「約束」は取り付けちゃダメ!恋人に束縛されないための方法って?

LOVE

束縛をするのもされるのも嫌いなサバサバ系女子は、恋愛で面倒だと思うことが多いですよね。
自分も相手も嫌な気分にならないように、恋人に束縛されない方法を紹介していきます。

恋人に束縛されない方法①相手の嫌なポイントを知る

束縛されないための一番のコツは、相手の嫌なポイントを知ること。
束縛は相手に対する不安の表れ。束縛をする男性は、考え過ぎてしまうことが多いようです。

束縛されたと感じたら、相手が何に対して不安を持っているのかをしっかりと聞きましょう。そうすれば、相手が嫌がることをしないように気を付けることができますよね。

自分のやりたいことを理由もなく制限されると束縛された気分になりますが、お互い話し合って理解できれば、克服できるかもしれません。

恋人に束縛されない方法②聞かれる前にあらかじめ予定を言う

恋人に毎日予定を聞かれると、少し嫌な気分になりますよね。
そういった時は、把握しておいてほしい予定だけ、あらかじめ自分から言っておくようにしましょう。

相手が何をしているか知りたいということは、それだけ自分のことを考えてくれているということです。
相手が自分の予定を聞いてきたら、嫌な顔をせず、相手の予定も必ず聞くようにしましょう♪

恋人に束縛されない方法③飲み会に行く頻度を減らす

飲み会は帰りが夜遅く、お酒が入っていたりと、彼にとっては不安な要素がたくさん。
ついつい心配してしまう人も多いのではないでしょうか。

トラブルの原因となりうる飲み会に不用意に行きすぎずに、本当に行きたい時だけ行くようにしましょう♪
自分の意志で決めることで、束縛ではなくなります。

恋人に束縛されない方法④SNSを更新しない

束縛彼氏はSNSをすみずみまでよくチェックするため、SNSが原因でもめることも多々あるようです。

ケンカの原因となりうるようなSNSは控えて、そもそも、束縛される元をつくらないようにしましょう。

また、束縛をする理由として「嫉妬心」があります。
特定の男友達とばかりやりとりしていると嫉妬されてしまうかもしれないので、気を付けましょう。

相手に束縛されないための方法⑤約束はしない

いつ守れなくなるかわからない約束はしないこと。

束縛をする人は約束を取り付けようとしがちです。でもそれでは、守れなかった時に毎回ケンカになってしまいますよね。

そういう時は、無理に約束をして解決するのではなく、自分の意志をきちんと伝えることが必要です。
約束がいらないくらいの信頼関係を築きましょう。

全て相手の言うとおりにしていては束縛されたままです。
自分の意志をしっかり伝えて、相手と向き合うことで、束縛されなくなるでしょう。