お盆休みは真冬のニュージーランド!キラキラ女子が見つけたもの【実録!セレブ旅行紀 vol.9】〜前編〜

LIFESTYLE

みなさん、ごきげんよう。美依子(みいこ)です。

前回のセレブ旅はチェックしてくれた?
簡単に説明すると……

バツイチ・独身のタクミさん(37歳)と大分旅行を楽しんだみーこ(25歳)。いいムードだったのに、「結婚願望がない」と言われてしまって落ち込んでしまう。そこで思い出した男性は……?

↓まだ読んでいない方はこちらをチェックしておさらいしてね♡
◆初デートは韓国!PRADAのバッグをお土産に【実録!セレブ旅行紀 vol.1】〜前編〜
https://4meee.com/articles/view/392165

◆行くぜ、北海道!深夜調達のモンクレールを味方に【実録!セレブ旅行紀 vol.2】〜前編〜
https://4meee.com/articles/view/770592

◆お金より愛がほしい!灼熱のラスベガス【実録!セレブ旅行紀 vol.3】〜前編〜
https://4meee.com/articles/view/228284

◆高級旅館だろうが関係ない!イケメンに幻滅する熱海・伊豆旅行【実録!セレブ旅行紀 vol.4】〜前編〜
https://4meee.com/articles/view/429151

◆恋する女子の目がハートに!仲直りは100万ドルの夜景・香港で【実録!セレブ旅行紀 vol.5】〜前編〜
https://4meee.com/articles/view/285878

◆圧倒的人気のハワイへ♡女の楽園でおいしいグルメとショッピング【実録!セレブ旅行紀 vol.6】〜前編〜
https://4meee.com/articles/view/755952

◆個室温泉なら大分・湯布院!ティファニーの指輪に邪魔される?【実録!セレブ旅行紀 vol.7】〜前編〜
https://4meee.com/articles/view/445406

◆沖縄ブセナへ弾丸旅行!わたしの運命の人は一体だれ?【実録!セレブ旅行紀 vol.8】〜前編〜
https://4meee.com/articles/view/211003

キラキラ女子の世界で生きてきた、ひとりの女の葛藤

5月の沖縄旅行で、運命の人は"国家公務員のユウさん"じゃないかと思った私。
でも、タクミさんのことは嫌いじゃないの。むしろ好きすぎるの。

ユウさんとタクミさんの違いは結婚願望があるか、ないか……。

私は別にいますぐ結婚したいわけじゃなくて、いつか結婚したいっていうレベルなんだけどね。問題なのは、このままバツイチのタクミさんと付き合っていたら、いつまでも独身のままなんじゃないかってこと。

え?好きなら、それでもいいじゃない?

簡単に言わないで!私は大学1年生の時に、常に格付けし合うキラキラ女子たちの世界で生きることを選んでしまったの。

残念なことに、私の選んだ世界では「結婚」はマウンティング材料の一つ。

例えば、35歳まで結婚するのを渋っといて、自分よりも稼ぎのない年下の男性と結婚しまったら……どうなるかわかってる?敗北者のレッテルを貼られてしまうの。
そうなる前に、30歳になる前に自分よりちょっとだけ年収が高い男と結婚した方がまだいいってわけ。

どんな女子も味わってみたい「幸福」とは

「みーこ先輩!最近、ため息ばっかり。どうしちゃったんですか!」

会社で浮かない顔をしていると、後輩・ワタナベちゃんが気にかけてくれた。

「……ワタナベちゃん。いますぐ結婚してくれる人と、一生結婚してくれなさそうなバツイチ、どっち選ぶ?」

「いますぐ結婚してくれる人でしょう!というか、こっち初婚なのにバツイチはイヤですね、私は。」

長い前髪をかきあげながらスッパリ言い切るワタナベちゃん、頼もしいなぁ。私は単純なことを複雑に考えすぎていたのかもしれない……ん!?んんんん!?

「ワ、ワタナベちゃん。ま、ま、まさかだとは思うけど、その薬指の指輪って……!」

「あれ♡みーこ先輩に言ってなかったですっけ♡実はこの間、ずっと付き合ってた彼と入籍したんです♡」

キラキラ女子たちは「どこにいい男いるんだろう」と嘆きながら、今日も"#ootd" "ごちそうさまでした" と、高級バッグや高級レストランの料理をこれ見よがしにSNSに投稿する。一方で、「私にはこの人だ」と現実を受け入れ、手料理を作り、誰にひけらかすことなく愛する人の腕の中で眠りにつく女子もいる。

キャリア志向の女子、恋愛体質な女子、一人で過ごすのが好きな女子……この世はいろんな女性がいるけれど、誰かの結婚に心がざわついてしまうのは、女性に生まれたからには誰もが一度は「結婚」という幸福を味わってみたいからなんじゃないかしら。

リッチマンとのお別れは、"プライドを傷つけないように"

「というわけで、結婚を選んだみーこ様は、タクミさんにきちんとお別れを告げぬまま。
携帯電話番号を変えて気持ちの整理をし、国家公務員・ユウさんを選んだのでした。ちゃんちゃん。」


「……私だってちゃんと"さようなら"って言いたかったんだよ!だけど、私のような小娘が振れるような相手じゃないかなって。もし私がリッチマン・タクミさんだったら、"君にさようなら言われたくない"ってムカつくかなって想像してみたの。」

「電話つながらないってことは、そういうことだから空気読んで的なね。……で、次のお盆休みは、ユウさんとニュージーランド行くんでしょ?」

「……そうそう。友達とスノボするから付いてきてって言われて。ユミは沖縄の大富豪・ケンタさんとグアムだったよね。」

そうそう、ケンタさんが"忠実な女の子が好き"と聞きつけたユミは、あれから毎週末沖縄に行って、好き好きアピールをしたおかげで見事付き合うことに。トモヤさんとはもう会っていないみたい。私とユミ、お互い現実と向き合い始めたって感じなのかな。

日本の気候とは正反対!真冬のニュージーランドへ。

成田空港からニュージーランドのオークランドまで約11時間、そこから乗り継ぎをし約2時間で、今回の旅先・クイーンズタウンに到着。

8月のニュージーランドは、真冬。
初めての国にワクワクしたけど、夏に冬服をトランクに詰めるのは気乗りしなかった。冬服ってかさばって重いし。
かつて、タクミさんと北海道に行くために調達したモンクレールに身を包む。やっぱり暖かい。

「クイーンズタウンは何もないけど、食べ物美味しいし、自然いっぱいだからきっと癒されるよ!初めてのヘリスキー、楽しみだなぁ。」

ユウさんはタクミさん並に旅行センスが高い。だっていくらウィンタースポーツが好きだからって、一般ピーポーは真夏にニュージーランドに行かないでしょう?だから好きになれると思ったの。

もちろん、私はスキーもスノボもしない。クイーンズタウンの自然の中で心の整理をする……はず?

5泊7日のニュージーランド旅、スタート!

タクミさんとお別れをした、みーこ。
ユウさんとのニュージーランド旅を楽しんで、遂に結婚か……!?

気になる後編は旅色プラスで!

お盆休みは真冬のニュージーランド!
キラキラ女子が見つけたもの
【実録!セレブ旅行紀 vol.9】〜後編〜