面白いと人気♪湊かなえのおすすめ小説4冊

LIFESTYLE

湊かなえさんの小説の雰囲気は全体的にほの暗いのに、ついつい小説の中に引き込まれてしまう…。
そんな小説を次々と書かれている、湊かなえ先生おすすめの4冊をご紹介いたします。

湊かなえおすすめ小説①▶︎『告白』

出典:www.amazon.co.jp

湊かなえ先生のデビュー作で、松たか子さんが主演したことでも話題となりました。

中学教師である主人公の森口悠子が教職を辞める最後の春休み前のHRの時間の「告白」から全てが始まります。
シングルマザーであった悠子の娘の愛美がプールで溺れて事故死しました。
しかし、娘の死について疑問を抱いた悠子は独自に調べをすすめ、自分の担任する教え子が犯人だと突き止めるのです。そして、HRにて犯人「少年A」と「少年B」を告白するのです。

2009年の本屋大賞など、数々の賞を受賞した作品です。
読み応えのあるミステリーが読みたい方におすすめの小説です。

湊かなえおすすめ小説②▶︎『少女』

出典:www.amazon.co.jp

『少女』は湊かなえ先生の2作目の作品にして、書き下ろしの小説です。
全体的にユーモラスな表現が多く、高校2年生の由紀と敦子の二人の少女の視点のエピソードが交互に書かれています。

二人は夏休み前に転入生の紫織から親友の自殺を目の当たりにした話しを聞いて以来、「自分も人の死を目の当たりにしたい。」という欲求にかられます。
そのため、由紀は病院へボランティアに行き、敦子は老人ホームにて手伝いを始めるのです。そして由紀は重病の少年の死を、敦子は入居者の死を目撃しようとするのでした。

二人の「ヒューマンドラマ」のようであり衝撃のラストで「ミステリー小説」であったのかと気付かされる作品となっています。
意外性のあるミステリーが読みたい方におすすめの小説です。

湊かなえおすすめ小説③▶︎『贖罪』

出典:www.amazon.co.jp

デビュー作品の『告白』と同じ構成の小説で、章ごとに主人公が変わる独白形式となります。
2012年にWOWOWにて連続ドラマ化もされました。

とある田舎で都会から転向してきたエミリと4人の小学生の少女たちは仲良くなります。そんな夏休みのある日、4人の小学生たちはエミリの死体を発見するのです。
しかし、彼女たちは犯人をみていたのに犯人の顔を思い出せず、エミリの母親からトラウマにもなる言葉を投げかけられます。
4人はその後、それぞれ贖罪の意識を抱き続け、更なる悲劇が4人に起こっていくのです。

小説の雰囲気はどことなく暗く、湊かなえ先生のカラーが全面に出ています。
ちょっとぞっとするミステリー小説が読みたいという方におすすめです。

湊かなえおすすめ小説④▶︎『白雪姫殺人事件』

出典:www.amazon.co.jp

湊かなえ先生初の電子書籍として配信された小説で、2014年3月に映画も公開されています。

美人OLが殺害され、その容疑者の女性の人物像が架空のSNS「マンマロー」の噂によって魔女のように語られ、形つくられていくサスペンス小説です。

テーマは、インターネット上の炎上や報道被害をテーマとしており、最終章は犯人の独白でそれ以外は事件を追うフリーライターの赤星目線で描かれている。
また、巻末についている「関連資料」と称した登場人物のSNSでの書き込み内容や赤星が書いた週刊誌の記事などが付いており、しっかりとした設定になっていて読み応え十分です。
しかし、ネタバレの宝庫となっているので、まだ本編を読んでいない方には注意が必要です!

ドキドキするサスペンスが読みたい方におすすめの小説です。

湊かなえ先生のおすすめの小説を4作ご紹介しました。
湊かなえ先生の小説に出てくる登場人物たちは、綿密で細やかな格設定がなされており、それも小説の魅力の一つとなっています。
珠玉のミステリーが読みたい方は是非、湊かなえ先生の本を手にとってみて下さい。

2015.07.16 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。