せっかくのスキンケアがムダになってしまう悪習慣4つ

BEAUTY

日頃からパックやスキンケアを徹底しておこなっているのに、なかなか化粧ノリがイマイチだったり、肌トラブルが多いなんて悩んでいたりしませんか?
今回は、頑張っておこなっているスキンケアが水の泡になるになってしまう悪習慣を紹介します♡

RIE
RIE
2015.03.23

悪習慣①「リキッドファンデ」に頼り過ぎ

肌のトラブルや毛穴をカバーするには、リキッドファンデを使っているという女の子が多いと思いますが、リキッドファンデを毎日使うのは肌に良くないのです。

リキッドファンデは毛穴の奥に残りやすく、肌への刺激が強いのです。
しかし、メイクが長時間よれにくいというメリットもあるので、1日中メイク直しが出来ない日はリキッド、それ以外の普段使いはパウダーファンデなどと使い分けてみてくださいね♡

そうすることで、肌トラブルも少なくなり、スキンケアの効果が発揮できちゃうのです!

悪習慣② 「睡眠時間」が足りていない

肌の細胞を再生したり、内臓の機能を回復したりしてくれるのは睡眠時間なのです。
美肌を作るには、睡眠時間の確保が大切といわれています。

22時前後には、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が始まるので、ハーブティーを飲んだり、読書をしたり、体を休めておくことがポイント!

睡眠不足は、クマやニキビが出来やすくなる原因なのです。
肌トラブルを少しでもなくして、スキンケアの効果を発揮するには、睡眠時間はしっかりと取るようにしてくださいね♡

悪習慣③ 「毛穴パック」を使い過ぎ

鼻や頬に角質があると、無理矢理でも毛穴パックで取りたくなっちゃいますよね。
しかし、毛穴パックは肌に強い刺激を与えるものなのです。

頻繁に使い過ぎてしまうと、かえって毛穴が開いてしまうので、角質を取り除きたい時には、ピーリング剤を使うことがおすすめ!

何を使うにしろ、肌に強い刺激を与えてしまうので、10日に1回ほどの頻度で使うことがおすすめなのです♡

悪習慣④ 「ビタミンACE」不足している

野菜キライの女の子に見られがちなのが、野菜を食べず、加工食品に頼った生活をしている子!
そのような偏った生活をしていると「ビタミンACE」不足になってしまうのです。

「ビタミンACE」は、肌の粘膜を強くする、シミの元・メラニンを抑制する、肌の血行を良くし、若返りに導く効果があるビタミンなので、女の子なら誰もが欠かすことはできないもの♪

フルーツにも「ビタミンACE」が含まれていますが、体を冷やしてしまうので野菜やハーブティー、ナッツ類がおすすめなのです♡

いかがでしたか?
このような悪習慣に気をつければ、スキンケアの効果も発揮されるのです!
ぜひ自分の手で確認しながらスキンケアを楽しんでくださいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。