もうイライラしない。会話が通じない人とのコミュニケーション術

Cover image: weheartit.com

こちらがどう丁寧に話しても、会話が通じない人間って多いですよね。
「自分が悪いのか?」と思って丁寧に伝えようとしても、なかなかうまくいかないもの。
そんな会話が通じない人間への対処法をご紹介します。

<会話が通じない人とのコミュニケーション術>宇宙人だと思って接する

weheartit.com

話がかみ合わない人に対して、論理的に、丁寧に説明しても何も伝わりません。
それどころか、話の合間合間に口を出されることも多く、全くもって会話がなりたたないのです。

そんなときは「ああもうこの人は宇宙人なんだな」と思って接するようにしましょう。
少し諦めの気持ちで対応することで、こちらもイライラしないで済みます。

また、会話が成り立たない人の特徴として、主語を言わないことが多いです。
ですので、こちらから主語を出してあげて、会話の途中で認識が間違っていないかを確認するようにしましょう。

高圧的な態度をとると相手も逆上してしまいます。紙に書いたり、図にすると理解されやすくなる可能性がありますので、試してみてくださいね。

<会話が通じない人とのコミュニケーション術>価値観をおしつけない

weheartit.com

相手に何も伝わらないということは、もしかするとあなたの考え方や話し方が違っているのかもしれません。

まずは相手だけではなく、あなた自身のことを疑ってみましょう。

そして、話をする方向性などを今一度考え直したり、曖昧な言葉を使わないように意識してみましょう。

<会話が通じない人とのコミュニケーション術>否定的な接続詞は使わない

weheartit.com

「でも」など、発言をする相手と真逆の意見を述べる際に使う接続詞や、「だからこういうことですよね?」と相手の意見を簡潔にまとめたつもりの発言は控える方が良いでしょう。

どちらにせよ相手は理解ができていないので、簡潔に話をまとめたところで「なぜか意見を否定された!」と勘違いしはじめるでしょう。

もし反対をする場合は、「ここまでは分かったのですが、ここがわからないです」と半分は相手のことを認めてあげた上で、さらに相手の意図を明かしてもらえるように誘導しましょう。

その上で、相手の話の矛盾点やこちらの提案を提示することがポイントです。

<会話が通じない人とのコミュニケーション術>聞く力を身につけ、対面で話す

weheartit.com

話が通じないと、つい途中で口を挟んでしまいがち。しかし、会話が通じない人は一度すべて自分の中にある要素を吐き出してからでないと、相手と会話をすることができません。

あなたが途中で意見をしたところで、相手の頭の中は自分が言いたい内容でいっぱいになってしまっているのです。さらに、このようなタイプの人は頭の中の結論をうまく表現することができないこともあります。

メールなどのツールが発達しているいま、連絡事項はどうしてもそういったものに頼りがちですよね。ですが、そういったツールは相手の表情が見えないため、どうしても違う返事が返って来やすいのです。

とはいえ、話が通じない人の目の前で話したところで嫌な反応をされたり、首を傾げられてばかり……なんてこともあるでしょう。
イラっとするのを防ぐため、対面であっても相手の目ではなく首元を見て話したり、電話で話すなど、工夫をしていきましょう。
いかがでしたか?
話が通じない人は割り切って、いかにスムーズに会話をするかがポイントです!

会話 通じない コミュニケーション

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

新川ももか

美容記事を中心に書いています♡

>もっとみる