小顔効果も♡「下まぶたメイク」を極めて愛されアイをGET!

BEAUTY

アイメイクと聞くとアイシャドウをまぶたにのせるメイクを連想すると思いますが、下まぶたまでしっかりメイクできていますか?
実はアイメイクの完成度を上げるには下まぶたメイクはとっても重要!
今回は驚くほど目力がアップする下まぶたメイク術をご紹介します。

下まぶたメイクのメリット

アイメイクは上まぶただけなんてもったいない!
下まぶたメイクこそが、その目力を強調してくれるポイントなんですよ。

下まぶたはまつ毛で陰になり、くすみがちだったり、クマやくすみが目立ってしまったりするパーツ。

そこで下まぶたメイクをしっかり行うことで、それらの目元悩みを自然にカバーできます。

また下まぶたに明るいカラーのアイシャドウを入れれば、光を反射させて瞳を大きく見せてくれる効果も♪

同時に瞳を綺麗に見せてくれるので、透明感溢れる目元を演出してくれます。

さらに、下まぶたメイクと同時に下まつ毛もしっかりとメイクすることで目元を強調。
上まつ毛と下まつ毛をマスカラで強調することで、目力をアップさせてくれます。

このように、下まぶたにメイクをすることで顔の面積に対して、目の面積が大きくなるので小顔に見せてくれる効果も期待できるんです♡

下まぶメイクにはメリットがたくさんあることが分かりましたね。

でも下まぶたってどうやってメイクしたら良いのでしょうか?
ここからはタイプ別にみる下まぶたメイク術をチェックして♪

下まぶたメイク術①コンシーラーでくすみ隠し

最初にご紹介する下まぶたメイク術は、コンシーラーでくすみ隠しする方法です。

コンシーラーでチョイスするのは柔らかめのテクスチャーの物。

そのコンシーラーを目元につけ、指で馴染ませれば目元のくすみを綺麗にカバーしてくれますよ。

おすすめはペンタイプかリキッドタイプ。
これらは細かい部分にも使用することができるので、目の周りのくすみにピンポイントに働きかけてくれます。

さらにパール入りのコンシーラーを下まぶたにプラスすれば、光の反射で瞳を綺麗にみせてくれる効果も♪

光の反射を味方につければ肌全体に透明感が出るので、ぜひ取り入れてみましょう。

下まぶたメイク術②パールシャドウで瞳を大きく

次にご紹介する下まぶたメイク術は瞳を大きく見せる方法です。

瞳を大きく、そして美しく見せてくれる効果が期待できるのがパール。

下まぶたにアイシャドウを入れる際はパールの入っているものをチョイスするだけで光を反射させ瞳が大きく見え、美しい目元を演出してくれます。

潤んだような女性らしい目元を表現したいなら、パール入りのピンクかパープルのアイシャドウをチョイス。チップに色をのせて目尻から黒目の真ん中あたりまでカラーを入れることで、透明感のある澄んだ目元を演出してくれます。

またこのような明るいカラーのアイシャドウを使うと、目元のくすみも飛ばしてくれる効果も期待できます。

次に、優し気な愛されアイを演出したいなら、パール入りブラウンをチョイス。

下まぶたの目尻を中心にブラウンのアイシャドウでタレ目を意識してカラーを入れると、可愛いらしく親しみのある表情を演出してくれます。
キツイ目元でお悩みの女性も、このタレ目を意識した愛されアイならチャーミングで親しみやすい目元に仕上げることができますよ。

下まぶたメイク術③グラデーションでデカ目効果

次にご紹介する下まぶたメイク術は目を大きく見せる方法です。

目元を大きく見せたいなら、下まぶたにグラデーションカラーをオン。

下まぶたにもグラデーションでアイシャドウをのせることで、目元の面積が広くなりデカ目効果が期待できるうえに、小顔に見せてくれる効果も♪

下まぶたのグラデーションののせ方はこちら!
1.笑顔を作った時に、下まぶたの膨らむ部分全体に明るいカラーをのせます。
2.濃いカラーのアイシャドウをチップにとり、下まぶたの目元に沿ってアイラインを引くように色をのせます。
3.ホワイト系のシャドウを目頭に入れれば完成!

ホワイト系のアイシャドウは光を集めて、より魅力的な目元を演出してくれますが色を入れ過ぎると、ギャルのようになってしまう可能性もあるので注意しましょう。

下まぶたにのせるアイシャドウは、上まぶたに使用したものと同系色のカラーを使用するのがマスト。

明るいカラーを使えば可愛らしい印象に、落ち着いたカラーを使えば大人っぽい印象に仕上がるのでお気に入りのカラーを探してみましょう。

下まぶたメイク術④涙袋メイクで愛されアイ

次にご紹介する下まぶたメイク術は、涙袋が可愛い愛されアイの作り方です。

人によって、涙袋のサイズは様々。 しかし涙袋が小さい……とお悩みの方も実はメイクで作ることが可能なんです!

涙袋が下まぶたにあるだけで立体的な目元に仕上がり、潤んだような愛されアイに仕上がりますよね。
それでは涙袋の作り方を見ていきましょう。

1.ホワイト系のアイシャドウで下まぶたの目元のラインを引きます。
目の下5㎜くらいを目安に、ちょっと太めにラインを入れてOKです。
2.本来涙袋が最も厚みの出る部分にペンシルで影を描きます。この時、茶系のペンシルを使用して薄く細くを意識すると自然に仕上がりますよ。
3.目尻部分にホワイトシャドウをもう1度重ねたら完成。

下まぶたをキラキラと輝かせることで、涙袋を大きく見せ目元を強調させることができますよ。涙袋メイクを取り入れる際アイシャドウはブラウンやゴールドをチョイスするとより自然に仕上がるのでおすすめです。

下まぶたメイク術⑤下まつ毛メイクでパッチリ目

最後にご紹介する下まぶたメイクは、下まつ毛についてです。

下まぶたメイクをバッチリ仕上げたら、下まつ毛にもしっかりとマスカラを塗りましょう。

下まつ毛にマスカラを塗る事で、瞳が強調され少女のような愛らしい目元を演出し、目を大きく見せてくれる効果が期待できます。

下まつ毛にマスカラを塗る時は1本1本丁寧に塗るよう心がけましょう。

ダマになったりまつ毛がくっついたりしてしまわないように、マスカラは細めのブラシの物をチョイス。さらにブラシを縦にして使うと、塗りやすいですよ♪

下まつ毛は根元から毛先まで、マスカラを軽く当てて丁寧な塗り方を心がけます。
マスカラの塗り過ぎは派手メイクになってしまう可能性があるので、注意しましょう。

下まつ毛メイクの注意点

下まぶたメイクをする時は、あまり派手になり過ぎないように注意が必要です。

派手すぎる下まぶたメイクでは下まぶただけが悪目立ちして、頑張り過ぎた残念アイになってしまうことも。

せっかくメリットいっぱいの下まぶたメイクなので、全体のバランスを考えるようにしましょう。

また、下まぶたメイクをした際には化粧崩れにも注意しましょう。

下まぶたは瞬きや目をこすったりする影響で化粧崩れしやすく、目元がくすんでしまいがち。
下まぶたメイクをオンしたら、いつも以上に化粧崩れにも注意を払うようにしましょう♪

目元の印象が大きく変わる下まぶたメイクをご紹介しました。
下まぶたメイクを取り入れるだけで大きな愛されアイを演出でき、小顔効果も期待できるなんて嬉しいですね!
下まぶたメイクを上手に取り入れて美しい瞳の魅力を引き出しつつ、自分に合ったアイメイクを楽しみましょう。