「別れた彼が忘れられない......。」失恋の痛手から立ち直る究極の方法♪

LOVE

大好きだった彼と突然の別れ。
女性にとってこれほど悲しいことはないのではないでしょうか。
失恋で負った深い傷は、自分でしか癒せません。

失恋から立ち直る方法①納得するまでとことん考える

「時が解決してくれる」という言葉を聞いたことがありますよね。
これは、正解でもあり、間違いでもあります。

自分が納得して彼と別れたならまだしも、納得することなく別れざるを得なくなってしまった場合は、心の中にずっともやもやが残ります。
それは時が経っても、この失恋という出来事を思い出すたびに湧き出てくる感情です。

納得できない別れを、時間に頼って忘れようとするなんて無理なこと。
そんな忘れられるかどうかも分からない不確かなことに頼るのではなく、自分で解決するしかないのです。

辛いのを承知で、この”別れ”という出来事に正面から向き合ってください。
「なにがいけなかったのか?」あのときどうすればよかったのか?」
しっかり反省して納得する答えが出るまで悩むことは、とても大切なことです。

きっと、その答えが次の恋愛に活かされることになります。

失恋から立ち直る方法②自分磨きをする

彼と別れて辛いのはよく分かります。
でも、クヨクヨしている時間はありません。

彼と別れたその瞬間から、あなたは次の恋への準備を始めなきゃいけないのですから。

思い返せば、彼と付き合っていたとき、なにか我慢していたメイクやファッションはありませんか? 
「彼がナチュラルメイクが好きだったから濃いメイクができなかった」
「彼がスカート派だったからパンツが履けなかった」

この我慢していたことが失恋後は自由にできるのです。

さらに、彼と別れたことで自分に費やせる時間もぐーんっと増えます。
この時間を存分に活用して、自分磨きの時間に充てるようにしましょう。
そして、彼と付き合っていた頃よりもグッといい女になるのです。

この失恋は、次の恋へのステップ♪ と思えば自分磨きも楽しくなります。

失恋から立ち直る方法③気の置けない友人と会う

辛い失恋を経験した人は、誰とも喋りたくない、何も食べたくないような無気力な状態になります。
そして家に引きこもり、一人で泣いて過ごす日々......

これでは悪循環に陥ってしまっているだけです。
そうならないために、無理矢理でも外出するようにしてみましょう。
そして、気の置けない友人と会いましょう。

「持つべきものは友」という言葉がありますが、これは失恋をしたときに誰もが強く感じる言葉。

失恋の痛手を一緒に分かち合い、励ましてくれて、笑ってくれる、そんな友人に救われるのです。

失恋から立ち直る方法④別れた彼の連絡先、写真、メールを捨てる

ネットが普及した現代、良くも悪くもスマホひとつで何でもできるようになりました。

例えば、連絡先やデータフォルダを何気なく開いたとき、パッとふいに別れた彼の連絡先や写真が出てきたら……辛い失恋の傷がえぐられるだけですよね。

また、付き合っていたときに交わしていたメールのやり取りも、別れた後に見ては虚しさが増すだけです。

つまり、スマホに別れた彼の面影が残っていることで、いつまで経っても失恋の痛手から回復できないのです。
勇気を出して、別れた彼の連絡先、写真、メールは思い切って捨ててしまいましょう。

意外と、捨てた直後はスッキリと晴れ晴れしい気持ちになりますよ。

失恋の痛手を回復させるためには、頼れるのは自分しかいません。
この失恋を引きずってクヨクヨするか、バネにしてもっとイイ恋をするか、それはあなた次第です。
一生のうちに何度も経験しないであろう失恋を、せっかくなら成長に繋げたいですよね。