSPFの数値が高いものなら、1回塗れば十分?"と思いがちですが、それも間違い!
高い数値の日焼け止めを塗っていても、塗り直すのは…なんと!2時間に一度くらいがベストだそう!

しっかり塗られている状態がキープされなければ、表示されているSPF・PA値の効果は発揮されません。特に多く汗をかく夏は日焼け止めが落ちてしまう要素がたくさん!朝塗ったから安心!なんてもってのほかなのです!

日焼け止めと美白スキンケアは別物!理想的な美白、美肌をキープするには?

"普段から美白ケアをしているから日焼け止めいらず!"
残念ながら、そんなこともありません。
UV-AやUV-Bから日焼け止めのSPF・PAで表皮や真皮へのダメージを防ぐ効用はありますが、紫外線を全く吸収しない訳ではありません。

そこで、美白スキンケアアイテムの美白有効成分の働きで、紫外線の作用によって起こるメラニン生成をおさえるということも大切☆
とはいえ、美白スキンケアだけを頑張っても、紫外線が肌に作用して黒くなったり、真皮にダメージを与えることには変わりません。
理想的な美白・美肌をキープするには”美白ケアと日焼け止めの併用が”キーポイントなのです☆

紫外線、日焼け止め基礎知識を再確認できましたか?
なんとなく理解していると思っている知識、もしも間違っていたら意味がない!しっかりした理解に変えて、美意識あげていきましょう☆