今年は夏バテしたくない!『夏バテ対策』をして夏をenjoy☆

LIFESTYLE

夏も近付き夏というと『夏バテ』…
私も毎年早い段階で夏バテしてしまいますが、今年は夏バテしないで夏を楽しみたい!
ここでは、夏バテ対策をまとめます。
暑くなると、対策を知るのも面倒になるので、まだ少し涼しい内に夏バテ対策を知ってください☆

楠原諒子
楠原諒子
2015.05.06

【夏バテ対策①】 早寝早起き

まずは、早寝早起きも大切です。
睡眠を十分にとることは大切な夏バテ対策。
なるべく早く布団に入って、睡眠時間を確保!

また、早寝早起きは朝食へ影響もあります。
ギリギリまで寝て、朝食を食べないなんてことになると、体調不良にもなってしまうこともあります。夏の規則正しい生活には早寝早起きは大切です。

今の内に、睡眠のリズムも作っておきたいですね!

【夏バテ対策②】 冷たいものの取りすぎに注意

夏は冷たいものを取って体を冷やしたい!
夏の冷たいものは救世主!ですが…冷たいものの取りすぎには注意。

冷たいものを取りすぎると、胃腸の機能が落ちて食欲が無くなったり、体温調整に関わる自律神経が乱れてしまいます。

冷たいものを飲み過ぎて、疲れやだるさを感じたことありませんか?
夏の冷たいものは、程々にして下さい!

【夏バテ対策③】 軽い運動で身体づくり

夏バテ対策には、やはり軽い運動も大切。
軽い運動ならストレス発散にも繋がり、心身がスッキリします♪

軽い運動なら、有酸素運動がおすすめです。
ウォーキングやジョギングなどが、手軽に始められます。
日常の生活に取り入れることも可能。
移動を徒歩に変えてみたり、エレベーターを階段に変えてみたり…。

また、暑くなってきたら熱中症に注意!無理はしないで下さい。

【夏バテ対策④】 羽織もので体温調整

冷房の温度を調整するのも大切です。
しかし、学校、オフィス、お店、電車…公共機関の冷房はどうにもなりません。
特に電車の寒さに、夏は悩む人も多いですよね。

夏は、羽織りものは必ず一枚持ち歩いて欲しいです。

面倒だからと、寒くても半袖のままで過ごしている人も多いですよね。
エアコンにより、自律神経の乱れ、胃腸の機能の不調…などが起こってしまいますよ!

以上、夏バテ対策でした。
もちろん、栄養のある食事や水分補給なども大切です。
夏バテ対策をして、今年の夏は夏バテしないで夏を楽しんでください♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。