美容師さんに聞きました!天パ&うねりを時短でまっすぐにする方法

ひどいクセ毛にお悩みの方も多いと思います。
縮毛矯正をかけるのが手っ取り早い方法ですが、値段は高いし、髪が傷みそうだし、どうすればいいのやら……。ということで、天然パーマやうねりを時短でまっすぐにする方法を美容師さんに聞いてみました!

美容師さんに聞きました!クセ毛の原因って?

まずは、クセ毛の原因を探りましょう。

クセ毛の原因で最も多いのは「遺伝」です。親がクセ毛だと子供もクセ毛になりやすいです。

また、「ホルモンバランスの変化」も影響します。実は、“子どもを産んだらクセ毛になった”という女性も多いんです。

他に「食生活の乱れ」なども考えられますが、どれも当てはまらない方は、「髪のダメージ」が原因かもしれません。うねりは、髪の内部の水分量などに偏りがあると起こります。つまり、髪を丁寧に乾かさないと、傷み、そしてうねるんです。

天然パーマやうねりを時短でまっすぐにする方法① オイルをつける→引っ張りながら上から乾かす→冷風をあてる

ここからは、時短で髪をまっすぐにする方法をご紹介します。

うねりは重みを加えることで落ち着くので、濡れた髪にオイルをたっぷりつけて、髪を乾かしていきます。

シャンプーをする時間がない場合は、手を濡らし手ぐしを入れて髪に軽く水分を持たせてから、乾かしてください。
これをしないとオーバードライといって、乾かしすぎ状態になってしまいます。

つぎに、髪の毛先を持ち、そして引っ張ってピンと張った状態にしたら、ドライヤーの熱をあてて乾かしてください。
その後、引っ張りながら冷風をあててしっかり冷ますと、変化が表れるはずです。
なぜ冷風をあてるかというと、熱を加えてから冷ますとアイロンがけと同じで、形が定着しやすくなるそう。

またドライヤーをあてるときは、根元から毛先にかけてあててください。
髪が早く乾くだけではなく、髪がバサバサになるのを防ぎます!

天然パーマやうねりを時短でまっすぐにする方法② しっとりするヘアワックスを気持ち多めにつける

“ベタつくのが嫌だからワックスはつけない”という人は多いですが、クセ毛は重みを加えないと広がってしまいます。

髪がしっとりするヘアワックスを、気持ち多めにつけてみてください。
もし、外出先で髪がうねったときは、軽いものだと効果がないので、バターっぽい粘度のワックスを加えてください。

ただし、ハード系ワックスは使用しないでください!
余計パサついてしまうので、ハードしかない場合は、オイルや水を混ぜて少し薄めてからつけてください。

天然パーマやうねりを時短でまっすぐにする方法③ ヘアオイルの使用と髪を完全に乾かすことを習慣化する

日頃のケアで髪の印象は大きく変わります。

最初に少し触れましたが、髪を完全に乾かすと水分が残らないので、翌日のセットが楽チンです。

またうねりは、髪の内部の水分量などに偏りがあると起こるので、オイルなどで隙間に油分を補ってあげると、まとまりやすくなるんですね。
ちなみに美容師さんは、クセ毛の人にはクリームよりヘアオイルがオススメといっていました。

この二つを習慣化すれば、結果的に時短で髪をまっすぐにすることができるはずです!
天然パーマやうねった髪を活かしたヘアアレンジを楽しむなど、短所を長所に変える努力を継続することもお忘れなく♪

【関連記事】忙しい朝の髪ハネ……これで大丈夫!寝癖を簡単に直す方法

朝起きたら「ウソ!髪がハネている……!」特に、寝坊した日に髪がハネていると、ピンチ感がハ...

天然パーマ うねり 解消方法 まっすぐ 寝癖を直す方法 時短 ヘアスタイル ヘアケア

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、WEBライター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる