白くて綺麗なお肌を手に入れたい!肌の赤みを抑える秘訣♡

BEAUTY

スッピンの肌をみたときに「顔の赤み」が気になったことはありませんか?
これまでは「どうしようもない……」と諦めてきた方も多いかもしれません。
しかし!この赤みを抑えてあげるだけで、お肌を白く綺麗に見せてあげることができるんです♡

洗顔後の赤みケア

肌の赤みを抑えるために、まずは洗顔後に気をつけたいことをご紹介します。

洗顔が終わって顔の水分をふき取るときの摩擦が強いと、顔に赤みが出てしまう原因になってしまいます。

ですので、洗顔後はタオルで水分をふき取るのではなく、ティッシュで優しく水分をふき取ってあげるようにしましょう。

タオルだと素材が少しあらいので、どうしてもお肌に負担がかかってしまいます。
ティッシュで優しくふき取るだけなので、今日からでもできそうですよね。

化粧水は低刺激のものを♡

スキンケアをする際にも、なるべく刺激を少なくしてあげることがポイントです。

「普段そんなに赤みが気にならない!」という方は、スキンケアまで気にしなくても良いのですが……気になる方は、低刺激の化粧水を使ってみるのが良いですよ。

特に脂性肌の方は、皮脂の分泌が盛んで赤みができやすいんです。ですので、脂性肌タイプの方に合う化粧水や乳液を選ぶのが◎

食生活も改善!

前述でもお伝えしたように、脂性肌の方は赤みが出やすいので、より注意が必要です。

そこで、「本気で赤み肌をどうにかしたい!」と思うのであれば、スキンケアだけではなく食生活も改善していきましょう!

普段からポテトチップスやラーメンなど、高カロリーで脂っぽいものばかりを食べていると、お肌に影響してしまいます。

脂っぽい食事ばかりするのはやめて、お野菜や健康的な食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

メイクで赤みを抑える

引用:www.ipsa.co.jp

最後は、メイクによって赤みを抑える方法をご紹介します。

赤みを抑えるタイプの下地も様々発売されているので、それらを使ってうまく隠していきましょう。

下地とリキッドファンデーションだけではなく、いろんな種類のものを少しずつ薄く重ねて塗っていくのがポイントです。

私のおすすめは、IPSA(イプサ)のコントロールベイスのブルーです!
ブルーは赤みを抑えてくれるのに効果的なカラーだということも、覚えておくと良いですよ♪

いつものメイクをする前にこれを塗るだけで、赤みを抑えられるんです♡

コントロールベイス(ブルー)

¥3,024

販売サイトをチェック

みなさんいかがでしたでしょうか?
内側からも外側からも赤みを抑えて、綺麗な白いお肌になりましょう♡
ぜひ実践してみてくださいね。