一度見直したい!iPhoneのバッテリーを長持ちさせるテク4つ♪

LIFESTYLE

使っているとすぐにバッテリーが消耗しちゃう!そんな方も少なくないのでは??
iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法はいくつかありますが、今回は見落としがちな4つをご紹介します。

<iPhoneのバッテリーを長持ちさせるテク①>使わない位置情報サービスをオフにする

引用:faq.mb.softbank.jp

iPhoneでマップなどを使用する時に、現在地を特定したりするときに役に立つ「位置情報サービス」がありますよね!

とても便利ですが、アプリの中には勝手に位置情報サービスを使用してしまうものもあります。
全てをオフにしなくても、使わないと思ったものはバッテリーを長持ちさせるために、アプリごとにオフにしておきましょう♪

よく分からない場合もオフにしておいて、アプリを使ったときに必要だと思ったらオンにすれば大丈夫です。

〔設定方法〕
設定 → プライバシー → 位置情報サービス

<iPhoneのバッテリーを長持ちさせるテク②>「視差効果を減らす」をオフにする

引用:iphone.ascii.jp

iPhoneのホーム画面でアイコンをタッチしたり、アプリからホーム画面に戻る際に、アイコンがズームされたように開いたり、逆に戻るようにホーム画面が表示されるようなアニメーションがあります。

また、画面に奥行きをもたせるように、iPhoneを上下左右に傾けると微妙にホーム画面のアイコンの配置などが変わります。

「視差効果を減らす」をオンとオフの状態でアイコンをタッチしてみれば分かると思いますが、この効果はあってもなくてもどちらでも……という方もたくさんいると思います。

そんな方はオフにしてみましょう!これだけでもバッテリーを長持ちさせることができるのです。

〔設定方法〕
設定 → 一般 → アクセシビリティ → 視差効果を減らす

<iPhoneのバッテリーを長持ちさせるテク③>アプリのバックグラウンド更新をオフにする

引用:andropp.jp

「Appのバックグラウンド更新」の設定をオンにしておくと、iPhoneのアプリは使用していないときでも起動中であれば、バックグラウンドで最新状態に更新され続けるので、バッテリーは消耗してしまいます。

アプリごとに一つずつ設定できるため、常に更新する必要のないアプリのバックグラウンド更新はオフにしてバッテリーを長持ちさせちゃいましょう!

〔設定方法〕
設定 → 一般 → Appのバックグラウンド更新

<iPhoneのバッテリーを長持ちさせるテク④>通知センターに表示されるのは必要なものだけにする

引用:www.appbank.net

iPhoneの画面をつけたりすると、メールやアプリの通知がたまっていることはありませんか?
実はこの通知の種類を絞るだけでも、バッテリーが長持ちします♩

メールやLINEの通知など、すぐに知りたい通知だけオンにして、その他のアプリなどの通知はオフにしましょう!

バッテリーが長持ちするだけでなく、iPhoneの画面がついたときに通知がたまって、知りたい通知が見づらい……なんてこともなくなりますね♩

〔設定方法〕
設定 → 通知

いかがだったでしょうか?iPhoneで写真を撮ろうと思ったらバッテリーが切れちゃった!!なんてことも、無駄な設定をオフにすることで回避できますよ♪

素敵な恋はコチラから♡