わかっているけどやっぱりショック!生理前の体重増加の原因や対策

女性にとってダイエットは永遠のテーマ……。
多くの女性がキレイになるために日々ダイエットを頑張っています!
しかし、そんな頑張る女性を悩ますのが生理前の体重増加。
生理前になると体重が増えるとよく聞きますが、それでもショックは大きいですよね。

そこで今回は、「なぜ生理前になると体重が増加しまうのか」「何か対策方法はないのか」をご紹介いたします。

生理前の体重増加はやっぱりショック!

生理前の体重増加は、多くの女性の悩みの種になっています。
ダイエットが順調であっても生理前になるとなぜか一気に体重が増えてしまい、「せっかくダイエットを頑張っていたのに……」とモチベーションは下がってしまいますよね。

体重増加には個人差がありますが、大体1kg~3kgくらいの増加が多いようで、通常は生理が終わると元に戻るといわれています。
しかし、“生理が終われば元に戻る”という安心感から欲望のままに食べてしまうとそのまま脂肪として蓄積されてしまうので注意が必要です!

「じゃあどうすればいいの?」と思うことは当然。
まずは体重増加の原因を詳しく知り、生理後に太らないための対策を取り入れていきましょう。

生理前の体重増加の原因①食欲の増加

多くの女性が生理前になると感じ出すことが「食欲の増加」です。
これは、生理前に分泌量がピークになるプロゲステロン(黄体ホルモン)が関係しているといわれています。

このプロゲステロンが多量に分泌されている時期になると、血糖値をコントロールしているインスリンが普段より多く分泌されます。
すると血糖値が上下し、結果的に過剰な食欲に繋がってしまうようです。

生理前だけでなく、生理中も「まだ食べ足りない」「甘いものが食べたい」など、普段はできている食欲のコントロールが難しくなりがちです。
先ほどもお話したように、食欲に任せて食べ過ぎてしまうと、戻る体重も戻りにくくなってしまうので気をつけましょう。
後ほど食生活での対策もご紹介いたします。

生理前の体重増加の原因②栄養や水分を溜め込む

生理前の体重増加の原因として、一番に挙げられることが「栄養や水分を溜め込むようになる」ということです。
生理前になると顔や足がむくんでいるように感じている女性も多いのではないでしょうか。

生理の周期と体内の水分量を調べた研究結果によると、生理の初日が水分保持量のピークになり、卵胞期の半ばがもっとも低いことが明らかになっているようです。
この原因も生理前に分泌量がピークになるプロゲステロンが関係してきます。

プロゲステロンには、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くする原料となる栄養や水分を体内に蓄えようとする働きがあります。
そのため、むくみをともなって体重増加に繋がると考えられています。

生理前の体重増加の原因③腸の働きが弱まる

生理前になると、「腸の働きが弱くなる」ということも知られていますよね。
プロゲステロンは過剰に分泌されると腸内運動にも影響を及ぼしてしまうので、腸の働きを弱めてしまうようです。

普段は何の問題もなくても、ガスが溜まったりお腹が膨らんだりと不快感を感じる女性も多いのではないでしょうか。
さらに生理前は便秘になりやすくなるので「何だか体調が優れない」「モヤモヤする」と悩んでいる女性も多いようです。
また、この腸の働きの弱まりは、先ほどご紹介した“水分を溜め込む原因”に繋がるともいわれています。
そして腸内環境が悪くなることで、体重増加だけではなく、肌荒れやニキビなどの肌トラブルも招きやすくなるので、何らかの対策が必要であるといえます。

生理前の体重増加の原因④マグネシウムの不足

生理前の体重増加の原因としてあまり注目されていませんが、実は「マグネシウムの不足」も関係しています。
生理前に収縮し始めた子宮の筋肉を緩めるためにマグネシウムが多く使われているので、生理前になると体内のマグネシウム量が低下してしまうのです。

マグネシウムにはインスリンの分泌を抑制する働きがあることをご存知でしたか?
そのマグネシウムが不足することで血糖値のコントロールが不安定になってしまい、結果的に過剰な食欲に繋がってしまいます。

さらに、マグネシウム不足は細胞への水分の取り込みを促すため、体内の水分量の増加の原因にも繋がってしまうようです。
ある程度のマグネシウムが体内にあることは、とても大切なことであることが分かります。

<生理前の体重増加の対策方法>①満腹感を得られる食生活を心がける

生理前の体重増加を上手にコントロールしていくために、食べる順番や満腹感を得られる食生活を意識してみましょう。
食事をする際は、食物繊維が豊富に含まれている野菜や豆類、海藻類から食べるようにしてみてください。
食物繊維は満腹感を与えるだけでなく、腸内環境の改善にも役立ってくれるので生理前の食べすぎを防ぎながら、腸の働きも整えてくれますよ。

そして玄米、ナッツ類、大豆製品、海藻類などは満腹感を得ることができるだけでなく、マグネシウムが多く含まれているので、生理前のマグネシウム不足の解消にも役立ってくれます。
1日3食、栄養バランスがとれた食生活を前提に、これらの食材を積極的に食べることがおすすめです。

また、チョコレートに含まれているカカオには、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防止し、空腹感を抑える効果が期待できます。
ただし、カカオ分が70%以上の高カカオチョコレートを選ぶことと、1日50gを目安に食べることを意識して、糖分の摂りすぎ、食べすぎには気をつける必要があります。

<生理前の体重増加の対策方法>②アルコールやカフェインなどを控える

体内の水分量の増加による体重増加対策法としては、塩分を控えることが大切です。
「水分が原因なら水分補給を控えればいいのでは?」と思ってしまいますが、水分不足では熱中症などになってしまうこともあるので注意が必要です!

また、飲む水の量を減らしても、体の水分保持を止めることはできないそうなので、水分補給は今まで通り行っていってください。
ただし、むくみに繋がるアルコールやカフェインは控えたほうがよさそうです。

また冷水も体を冷やしてしまい、生理痛がひどくなったり生理周期が乱れたりと他の原因に繋がってしまうので、なるべく常温水や白湯を飲むことがおすすめですよ。

<生理前の体重増加の対策方法>③適度な運動を心がける

生理前になると身体がダルく感じ、睡魔もやってくるので、体を動かすことが嫌になりますよね。
しかし思い切って体を動かしてみると、何もしないよりかダルさや重苦しさを緩和させることができますよ。

また、気分転換になるので生理前のイライラを抑えることができ、ストレスを解消することもできますよ♪

外の空気を吸いながら行うウォーキングでもいいですし、家でできるヨガやストレッチ、体操などでも構いません。
太りにくくなることはもちろん、便秘解消にも役立ってくれるので、生理前の体重増加対策のために適度な運動を心がけてみてください。

生理前の体重増加の時期はダイエットを休憩しよう♪

体重増加が始まるのは個人差がありますが一般的には“生理が始まる5日~1週間前頃”からといわれています。
ですので、この時期になったら一度ダイエットを休憩し、体重維持ができるように食生活などを気をつけていかなければなりません。

反対に、生理が終わってから排卵までの約1週間はエストロゲンの分泌量が増加する時期であるとともに、脂肪の代謝も盛んになる時期です。
このことから、ダイエットは生理終了後に再開するのがおすすめです。

ただし無理な食事制限や、いきなり激しい運動をすることはNG。
急激なダイエットは健康的ではないですし、リバウンドしやすくなるといわれていますので、生理周期に合わせて無理のない範囲内で健康的なダイエットに取り組んでいくといいですよ。
生理前の体重増加の原因や、対策方法についてご紹介させていただきました。
許容範囲内であれば生理が終わる頃には戻っていきますので、多少の体重増加を気にすることはありません。
しかし、食べ過ぎは元の体重に戻すことができなくなってしまうので、ご紹介した対策を取り入れて、生理前や生理中の体重と上手に付き合っていきましょう!

【関連記事】無理なく続けられるNEATダイエットって?気になるやり方6つ

女性にとってダイエットは永遠のテーマといえます。そのダイエットを成功させるためには、食...

生理前 体重 増加 原因 対策 ショック

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる