デリケートな問題がいっぱい!女性特有の悩みとは

デリケートな問題がいっぱい!女性特有の悩みとは

BEAUTY

妊娠や出産など、女性は男性には経験できないことが経験できたり、楽しいこともたくさんあります!しかしその反面、悩みだっていっぱいありますよね……。
特に、デリケートな部分に関しては、友達にも親にも相談しづらいことも多いでしょう。
そこで今回は、女性にあるあるなデリケートな悩みについてみていきましょう♪

女性は楽しいけれど、悩みも多いことも現実。

女性は男性に比べて楽しいことがたくさん!
妊娠や出産、おしゃれの幅だって広い!女子会でワイワイ騒げちゃうのも、女ならでは♪

ですが!
その分、実は見えない部分で悩むことも多いのが現実です……。

特に生理や妊娠に出産、デリケートゾーンの悩みは身近な人にも相談しづらいため、一人で悩んでしまうことも。
みんなでいろいろな悩みをシェアできれば、うれしいですよね!

そこで、女性にあるあるのデリケートな問題についてご紹介していきます。
原因や改善方法についても、触れていきます。

女性特有の悩み①生理痛

あなたは生理痛に悩んでいますか?
全く痛みがない人もいれば、起きているのもままならないくらい重いという人もいますよね。

生理痛がひどい人にとって、毎月くるあの痛みにイライラしたり、生理がくると思うだけでもストレスを感じてしまうのではないでしょうか。

生理痛は、男性にはもちろん、同じ女性にも分かってもらえないこともしばしば。
その違いは一体、何なのでしょうか?

生理痛の原因には様々な問題がありますが、主な原因は以下の3つです。

・不健康な生活習慣とストレス
・子宮収縮が強い
・子宮の入口が狭い

現代では女性の社会進出がすすみ、仕事に忙殺されている方も多いでしょう。
残業や職場の人間関係ではストレスを感じやすいですし、それが生理痛につながってしまうことも。

これらのストレスをなくすことは難しいですが、自分の時間を持ったりするだけでも気持ちが楽になることも!

また、食生活も関係しています。
栄養価の高いものをとり、身体を冷やさないことが大切です。
温かい食事を中心に、野菜や魚を積極的にとり入れていきましょう♪

女性特有の悩み②デリケートゾーンの臭い

次にご紹介するのが、デリケートゾーンの臭いについてです。

これは自身では気づきにくいものの、パートナーのいる方にはエチケットとしてケアしていきたいデリケートなお悩みかと思います。

デリケートゾーンの臭いの原因は、主に菌です。
おりものや生理による臭いもありますが、菌が繁殖して臭いにつながっていることがほとんど。

ちょっと臭いが気になるくらいなら、病院に行く必要はありませんが、
お風呂に入った際にはきちんと石鹸を使って、指で優しく汚れをこすり落としていきましょう。

特に溝部分には菌が繁殖しやすく、カスなども付着しやすい部分です。
これらの菌やカスはささっと洗うだけではダメです!

汚れが残るとそれが嫌な臭いに繋がるので、まずは徹底して汚れを落とすこと。
使用する洗剤は低刺激石鹸などがおすすめです♪

女性特有の悩み③妊娠・出産・授乳に伴う問題

3つめにご紹介するのが、妊娠・出産・授乳に伴う問題です。

妊娠と出産を経験すると、妊娠線が気になる人が多いようです。
妊娠線は子供を授かった証でもありますが、残ったままでは女性として少し気になりますよね……。

妊娠線は急激に皮膚が伸びることで引き起こされますが、クリームやオイルを使ってケアしていくことで、予防できるといわれています。
産後に妊娠線が残ってしまわないように、しっかりケアしましょう♪

妊娠や出産を機に体質が変わってしまったり、食べ物の嗜好が変わることも少なくありません。
妊娠を機に身体の変化が起きてしまうのは仕方のないことなので、あまり思い悩まないことが大切です。

また、授乳時にはしこりができてしまったり、女性の身体に最も変化が起きやすい時期ともいわれています。
しこりは、母乳が詰まってできてしまうことも多いので、搾乳を頻繁におこなうなど、心がけてみると良いでしょう。

女性特有の悩み④更年期障害

40代後半くらいからは、更年期に悩む女性も多くいます。
更年期障害は、ホルモンの分泌が減り、生理不順や閉経間近の40代後半〜50代の女性に良くみられます。

ホルモンバランスの乱れが密接に関係しており、自律神経が乱れることで更年期障害につながってしまうのだとか。
更年期障害の特徴は、身体がカァっと熱くなったり、めまいや頭痛などがおこったり。

更年期障害を上手く乗り切るためには、食生活と適度な運動が大切です。
普段きちんと食事をとっているつもりでも、バランス良く栄養がとれていないことは良くあります。

食事はビタミンやミネラルをしっかりと摂取できる献立を意識し、適度に運動をとり入れ、代謝をあげることも大切♪

どれだけ予防をしていてもなってしまうこともあるので、どういうふうに上手に更年期障害と付き合っていくのかを考えることが大切です。

女性特有の悩み⑤不妊に伴う問題

子供が欲しくても不妊で悩んでいる方もいます。

最近では不妊治療を受ける女性も多くなりましたが、費用もかかるしと不妊治療に踏み切れない女性も多いのではないでしょうか。

今まで色々試してみたけど妊娠ができない……。
時間が経つにつれ焦りも募り、一人で思い悩むことも多いですよね。

もちろん健康に気をつかうことも大切ですが、不妊のときこそ旦那さんと相談して、手立てを考えていくことが大切です。

一人で思い悩んでしまうと、自己嫌悪に陥ってしまいす。
ですが、妊娠は一人でできるものでもありません。
パートナーがいてのことなので、2人でよく考えて行動していく必要があります。

不妊治療をしていく中で自然妊娠に成功した人もいますし、体外受精で妊娠に成功した人もいます。

できるだけポジティブに、前向きに進んでいこうと思う気持ちと、パートナーと不妊について考える時間を持つことが大切です。

女性特有の悩み⑥性生活

次にご紹介する女性の悩みは、性生活についてです。

女性は男性のように、自分でじっくり性器を観察することがないですし、男性のように友達と話題になることも少ないでしょう。

女性の性の悩みで多いのは、色やかゆみ、ゆるみなどです。

ゆるみは筋肉量や、ホルモンバランスに関係していることが多いとわれており、まずは食生活を改善して、ホルモンバランスを整えていくことが大切です。

かゆみは、普段使っているナプキンの通気性が悪かったり、蒸れてしまったりすることが原因となっている可能性があります。
ナプキンをこまめに変えるなど、清潔な状態を保てるようにしましょう♪
また、病気の場合もあるので、気になる方はお医者さんに診てもらいましょう。

女性特有の悩み⑦むくみ

女性の悩みで多いのが、むくみ。
むくみはダイエットの大敵ともいえますし、女性であれば一度は悩んだことがある症状ではないでしょうか?

特に顔や足は浮腫が出やすいですよね……。
むくみの原因は水分過多であったり、塩分のとりすぎ、老廃物の蓄積などがあげられます。

特にむくみには血行やリンパが関わっているので、むくみを解消するためには、まず血行を良くし、リンパの流れを促すことが大切!

特にハードな運動は必要なく、マッサージにストレッチを取り入れていきましょう!
女性であればヨガなどもむくみ解消には効果的です♪

女性特有の悩み⑧肌荒れ・くすみ・しわ

加齢とともに増えていくのが、肌荒れやくすみ、シワです。

ニキビは、生活習慣と食生活が密接に関係しています。
栄養の偏りがはっきりあらわれるのが顔なので、できるだけ栄養バランスの良い食生活を意識していくことが大切です!

普段の食事で補うのが難しい場合には、サプリメントなどを有効活用しましょう。
オメガ3など、摂取しにくいものもサプリメントなら手軽にとり入れられますよ♪

そしてシワやたるみ対策には、表情筋のトレーニングもおすすめ!
年齢とともに筋力は下がっていきます……。
小顔効果もあるので、表情筋トレーニングはぜひ取り入れていきましょう!

女性特有の悩みを抱えているなら専門クリニックへ相談を

どうしても早急に悩みを解決したい場合や、より深刻な悩みがある場合には、直接病院に相談するのも良いでしょう!

産婦人科や美容整形外科など、女性の悩みを扱っている病院は多くあるので、そういったクリニックや病院を探すのも一つの手段です。

参考となる病院やクリニックをご紹介します。

◼︎田中ウィメンズクリニック
世田谷区にある田中ウィメンズクリニックでは、無痛分娩をおこなうことができます。
「感動的な生命の誕生を、より安全に」のコンセプトのもと、開院約43年という歴史と、13000人以上の赤ちゃんの出産を成功させた実績があります。

◼︎東京マザーズクリニック
世田谷区にある東京マザーズクリニックは、胎児診断・無痛分娩を専門とした産院です。
経験豊富な医師と専門性の高い最新医療と助産師スタッフによる充実した妊娠・産後ケアを提供しています。

◼︎東京美容外科
東京を中心に、全国で美容整形の提携クリニックを展開しえいます。
美容整形などで相談したい場合には、ぜひ相談してみてくださいね。

デリケートな悩みといえど、それぞれで悩みは変わりますから、あなたの合った病院やクリニックを探すようにしてくださいね♪

今回は、さまざまな悩みについてご紹介してきました!
妊娠や出産など、男性では経験できないことを経験できるのが女性ですが、その分悩みもたくさんありますね。
できるだけひとりで思い悩まずに、相談したり調べたりして解決していくことが大切です。
女性特有の悩みと上手に付き合いながら、毎日を楽しく過ごしていきましょう♪