祝3,000安打!「イチロー哲学」から学ぶ、夢を叶える行動力とは

LIFESTYLE

先日、日本が世界に誇る野球選手「イチロー」さんが3,000本安打を達成しましたね♪
イチローさんは超がつくほどの努力家で有名。
野球選手として大成功を収めたイチローさんの考え方は、私たちにも生かせるものがたくさんあります!
そこで今回は、「イチロー哲学」と題して、イチローさんの生き方についてフォーカスします♡

「イチロー哲学」から学ぶ夢を叶える行動力①ヤジを動力に変える

周りからの応援があって今の姿があるかと思いきや、イチローさんは周りから笑われることが多かったのだそう。

イチローさんが子供の頃、毎日野球の練習をしているとご近所さんから「あいつ、プロ野球選手にでもなるつもり?」とヤジを飛ばされていました。

アメリカに行く時もイチローさんが、アメリカでも首位打者になりたいと言うと周りは笑ったそうです。

しかし彼は、両方を達成しました。イチローさんにはヤジを動力に変える力があるのです。笑われて、ヤジを飛ばされて、できないと言われても、一つ一つクリアしていく達成感を彼は知っていたのではないでしょうか。

周りにやめておきなよと言われてやめていたら、始まろうとしていることも始まらなくなってしまいますよね。

「イチロー哲学」から学ぶ夢を叶える行動力②結果も大事、過程も大事

イチローさんは打率よりも安打数を大事にしています。打率は変動するものだけれど、安打数は日々の積み重ねとなり、絶対減らないものだからです。

安打数と常に向き合うことで、常に上を見て結果にコミットしているようです。しかし、イチローさんは結果もその過程も重要視しているんだとか。

安打数が積み重なるということは、それだけ過程を積んでいるし経験もあるし、当然結果も付いてくる。すべてを大切にしているからこそ3,000本安打を達成できたのです!

「イチロー哲学」から学ぶ夢を叶える行動力③準備は言い訳を排除すること

イチローさんは、「ようするに“準備”というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく、ということですね」と言っています。

言い訳ばかりをしている人は準備をしていない、逆に堂々としている人はそれだけの自信をつける努力を重ねているということ。

準備は勝つためのものでもなく、強くなるためのものでもない。弱点を克服するためのものでもない。すべては言い訳をしている自分と会わないためのものだったんです。

「イチロー哲学」から学ぶ夢を叶える行動力④徹底的に継続する

イチローさんはかなりの努力家であることも知られています。
毎日のルーティンを欠かさずし、努力を苦とも思わず一心に野球と向き合っている姿が素敵ですよね!

「特別なことをするために特別なことをするのではない、特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする」

天才とよく言われるイチローさんですが、自分のことを天才とは思わないんだそうです。努力をしない天才などおらず、ルーティンを普段通りこなし続け、努力を重ねているからこそ「天才」は生まれるんだという考え方。

私たちもまだまだやれるはず!
イチロー哲学から学んでいきましょう♪

「イチロー哲学」いかがでしたか?
イチローさんは数多くの名言を生み出しています。どれも謙虚で見習いたくなる言葉ばかり。
ぜひ調べてみてくださいね♡