将来を考えている子必見!公務員の資格を取得する方法

公務員のイメージといえば「安定している」「信頼性がある」といったように、将来のことを考えて公務員を目指す人も少なくはありません。
そこで、公務員の資格を取得する為には、どうしたらいいのかをご説明しましょう!

公務員の資格を取得するために知っておきたいこと①公務員の種類を知ろう

www.planpass.co.jp

公務員と言っても、その種類の幅は広いです。

大きく分けてしまうと【国家公務員】と【地方公務員】に分けられます。公務員の種類によって資格試験内容が異なり、国家公務員Ⅰ種は、その中でも最も難易度が高く、資格を取得するのが難しいと言われています!

自衛隊や保育士、皇宮護衛官など様々な職種がありますので、まずは、どんな職種があり、自分は何をしたいのかが分からないことには、受ける試験も定まりません。

公務員の資格を取得するために知っておきたいこと②主要科目は?

公務員の種類によって、資格試験内容は異なりますが、その中にも主要科目というのが5つあります。

この科目は、どの試験でも少なくとも5問程度は出される、言わば必須科目とも言えます!

その5つの科目は「憲法」「行政法」「民法」「ミクロ経済学」「マクロ経済学」です。経済学が苦手な方、法律が苦手な方、たくさんいるかもしれませんが、この主要科目は諦めずに取り組まないと、公務員の資格を取得する道は、更に険しいものになるでしょう。

公務員の資格を取得するために知っておきたいこと③勉強の優先順位を決めよう

papimami.jp

公務員試験は難易度は高く、問題数も多いですが、総合得点方式で試験の合否が決まる、というのがポイントになります。

公務員試験の合格ラインは、60%の割合で正解すればいいとされています。全てを正解しなければならない、という概念がある方は、それを一旦忘れて下さい!

配点比率の高い科目や、他の科目と内容がかぶっている科目を優先的に勉強していくことが、公務員の資格を取得する近道となっていきます。
「数的処理」「文章理解」「社会科学」「憲法」「民法」「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「行政法」が配点比率の高い科目になっています!

公務員の資格を取得するために知っておきたいこと④勉強時間はどうしたらいいの?

一日中勉強すれば受かるというわけではないのが、公務員の資格試験というものです。
平均的に公務員試験に合格した人は、【1日7時間】を【1~2年間】行っていたそうです!

これは、専門試験が課せられる場合の勉強時間ですので、基礎能力試験のみの場合は、もう少し少ない勉強時間になるかもしれません。
そして、この勉強時間は、本腰で勉強しなければ意味のない7時間になります。

しかし、寝る間を惜しんでまで勉強するのは、身体にとっても負担になりますし、覚えも悪くなります。
自分の体調に合わせて調整していくことが、公務員の資格を取得するためのポイントと言えそうです!
公務員という職種は、ただでさえ人気が高いのに、景気が悪くなればなるほど安定を求めるので、さらに人気が高まり、狭き門がもっと狭くなってしまいます。
その狭き門の資格を取得するには、効率のいい勉強を毎日こつこつと行っていくことが、とても重要なのです!

公務員 資格 取得 ライフ 仕事

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山本 香奈

>もっとみる