2017年春もトレンド継続!失敗しないワントーンコーデの着こなし

Cover image: wear.jp

時短で仕上がり、オシャレ度も高い「ワントーンコーデ」。
確かに着こなしている人を見るとオシャレなのですが、いざ挑戦してみると、なんだか物寂しくて垢抜けない……なんていう失敗をした経験はありませんか?
今回は、ワントーンコーデの失敗しない着こなし方をご紹介します。

2017年春♡「ワントーンコーデ」を失敗しないポイント▶ニット×ジョーゼット

wear.jp

まだ寒い今の季節にワントーンコーデにチャレンジするのであれば、トップスとボトムスの素材感の違いを上手に利用した着こなしに仕上げましょう。

おすすめしたいのが、ニットトップスとジョーゼットスカートの組み合わせです。
寒い時期は厚手のニットの出番が多い分、素材感の違いを利用したコーディネートにチャレンジしやすいのです♡

テラコッタ寄りのオレンジカラーで上下を合わせれば、新鮮でオシャレな印象に仕上がりますよ。

2017年春♡「ワントーンコーデ」を失敗しないポイント▶サッシュベルトで締める

wear.jp

明るいグレーは、2017年春に注目を集めているカラーの一つ。
早速着こなしに取り入れたいところですが、ワントーンでまとめてしまうと、どうしても着こなし全体がぼんやりとした印象に見えてしまいがちですよね。

そんな事態を避けるためにオススメしたいのが、サッシュベルトで引き締めたスタイリングです。

グレーに対する締めるカラーとして最適な、ブラックのサッシュベルト!ブラックを選べば、統一感があり、ベルトだけ浮いて見えてしまう心配もありませんよ。

2017年春♡「ワントーンコーデ」を失敗しないポイント▶ベージュのアウターをアクセントにする

wear.jp

アイボリーカラーのワントーンコーデは、一番難易度が高いと同時に、一番オシャレに見える着こなしです♡

2017年春を迎えるにあたり、アイボリーカラーのワントーンコーデにチャレンジしてみたいところですよね。

今の時期に取り入れるのであれば、ベージュのアウターを羽織ってアクセントにする着こなしがオススメです。
アイボリーとベージュは相性がよいので、ワントーンで組んだ着こなしの邪魔をせず、オシャレに着こなすことができますよ。

2017年春♡「ワントーンコーデ」を失敗しないポイント▶ブラウンを効果的に取り入れる

wear.jp

こちらも、オシャレ度の高いアイボリーカラーのワントーンコーデです。

ベルトやシューズ、帽子などの小物に、ブラウンカラーを用いると、効果的にアクセントにすることができます。

さりげなく、そして馴染みが良いのに着こなしにメリハリがつく!
そんな理想のワントーンコーデを完成させてくれるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

2017年春♡「ワントーンコーデ」を失敗しないポイント▶柄で明るさをプラス

wear.jp

ブラックでまとめたワントーンコーデは、どうしてもモードな印象になりすぎてしまったり、暗い印象に見えてしまいがち。

しかしそんなブラックコーデにも柄を差すことで、明るくそして女の子らしい印象に仕上げることができるのです♡

思い切って、ワンピースを花柄にしてみましょう。
すると、他のアイテムをカジュアルにまとめても、女子力の高さをキープすることができますよ。

2017年春♡「ワントーンコーデ」を失敗しないポイント▶ヒールでアクセントをプラスする

wear.jp

グレージュとベージュを使ったワントーンコーデは、大人っぽくそして上品な着こなしを作り上げてくれます。

「どうしても着こなしがのっぺりと見えてしまいそうで心配……。」という人は、足元にヒールを合わせてアクセントにしてみましょう♡

グレージュとベージュのワントーンコーデの際には、足元をスニーカーなどのカジュアルアイテムで仕上げるのではなく、ヒールを選ぶだけで、グンとセクシーさもアップしますよ。
いかがでしたか?
「今までは抵抗があってチャレンジできなかった」という人も、今回ご紹介した着こなし方を参考に、ぜひこの春ワントーンコーデを取り入れた着こなしを楽しんでみてくださいね♡

【関連記事】今年はちょっと大人化計画!イメチェンできるアイテム6つ♡

2017年も始まって、今年こそはファッションをちょっぴり大人っぽくしたい!という方もいるの...

2017年春 ワントーンコーデ ポイント 着こなし コーディネート ニット スカート アウター

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

夢咲 姫花

ブログ♡ http://ameblo.jp/le-secre-de/
インスタグラム♡ @eriusa0325 https://instagram.com/eri…

>もっとみる