突然彼女から音信不通にされてしまうのはなぜ?4つの理由

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第146弾】

2人の関係になんの問題もないと思っていたのに、突然彼女さんから音信不通にされてしまう。そんな経験ってありませんか?
今日はいきなり彼女さんから音信不通にされてしまった!そんな時、女心はどんな状態なのか、解説していきます。

嫌がることをしているのに態度が改善されない

落ち込む女性

彼に対する不満が爆発すると連絡を取りたくなくなってしまうという意見がありました。おそらく彼氏さんは彼女さんが不満をためこんでいたことを気づいていないか、重要視していません。でも、彼女さんは、「あなたに〇〇をされるのはもう嫌だから」などと必死になって伝えたりしているはずなんですけどね(^_^;) その声を、無視していませんか?ヒステリー女っぽくて面倒だなと思っていませんか??

女性の感情が荒れたり泣いたりするのって危ないサインなんですよ。そのサインをすこし越えてしまうと、「もう言っても無駄なんだ」と自暴自棄になってしまい、音信不通になるような、そんな感じですね!

彼女さんからしたら、愛よりストレスのほうが、上回ってしまったのです。

共感力や気遣い力は訓練すれば、高められます。これを機にレベルアップしたら女性とのコミュニケーションが得意になっていきそうですね〜。

彼よりもっと夢中になれるものが見つかってしまった

パソコンをいじる女性

2つ目は、まわりに流されることなく自分を持っている、芯のある女性に起こりやすい理由です。単刀直入に言うと、生活のなかでの、彼氏さんの優先順位が下がってしまったのです。音信不通になったら真っ先に浮かんでくるのが「まさか、他に男ができたんじゃないか?」というような事柄だと思うのですが、男性だけとは限りません。

自分を持っている女性は魅力的なぶん、マイペースに生き生きとしています。仕事や勉強や趣味に没頭してそっちの世界がおもしろくなってしまった可能性も考えられますよね~。

そのパターンの対処法は、一度忘れて、自分のやるべき仕事に没頭してください。目の前の仕事を楽しんでみてください。私生活が楽しくなってきた数ヶ月後、爽やかなテンションで「元気?」ってLINEするのがおすすめ。

一度、マインドセットをし直すのです。

生涯のパートナーにはならない人だと悟った

イチャつくカップル

女性は子供を産む年齢や結婚を現実的につよく意識しているため、好きな人ができるたびに、彼は私との将来を真剣に考えてくれる相手かな?と深く考えています。

女性側に2〜3年のうちに結婚したいビジョンがあるとするのなら、そうなるように、相手を慎重に選んで、間に合わせなければいけませんからね〜。

率直な言い方をすると、パートナーになりそうな男性だけ残してあとは切るという「男の断捨離」を行なっていかなければいけません。ですから、結婚願望がつよい女性と音信不通になったのなら、残念ながら、断捨離されたと考えるのが妥当です。涙

ちなみに逆パターンもあります。男性側が今すぐ結婚したいモードで、女性側が、結婚はまだいいかなと思っていたら、2人のタイミングが噛み合っていませんよね。

「これ以上、彼に期待させるのは悪いなぁ。連絡するのはもうやめよう。」そのような判断に至るのかなと思います。

遊ばれてると誤解して去っていった

景色を眺める女性

女性の恋愛相談に乗っていると、きっと彼の認識のなかでは付き合っている彼女と思われている関係だとしても、不安や心配性の女性は「私は遊ばれてるんじゃないか」と1人で苦しんで自滅して彼のもとを去っていくパターンが結構あるんだなと感じます。

このような女性は、もしかしたら深層心理では、幸せになるのが怖いと思っていて、幸せになれる現実を避けているのかもしれません。

ほかには、「彼が好きだと言ってくれないんです。私のことは遊びなんでしょうか?」そのような相談まであります。好きと口に出して言ってくれること「だけ」が本気の愛情だとつよく信じてしまっているようです。

つまり、「本気で愛されるってこんな感じだよね」という、偏った理想像を信じてしまっているのが原因です。

それに当てはまらないと、遊び目的で私に近寄ってきているんだと見えてしまい、不安と恐怖に押しつぶされそうになってもう諦めようと自己判断をして音信不通になるのです。
イチャつくカップル

どうしたらいいでしょうか?

一番の無難な対策は「好き」と言うことです。好きだと言える男性はなかなか多くないと思います。が、「おはよう」と同じ感覚で言えるようになれば、女性の心はつなぎとめやすくなります。この方法のいいところは、「言えばいいだけ」なのです。言っただけで関係が修復され、女性ウケは良くなります。ぜひ、割り切って言ってみてください\(^o^)/
↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】モテ続けるアラサー女とモテなくなるアラサー女の決定的な違い

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第49弾】 先日、「現実の伝道師だね」とある方にあだ名を...


【関連記事】「上位5%のいい男」の本命彼女に選ばれる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第40弾】 今回は、頭が良くてルックスも良くて稼ぎもいい...


【関連記事】26歳女子がすべき「方向転換」とは?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第51弾】 26歳といえば女の転換期に入りはじめたぐらいか...


【関連記事】 「また会いたい!」と思われる女性になるための信頼関係の作り方 4つ

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第45弾】 今回は、一度きりの出会いを次に繋がるチャンス...


【関連記事】飛び抜けて綺麗なオトナ女子が「透明感を保つためにやっていること♡」

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第53弾】 「透明感があるよね!」という言葉は最高の褒め...


【関連記事】高収入の彼に振られない女になる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第57弾】 「高収入の彼に愛される女」になるためには「高...


【関連記事】彼とセックスレスにならずに長続きさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第26弾】 彼との関係が長く続いてくると「家族」のような...


【関連記事】もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルー...


【関連記事】カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読む...


【関連記事】いい男にどうしても欲しいと思わせる!魔性の女テク3つ♡

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第30弾】 「いい女」の定義は曖昧なところがありますが「...


【関連記事】絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産...


【関連記事】忙しい彼に会いたがられる女性は何をしているのか?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第33弾】 女性たちが女を磨くのは大好きな彼にもっと愛さ...

恋愛

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

斎藤美海

斎藤美海(さいとう みうな)

恋愛することで美しいオトナ女性になれるコラムを執筆してい…

>もっとみる