テンプレート謝罪はNG!上手な謝り方をマスターして愛され女子に♡

LIFESTYLE

仕事、恋愛、友達関係……人とのお付き合いがある以上、感謝するシーンと同じくらい、「ごめんなさい」と謝らなければならないシーンもあります。
謝り方の基本は、しっかりと気持ちを込めることですが、上手にできないとあらぬ誤解を招いたり、人間関係が悪化することも……。
謝らなければならない事態を避けるのが大原則ですが、いざというときに備えて、上手な謝り方をマスターしておきましょう♪

上手な謝り方ができれば恋も仕事もうまくいく!

彼との喧嘩でついつい怒りすぎてしまって、謝り方がわからないまま破局を迎えたり、仕事先で上司に怒られ、謝ったつもりが真意が伝わらず評価がダウンしてしまったり……。

謝り方がスマートじゃなかったせいで、人間関係がギクシャクしてしまっていませんか?

仕事でも恋愛でも人とお付き合いする以上、謝らなければならないシーンは意外とたくさんあるもの。

でも、そんなときに素直な気持ちで謝ることができれば、相手だって「仕方ないな」と許してくれるもの。
逆にきちんと謝っているつもりでも、真意が伝わらないと、不誠実や頑固者というマイナスイメージが相手に植え付けられてしまうこともあるんです!

上手な謝り方のポイント①相手の立場に立つ

まず相手に謝る際に覚えておきたいのが、相手がどんな気持ちでいるかということ。
相手がどうして怒っているのか、自分がやってしまった失態が相手にどんな迷惑をかけたのかをきちんと意識しましょう。

なんとなく謝るだけでは、「謝れば済むと思っているんだろ!」と逆に怒りをかってしまいかねません。
相手の立場に立ち、相手の気持ちを考えることを忘れないようにしましょう。

上手な謝り方のポイント②できれば対面で謝ること!

気まずい相手ほど、メールや電話で済ませたくなるのはわかります。
しかし、謝るときほど、きちんと相手の目を見て対面で謝らないと、不誠実にうつってしまいます。

会ってもらえない、距離が遠くてなかなか会いに行けないなど、よっぽどの理由がない限り、できれば謝る際には相手のもとに出向いた方がいいでしょう。

上手な謝り方のポイント③お客様やクライアントへの謝罪は手土産も添えて

仕事でお客様やクライアントの怒りをかってしまったとき、手土産を持っていくことは必須です。
もちろん、これはプライベートでも言えること。

彼との喧嘩を謝るときには手料理を用意してみたり、友達との約束をすっぽかしてしまったら、次に会うときにはちょっとしたプチプレゼントを用意しておいたり……。

細やかな心遣いは、相手にあなたの謝意を伝える一つのツールとなりますよ。

上手な謝り方のポイント④相手の話はしっかり聞く

相手からいろいろと不平不満やどれだけ怒っているのかなど、話をされることもあるでしょう。

適当に受け流したり、話を中断したりせず、きちんと相手の話を聞きましょう。

しっかりと話を聞いてくれれば、相手もあなたが反省していると感じてくれるはずです。

簡単なように思えるかもしれませんが、実は褒めたり感謝の言葉を伝えたりする以上に、謝ることはとても難しいこと。
上手な謝り方を知ったからといって、テンプレートのように謝るのではなく、きちんと気持ちを込めることが一番大切なこと。
しっかりと謝り、よい人間関係が築けるように、誠意を尽くしましょう。