“さりげなく”好きなカレをドキッとさせる♡4つの仕草とは?

LOVE

みなさん、恋はしていますか?好きな人にはきちんと気持ちを伝えていますか?
「恥ずかしくてそんなことできない!」なんて思っている方は、言葉ではなく、“行動”で気持ちを伝えてみてはいかがしょうか?

カレをドキッとさせる仕草①有効な場所のボディタッチ

恋人出典:www.shutterstock.com

なかなかカレに想いを伝えられないシャイなあなた!
まずは、軽いスキンシップにチャレンジしてみましょう。

スキンシップで大切なのは、タイミングと体のパーツ♡
特に有効なパーツは、ヒジから下と、太ももなのです♪

ヒジから上の肩などは、触ると緊張させてしまう作用があるのでなるべく避けて。
また、仲良くなってきたら、さりげなく太ももと少し触るとカレはドキッとするはず。

ずーっと触れているのではなく、少し驚いた時や、笑った時、つっこむ時など、タイミングをみてボディタッチをしてみましょう。

カレをドキッとさせる仕草②見つめてみる♡

女性出典:www.shutterstock.com

カレが話している時はもちろん、誰かが話しているときもちょこちょこカレの顔を見てみてください!

カレが話している時は必ず目を見てキラキラさせて、誰かが話していたり、盛り上がってみんなで爆笑している時にもチラッとカレと目を合わせて♡

そうするとカレは“自分を気にしていてくれてるんだ!”と思うと同時に、目が合うことで「面白いことを一緒に共感できている」と言う気持ちになれるんです♪

目が合ってる時間のぶんだけ、心が近づけるってイメージでやってみてください。

カレをドキッとさせる仕草③寄り添ってみる

恋人出典:www.shutterstock.com

仲良くなってきたらドキッとさせるために、大胆に行動しちゃいましょう♡

飲み会の席や帰りの電車では、思い切ってカレに体をあずけてみて!
飲み会でちょっと笑った時や、何かを取る時に少し寄り添ってみちゃいましょう♪
ただ、やりすぎると男慣れしているように見えちゃうので、様子を見ながら距離をとるのがベター。

まずは物を取るふりをして「ちょっとごめんね!」などと言ってカレに近づいて。
もし、そこで「いや、オレが取るよ!」と避けられた感じなら少し控えてみて、何も言われなかったら、さらに2cm席を近づけちゃいましょう。

また、帰る際に電車やタクシーに乗った時は、ちょっと眠たくなったふりした勢いで寄っかかってみて。
もし、何も抵抗されなかったら続行して、逆に起こされたら謝って自然を装うのです。

カレをドキッとさせる仕草④あえて遠目でスタンバイ!

食事会出典:www.shutterstock.com

まだそこまで仲良くないのに、いきなり近づきすぎたり、スキンシップのやり過ぎは禁物!

適度な距離感と、タイミングが大切です。
自分のコンディションがよくない時は、無理矢理アピールをするのではなく、ちょっと遠くからカレのクセ、仕草を研究してみて♡

自分がいることはきちんとアピールした方がいいので、なるべく多く、カレの視野に入ることがポイントです。
ちょっと控えめの女の子らしい一面を見せることも大切なので、焦らずに行動してみてくださいね。

ご紹介した仕草は、ちょこっと大胆かもしれませんが、大切なのは、あくまで“さりげなく”やること。
「誰にでもやってるんだ……」 なんて思われないように、安易に出しすぎず、上手にタイミングをみましょう♪