大学生の特権は今こそ活用♪美術館に足を運ぶべき深イイ理由

LIFESTYLE

大学生に、素晴らしい特権があるのをご存知ですか?
大学が提携している美術館などは割引がきいたり、無料で入館できることがあるのです。
今でこそ行くべきスポットは美術館ですよ♡

若いうちから芸術に触れるべき理由って?

若いうちから芸術に触れることには、さまざまなメリットがあります。
例えば、感性を豊かにし、創造力を養ったり、コミュニケーション能力がアップすることです。

若ければ若いほどいいので、幼少期からでもOK♪
しかし4meee!読者のみなさんは、きっと幼少期は過ぎてるでしょう(笑)。
でも大丈夫!今そのことに気が付いて、明日から行けばいいのです。

大学のメンバーシップを利用して、無料or割引価格で入館できる美術館や博物館があります。
社会に出る前にしっかりと芸術を見る目を養っておきましょう♪

美術館に行くことを恐れないで!

引用:likesuccess.com

美術館に足を運ばない理由として、「芸術品が理解できないのではないか」という心配があると思います。

しかしその心配はまったくありません。
この絵画が何派なのかとか、いつどんな時代背景をうつしたものなのかなど、わかればもっと深く鑑賞できるかもしれませんが、初めはわからなくて当たり前。

何度も足を運んで、少しずつ理解できるようになればいいのです◎

大学生の今、美術館を楽しむ方法①そのまま感じる

その絵画が、芸術面でどれだけ素晴らしいかを考える必要はありません。
わからないのならそのままでいいのです。
絵画の横には説明文がありますし、イヤホンガイドを活用しても構いませんが、芸術品を見る時に最も大切なのは「自分の心が揺れるかどうか」。

難しいこととは別に、どれだけ自分の心に響いてきたかが重要。
「この絵は絶対理解できないなぁ~」と眉間にしわをよせながら考えるのも一つの楽しみ方と捉えましょう。
そこで「やっぱりわからないからもういいや」と諦めないでくださいね!

大学生の今、美術館を楽しむ方法②オープンエンドという見方

芸術に正しい・間違いなど、存在しないというのが今の考え方のようです。
見る人の感じた答えこそが"正しい見方"。このことをオープンエンドと呼ぶんだとか。

事実、多くの芸術品に答えはありません。
なぜならその芸術の作者が、「これはこういうものだ」と断言している物がほとんどないからです。
答えが定かではない状態のものが多く存在する中、定説や専門家が支持している意見が正しい答えと思われてしまいます。

それにとらわれない自由な発想こそが芸術の醍醐味だと思って、じっくり向き合ってみてください☆

いかがでしたか?
美術館に行ったことがない人はぜひ一度足を運んでみてください。
はじめはすごく神経を使うし、難しいし疲れますが、新たな視点が自分の中に生まれた気がして面白くなるはずです♪