ちゃんとケアしなきゃ危険?カラコンによる充血の原因と対策方法とは

BEAUTY

いまや女性にとって、ファッションの一部になりつつあるカラコン。
気分やその日の予定に合わせて、つけるカラコンを選ぶ人も多いのでは?
さらに、価格もリーズナブルなものが多く、また、通販や雑貨店ても購入できるため、女性にとって身近なアイテムのひとつになりましたよね。

しかし、カラコンが原因で、知らず知らずのうちに目を傷つけていることも……。
今回は、カラコンにる目の充血の原因と予防策についてご紹介します♪

逸井飛香
逸井飛香
2016.11.10

うさぎ目に彼もビックリ……!カラコンをつけていたら赤い目に。これって充血?

久しぶりの彼とのデート♡
カラコンを入れて、メイクもばっちりきめたのに、彼に「疲れてる?」「昨日夜遅かった?」なんて聞かれた経験はありませんか?

そう……。
目が真っ赤に充血しているのです!

カラコンによる目の充血には、いくつか原因が考えられるそう。

たとえば、コンタクトの装着に慣れていないことも、そのひとつに数えられるんだとか。
異物に瞳が驚いて、充血してしまうんですね。

また、酸素不足も考えられます。
酸素が足りなくなると、血液をより多く必要とするため、瞳は赤く見えてしまうんだとか。

他にも、カラコンによる目の充血には様々な要因があるようです。
赤く充血したままの目を放っておくと、今度は感染症にかかってしまったり、深刻な目の病気になったりといったことも可能性としてあるのです。

そこで、カラコンによる目の充血の原因と改善法をご紹介してきます。

カラコンによる目の充血の原因①:カラコンの初心者さん

カラコンによる目の充血の原因の1つに、「慣れ」が関係していると考えられます。

カラコンを初めて使う人は、目がレンズに慣れていないため、異物と思って目が過敏に反応してしまうのです。
目は多くの神経が集まっていて、とても敏感なんです。

厚い皮膚に覆われているわけでもなく、まぶたで覆われているだけなので、繊細なんですね。
まつげがゴミが入るのを防いだり、涙がゴミを流し出したりして、守られているんです。

カラコンの初心者さんは、自身の自己防衛反応によって、カラコンに対して目が過度な反応をするんだそう。
つまり、目にゴミが入ったと思い、神経が反応して、血液が目に溜まってくるんだとか。
そうすることで、目が赤くなってしまうんですね。

一般的に、炎症などがなければ、涙や目薬によって充血は改善されるでしょう。
しかし、カラコン初心者さんなら、長時間装着することを避け、数時間ずつ使用して、目を慣らしてあげたほうがいいようです。

カラコンによる目の充血の原因②:酸素不足

2つ目の原因として、「酸素不足」があります。

目の黒目の部分は、毛細血管はなく、外界から直接酸素を吸い込んで呼吸をしている状態なんだそう。

一方、白目は毛細血管が張り巡らされています。
充血は、この血管に血液が大量に送り込まれることにより起こるんだとか。

カラコンのレンズが酸素をよく通す機能があったとしても、裸眼の状態に比べると、どうして酸素の量は少なくなってしまいがち。
カラコンを長時間装着したり、乾燥したままにすると、黒目は酸素を求めて白目にある毛細血管から血液を大量に送り込もうとするんだそうです。
これが、充血の原因になっているといわれています。

できればすぐにレンズを外したりして、目を休めるようにしてくださいね♪

カラコンによる目の充血の原因③:水分不足

3つ目の原因として、「水分不足」も考えられます。

コンタクトを装着していると、涙腺からの涙の量が減ったり、あるいは瞬きが自然と少なくなって、乾燥を引き起こすようです。

冬場に乾燥したオフィスで、ポロッとレンズが外れてしまった!なんて経験をしたことはありませんか?
目が乾燥すると、カラコンのレンズが硬くなり、眼球を傷つける原因になってしまうこともあるようです。

さらに涙が少ない状態で、砂ぼこりなどが目に入ったりすると、刺激をより強く感じることも……。痛みを覚え、そして悪化すると、炎症を起こすこともあるんだとか。

また、カラコンをしたまま寝てしまうと、ますます乾燥してしまいます。
就寝時は必ずカラコンを外すようにいうのは、そのためですね。

万が一乾いてしまったら、無理にコンタクトをはがさずに、目薬をさして水分を与えましょう。
そして、しばらくはコンタクトを外し、目を安静にしてください。
そうすれば、充血を抑えられる可能性があります。
でも経過を必ずチェックしてくださいね。
充血が気になるなら、眼科へ行くことが最善です。

カラコンによる目の充血の原因④:レンズの汚れ

4つ目の原因は、「レンズの汚れ」です。

ワンデータイプの場合は使用後は捨ててしまうので、汚れの心配は少ないですが、マンスリーなど長期にわたって同じレンズを使用する場合はケアが必要であるといわれています。

タンパク質やホコリなどの汚れを使用後に丁寧に洗い流さないと、保存ケースの中で細菌が繁殖してしまうんだとか……!

細菌がついたカラコンのレンズを目に装着すると、かゆみや赤みの発症要因になってしまうことがあるんです。
もし、眼球に傷がついていたら、さらに炎症を起こしてしまうことも……!

カラコンのレンズは、目にとって悪く言えば“不自然な異物”なんだそう。
そのため、ケアを徹底し、常に清潔に保って使用することが大切なのです!

カラコンによる目の充血の原因⑤:長時間の装着

5つ目の原因は、「長時間の装着」です。

カラコンを使っていると、だんだん目が疲れてきたり、しょぼしょぼと目が乾いてきたりしませんか?
気づいたときには、目が真っ赤!なんてこともありますよね。

これは、長時間の装着が原因だそう。
カラコンを長時間つけると、想像以上の負担を目にかけているようなんです。

外出先でカラコンを外せない時は、目薬を常備し、目に潤いを与えることを心がけてみてください。

あまりに充血しているようでしたら、外出先でも外せるように、ケースやメガネを持ち歩くことも緊急時の対処としては必要かもしれません。
携帯用の可愛いケースが販売されているので、チェックしみてくださいね。

ちなみに、“長時間”の長さは、体質によって異なります。
自分の目の様子を見ながら使用するといいですね。

カラコンによる目の充血の改善方法①:レンズはすぐ外す!

もし気をつけていても、カラコンによる目の充血が起こってしまったら、どうしたらいいのでしょうか……。

最も手っ取り早い改善法は、思い切ってレンズを外すことです!

目にレンズが入っている以上、どうしても目に負担がかかってしまうもの。
目が赤いなと感じたら、外せる環境であれば、できる限り早くカラコンを取って、目を休ませてあげることが大切ですね。

カラコンを外した状態でしばらく目を休めれば、充血が治ることもあるようですよ。

一日中カラコンをつけている人は、家に帰ってきたらまず、レンズをはずしてあげてください。あまりに長時間装着するのは、酸素や水分不足になり、充血を促進してしまいます。

目安は一日12時間ほどですが、前述した通り個人差もありますので、目の様子を適宜チェックしてくださいね♪

カラコンによる目の充血の改善方法②:目薬を使う

目の充血を改善させるためには、やっぱり目薬が欠かせないでしょう。

色んな種類の目薬がありますが、特におすすめなのは、防腐剤の入っていないものです。

防腐剤の入った目薬を常用し続けると、角膜に影響を及ぼすこともあるんだとか。
特に、カラコンなどのレンズをつけている場合は、その防腐剤成分がレンズに吸い込まれてしまうこともあるんだとか……。

薬剤師さんなどに尋ねて、防腐剤の入っていない目薬を選ぶようにしてみてください。

また、目薬には花粉症などのアレルギー、眼精疲労、抗菌用などと様々です。
カラコンを装着している場合は、コンタクト専用を選び、乾燥を防ぐものなのか、ビタミンを補充するものなのかをよく見てから選びましょう。

レンズを外した後は、結膜炎や炎症を抑える薬用目薬の使用も検討してみてみるといいでしょう。

いつ、どのような目薬を使うべきなのかは、症状によっても様々です。
薬局で薬剤師さんに相談するか、充血がひどければ医師に相談して、自分に合う目薬を処方してもらいましょう!

カラコンによる目の充血の改善方法③:レンズを洗う

カラコンによる目の充血には、様々な原因があるでしょう。

いずれにしても、レンズを清潔に保つことが大切です。

ワンデータイプの場合は、使用後はそのまま捨てることができますが、2ウィーク以上の場合は保存液で保管が必要になってきますね。
なるべく汚れを軽減させるためには、正しいレンズケアが大切です。

洗い方を簡単にご紹介します。
まず、レンズを取り外して、1枚を手のひらに置きましょう。
使用期間によってはレンズが薄いものもあるので、優しく丁寧に扱ってくださいね♪

次に、そのレンズに専用の洗浄液を垂らし、優しくこすり洗いをします。
片面20回ほど、指の腹で軽くマッサージするようにこするといいんだそう。
爪を立てないように気をつけましょうね。

こうしたレンズケアを使用後は必ず行うといいですね。
細菌は一晩で繁殖してしまうので、サボらずしっかりとケアをすることが、充血改善の近道かもしれません。

カラコンによる目の充血の改善方法④:眼科へ行く

目の充血や、ゴロゴロとした違和感、かゆみや痛みを伴うなどの症状がひかない場合は、迷わずに眼科へ行きましょう。

目が疲れていたり、眼病を発症したりしていると、涙や目やにが多く出てくることがあるんです。
これが目の疲れのシグナルと思ってください。
そのまま放置したり、我慢してはいけませんよ。

眼科では、眼圧や目の奥の水晶体までチェックしてくれることもあります。
白く濁っていることがあれば、治療が必要になることもあるでしょう。

年齢とともに目も老化していくものなので、白内障や緑内障を発症する確率を高めることもあるんだそう。
放っておくと失明してしまうこともあるので、自己判断は避けましょうね。

市販の目薬などを使ってもどうしても改善が見られない場合は、必ず医師に相談してください!
目は自分で思っているよりも、繊細ですよ♪

いまやファッションの一部となりつつあるカラコンですが、おしゃれのためと思って目を酷使していませんか?
カラコンは手軽に雰囲気や印象を変えられるので、とても便利なアイテムではあります。
でも、目に負担がかかっているものなんです。

しっかりケアをし、充血やかゆみに気付いたら、早急な対応をしましょうね。
健康で美しい瞳をいつまでも保つために、日頃から気をつけてみてください♪

[aftag]14[/aftag]

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。