やっていたら要注意!今すぐやめるべき「美肌を遠ざける原因」とは?

透き通るような白い肌。透明感のある美肌を持つ女性は、とても魅力的に見えますよね。
カバー力の強いコスメで美肌に見せるのもいいけれど、できれば肌そのものを磨いて、素肌美人になりたいものですね♡
今回は、美肌になりたい人が注意すべきことを紹介します。

目次

女性の憧れ「美肌」

美肌と聞いて思い浮かべる人は誰でしょうか?
芸能人でいうと、女優の綾瀬はるかさんや小雪さんなど素敵な方がたくさんいます。
芸能人だけでなく、身近にもきれいな肌で魅力的な女性っていますよね♡

キメが細かくなめらかで透明感のある肌は、それだけでその人を魅力的に見せてくれます。
また、美肌であることで清潔感やきちんとしている印象を与えます。

対人面や恋愛面、仕事面などでも影響を与える可能性があるお肌の状態。
あなたも美肌を目指してみませんか?

美肌を遠ざける原因①紫外線

美肌を遠ざけてしまう原因はさまざまありますが、よく耳にするのが紫外線。
紫外線は、肌の奥にある真皮という部分にまで到達し、肌にダメージを及ぼします。

紫外線を浴びることで肌にハリや弾力がなくなったり、メラニン色素を酸化させることで、日焼けやシミやソバカスの原因となります。
紫外線のケアを怠ると、日焼けだけでなく、シミやソバカス、シワなど肌の老化を引き起こしてしまうのです……。

紫外線による肌の老化を防ぐためには、やはり紫外線を避けることが大切です。
袖のある衣服を着たり、帽子の着用、日傘の使用、日焼け止めの塗布などが思い浮かぶと思います。
これらはもちろん大切ですが、盲点になっているのが目の紫外線対策です。

紫外線が目から侵入することで、身体は紫外線を浴びたと判断し、メラニン色素を作るように働きます。
いくら肌を隠しても、目の紫外線対策を怠ると効果が薄れてしまうのです。

目に入る紫外線の対策には、UVカットのメガネやサングラスを使用しましょう。
ここで注意してほしいのが、サングラスを選択する際、色の濃すぎるものを選ばないことです。
色の濃いサングラスを選択すると、目は辺りが暗いと判断して瞳孔を開いてしまいます。
すると、紫外線が目から侵入しやすい状況となってしまうのです。

美肌を遠ざける原因②不規則な生活

仕事をしていると夜寝るのが遅くなり、朝はなかなか起きられない……そんな不規則な生活を送っている方も多いのではないでしょうか。

美肌を目指すには、睡眠不足は大敵です。
また、睡眠時間を確保すればよいというわけではありません。
睡眠の質も大切なのです。

ゴールデンタイムという言葉、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
ゴールデンタイムとは、睡眠後に成長ホルモンが分泌されやすい時間を意味しており、一般的に22時から深夜2時の間をいいます。

成長ホルモンと聞くと、子どものためのもののように聞こえますが、大人にもとても重要なホルモンです。
成長期にはもちろん身長を伸ばしたりもしますが、肌のターンオーバーを促す働きも持ちます。

肌は約4週間かけて入れ替わり、これをターンオーバーといいます。
不規則な生活を送っていると成長ホルモンの分泌が十分でなく、肌の生まれ変わりがうまくいかなくなってしまうのです。

また、熟眠できないことで女性ホルモンのバランスが崩れ、肌の乾燥をまねいてハリがなくなります。
質のよい睡眠を確保するためには、寝る前の習慣を改善することが大切です。

◼︎シャワーではなく入浴を
夜の入浴をシャワーのみで済ませてしまっている場合、ゆっくり湯船に浸かるようにしてみましょう。
ゆっくり入浴することで、副交感神経が優位となり、リラックスできます。
さらに身体が温まると、その後体温が下がる時に入眠しやすくなります。

このため、入浴は睡眠の30分前までには済ませましょう。
また熱すぎるお湯での入浴は交感神経優位となってしまうため、睡眠を妨げてしまうので避けましょう。

◼︎照明は抑えて
強い照明の下で寝る直前まで過ごしていると、よい睡眠を得ることができません。
強い光を浴びることで睡眠を促すホルモンの分泌が抑制されるため、なかなか寝付くことができなくなります。
夜は間接照明などを利用してリラックスタイムを過ごすとよいでしょう。

◼︎スマホやパソコンはほどほどに
スマホなどを寝る直前まで使っていると、ブルーライトの影響で入眠しにくくなります。
眠れないからと、布団に入ってスマホを操作していると、ますます眠れなくなってしまうので、避けたほうがよいでしょう。

このほかにもアロマを焚いたり、ストレッチをするなど、自分流の入眠の儀式を持つとよいかもしれません。

美肌を遠ざける原因③栄養不足

忙しいとついつい、食事を簡単に済ませてしまうことが多くなっていませんか?
美肌を作るには基礎化粧品や睡眠も大切ですが、身体に直接栄養を届けてくれる食事も重要です。

美容のための食生活と聞くと、サラダやスムージーなどを思い浮かべる方もいるかもしれません。
もちろん野菜や果物からは、ビタミン類が摂取できるので大切ですが、生野菜サラダや冷たいスムージーばかりでは、身体を冷やしてしまいます。
葉物ばかりではなく、身体を温める効果のある根菜をとり入れたり、温かいものをとり入れるようにするとよいでしょう!

また、野菜を食べていれば肌によいと思っている方がいるかもしれませんが、美肌には、たんぱく質や良質な脂質も必要です。
納豆や豆腐などの大豆製品や赤身の肉など、たんぱく質もしっかりと摂るようにしましょう。

吹き出物が気になるという方は、便秘ではありませんか?
腸の調子が悪いと、肌に出てしまいます。
便秘を改善するためには、水分摂取と食事の内容が大切です。

すでに便秘という場合、水分をたくさん摂るようにしてお腹をマッサージしたり、運動することで腸の動きを促しましょう。
便秘の対策には食物繊維と思いがちですが、すでに便秘である状態で食物繊維を多くとってしまうと、硬い便で蓋がしてある状態で、便の量が増えてしまうので苦しくなる一方です。

水分をたくさんとって、排便がついたところで食物繊維をとるようにします。
食物繊維をとることによって便の量が増え、腸が便を外を押し出そうとするので便秘の予防になります。

美肌を遠ざける原因④冷え

冷え性に悩んでいる女性は、多いのではないでしょうか?
男性と比べて筋肉量が少ないため、もともと女性の身体は冷えすいといわれています。

冷えを放置すると、冷えることで血管が収縮し血流不良となり、代謝が落ちてさらに冷えやすくなるという悪循環に陥ります。
冷えはさまざまなことに影響を与え、女性にとって気になるダイエットや肌にも関係してくるのです。

冷えによって代謝が悪くなると、肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、肌トラブルを招きます。
また、冷えによる血流不良を改善させるため、身体は毛細血管を広げ、赤ら顔やクマの原因となることがあります。

万病の元ともいえる、冷え。
どのような対策をすればよいでしょうか。

◼︎筋肉量を増やす
女性は元々筋肉量が少ないことに加え、大人になると身体を動かすことも減り、筋肉量が減っている方も多いのではないでしょうか。
熱を産生する筋肉を増やすことで、体温を上げることができます。

◼︎食生活を改善する
スムージーや生野菜などは、身体を冷やしてしまいます。
量を控えたり、身体を温める食材である根菜や生姜などをとり入れたり、調理法を変えるなど工夫するとよいでしょう。

◼︎運動習慣をつくる
身体を動かすことで凝り固まった筋肉をほぐし、血流を改善することで冷えを撃退しましょう。
ストレッチやホットヨガなどは、美肌だけでなく肩こりなどにも効果が期待できるでしょう。

・身体を冷やさない工夫をする
寒いのを我慢して薄着をしていては冷えは悪くなる一方です。おしゃれもいいけれど、身体を冷やさないよう肌着などを調整するとよいでしょう。

・お風呂でゆっくり体温を上げる
入浴時にはシャワーで済ませるのではなく、40度くらいの湯にゆっくりと浸かり身体をじっくりと温め、体温を上げましょう。

美肌を遠ざける原因⑤顔を触る

癖で無意識に顔を触ってしまっている方、はいませんか?

顔を触ることは、肌には刺激となります。
肌はこすったりなどの刺激を受けることで、色素沈着を起こしてしまったり、皮膚が伸びることによって、シワの原因となることもあります。
普段何気なく行っている癖が肌の老化をまねいているのです……。

また、いつも洗っていたとしても、手はそれほどきれいなものではありません。
汚れた手で顔を触ることにより、ニキビや吹き出物などの原因となることもあります。

美肌を遠ざける原因⑥洗顔のしすぎ

ニキビや吹き出物ができると、皮脂のせいだと思って必死に洗顔したくなりますが、これも注意が必要です。

洗顔を行うと皮脂が取り除かれるため、肌は乾燥しやすい状態になります。
すると肌は乾燥しないように、余計に皮脂を分泌するようになるのです。
油っぽさが気になるという場合には、洗顔よりも洗顔後の保湿に注意してみるとよいでしょう。

洗顔を必要以上に行うことで、洗顔時の摩擦による刺激や洗顔後に肌が乾燥しやすくなることで、肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。
やりすぎには注意しましょう。

美肌を遠ざける原因⑦アルコールの摂りすぎ

過度の飲酒は肝臓や膵臓などの臓器を始め、肌にも影響を及ぼします。
飲酒によるダメージを受けた肌は乾燥を起こし、シワの原因となってしまうのです。

また、飲酒によって肌に炎症を起こすことがあり、長年過度の飲酒を続けることで、赤ら顔を原因となることがあるようです。

たまにはお酒を楽しむのもよいですが、飲み過ぎには注意しましょう。
また、飲酒時には脱水に注意してアルコール以外の水分を摂るようにしたり、おつまみやお酒の種類にも気を使うとよいでしょう。

美肌を遠ざける原因⑧喫煙

喫煙は身体にさまざまな影響を及ぼします。
もちろん、肌も例外ではありません。

タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素は血管を収縮し、血行不良を起こします。
血圧などに影響するほか、肌の新陳代謝を悪化させ、肌の老化の原因となります。

ニコチンや一酸化炭素以外にも、喫煙に関わる有害物質はたくさんあります。
まさに百害あって一利なしといったところでしょうか。

女性にとって喫煙は、美容面以外にもさまざまな面で悪影響を及ぼすことが知られているので、できるだけ避けたいものです。

美肌になりたいなら専門クリニックへ相談してみては?

美肌を手に入れるためには、日々の努力がもちろん大切です。
しかし、すぐにどうにかしたい!という場合には、美容医療の力をかりるという方法もあります。

◼︎湘南美容外科
CMでもお馴染みの美容クリニックで、全国的に広く展開しています。
無料カウンセリングも行っているようです。

◼︎聖心美容外科
日本では9院(札幌、大宮、熱海、大阪、福岡、東京、横浜、名古屋、広島)あり、20年以上の実績がある病院です。

このほかにも、地域ごとにさまざまな美容クリニックがあるので、気になる方は情報収集してみたり、カウンセリングを検討してみるのもひとつかもしれません。
メイクで飾るよりも、女性をずっと魅力的に見せてくれる美肌。
日々の生活に注意して、人々を魅了するきれいな肌を手に入れたいですね。

美肌 遠ざける 原因

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

結衣

小児科クリニックの看護師です。
4歳の息子と0歳の娘の二児の母で育児に奮闘中!

>もっとみる