突然のケガや病気……。長引く入院には「傷病手当金制度」が◎

「病気やケガで長期入院することになった」「退院はできても自宅療養が必要で会社を休まなければならなくなった」など突然やってくる緊急事態は、傷病手当金制度を使いましょう。
今回は、傷病手当金制度についてご紹介します。

傷病手当金制度とは

傷病手当金制度とは、会社の健康保険に加入している人が、病気やケガのために仕事を休んで、収入が少なくなったときに受けられるという制度です。
残念ながら、国民健康保険にはこの制度はありません。

傷病手当金を受け取る条件は、次の4つです。

①仕事以外の理由の病気やケガ
病気やケガで出社できない場合を健康保険が保障してくれます。
なお、仕事中の病気やケガの場合は、労災保険から支給を受けます。

②仕事を休んでいる
通院しながら出社している場合は受けられません。

③3日連続して休み、4日目以降も休んだ日がある
3日連続して休むことを待機完成といい、この期間は傷病手当金が支給されません。
4日目以降の休んだ日が対象となります。
この3日間は、有給休暇を使って休んだ日や土日など会社が休みの日も含まれます。

④給与の支払いがない
給与が全くなくなった場合でなくても、金額が一定以上少なくなれば、差額が支給されます。

傷病手当金は、いくら、いつまで支給される?

傷病手当金は、次のように計算します。

1日分の金額:支給開始日以前の12ヶ月間の標準報酬月額の平均÷30×3分の2
だいたい、給与の3分の2とみていいでしょう。

例えば、給与21万円で休み始めたら給与が支払われなくなった場合、傷病手当金は月14万円です。

また、傷病手当金の支給は支給開始から最長1年6ヶ月と決まっています。
休む期間が長引いても、この期間は延長されませんので注意しましょう。

傷病手当金を受けている間に退職した場合は、仕事ができない状態が続いていれば、支給開始から1年6ヶ月までは傷病手当金は受けられます。

傷病手当金はどうやって請求する?

傷病手当金は、あなたが加入している健康保険制度に請求します。
会社の証明と病院の証明が必要です。

協会けんぽ(全国健康保険協会)の場合は支部、健康保険組合の場合は組合に請求します。
自分が加入している制度は、健康保険証に記載がありますので、確認してみましょう。

足りないことを考えて普段から貯蓄の習慣を

傷病手当金は、1年6ヶ月の間、給与の3分の2を保障する制度です。
治療中は治療費もかかりますし、その後の生活の心配もあるでしょう。

そういうときのために、普段から貯蓄の習慣をつけ、生活防衛費として生活費の1年6ヶ月分ほどは出しやすい普通預金や定期預金に置いておくと安心ですよ!
普段から健康に気をつけてはいても、病気やケガは不意にやってくるものです。
もしものときに使える健康保険の傷病手当金制度のことを覚えておきましょう。
また、それだけでなく、普段から貯蓄の習慣をつけましょう!

【関連記事】賢く生きよう!急な病気やケガの時に活用したい、高額療養費とは

毎日健康に気をつけてはいても、病気やケガは不意におそってくるものです。治療に時間がかか...

入院 ケガ 健康保険

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山田 容子

山田 容子(やまだ ようこ)
兵庫県川西市在住。

【肩書】
オフィス・ラ…

>もっとみる