ブルドッグ顔なんてイヤ!顔のたるみの原因と改善法

ブルドッグ顔なんてイヤ!顔のたるみの原因と改善法

BEAUTY

年を重ねるにつれて、だんだんと気になってくるのが顔のたるみ。
以前は何もしなくてもハリがあったお肌も、知らず知らずのうちにまるでブルドッグのような顔に……!
顔のたるみは何が原因で起こってしまうのでしょうか?
今回は、そんな顔のたるみの原因と改善法をご紹介します。

年を重ねるにつれてできる「たるみ」

化粧を外した姿をふと鏡で見てみると、なんだか一気に老け込んだ気がする。
そんな経験をしたことはありませんか?

実はコレ、顔のたるみが原因かもしれません。

若い頃は吹き出物やにきびで悩んでいた方も多いかと思いますが、なんと20代を過ぎた頃から、顔のたるみが始まるといわれています。
きちんとケアをしていないと、10代や20代でも老け込んだ顔に見られてしまうことがあります。

・顔が大きくなった
・ほうれい線のラインが目立つようになった
・下まぶたのクマが濃くなった
・口角が下がった気がする
・フェイスラインがぼやけてきた

心あたりはありませんか?
ギクっとした方は、顔がたるみ始めているサインかも……!

すでにたるんでしまってお悩みの方も、今ならまだ間に合います!
顔のたるみの原因とお手入れの方法をきちんと知って、たるみ改善やたるみ知らずのお肌を目指していきましょう。

顔のたるみの原因①紫外線

顔のたるみの一つ目の原因は、紫外線です。
日焼け止めを塗るのは、単に色が黒くなるのを抑えるためだけではないのです。

紫外線と顔のたるみは、あまり関係ないようなイメージがありますが、一体どうして紫外線がたるみを引き起こしてしまうのでしょうか?
その原因は、紫外線を浴びることで体内で作り出される、活性酸素だといわれています。

活性酸素は、老化の原因の一つとしても知られていて、お肌のハリや弾力を保っていたコラーゲンを破壊してしまうのです。
さらに、この活性酸素がお肌の細胞の膜を作っている脂質と合わさると、過酸化脂質というものが作り出されます。
この過酸化脂質は、細胞組織に悪影響を及ぼし、肌を傷つけてしまいます。

お肌のハリや弾力を保っているコラーゲンやエラスチンが、この活性酸素と過酸化脂質によって力を失っていき、肌がどんどんたるんでいってしまうというわけです。

顔のたるみの原因②表情筋の衰え

顔のたるみの2つ目の原因に、表情筋の衰えがあります。
私たちの体の筋肉は使っていないと、どんどんと細く薄くなっていきます。
普段、顔の筋肉を意識することあまりはないですが、顔には50種類もの筋肉があるのだそう。

特に表情筋は、顔にある皮下脂肪を支えている重要な筋肉。
この表情筋が緩んでしまうと、支えられていた皮下脂肪が一気に下がり、たるんでしまう原因に。

さらに、筋肉が衰えてしまうことで、脂肪も付きやすくなってしまいます!

顔のたるみの原因③猫背

実は、猫背も顔のたるみを作ってしまう原因の一つとして知られています。
猫背はなかなか自分では気づけませんが、気になる方は全身鏡などで自分の日頃の姿勢をチェックしてみてください。
しかし一体なぜ、猫背が顔のたるみの原因になるのでしょうか?

それは、顔の表情筋と背中の僧帽筋(そうぼうきん)が繋がっているからです。
僧帽筋は、後頭部から顔を引っ張り上げる働きをしているのです。

猫背の姿勢でいると、背中の僧帽筋がどんどんと衰えてしまいます。
僧帽筋が衰えてしまうと、顔を引っ張り上げてくれている力も弱まり、顔が下にたるんでしまうというわけです。
さらに、僧帽筋が衰えると、つながっている顔の表情筋の動きも邪魔してしまうこととなり、表情筋が衰える原因にもなってしまいます。

つまり、猫背は顔を引っ張り上げている僧帽筋、顔の皮下脂肪を支えている表情筋の両方に悪影響を及ぼしてしまうのです。

顔のたるみの原因④乾燥

また、肌の乾燥もたるみの原因の一つといわれています。
肌が乾燥しているということは、肌の内側の水分が失われている状態です。

肌の水分が不足してしまうと、ハリと弾力があるお肌を保つのに必要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸がうまく働かなくなってしまいます。
ハリを支える力が弱くなり、どんどんと肌がたるんでいってしまうというわけです。

また、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が不足すると、肌の新陳代謝が悪くなってしまいます。
紫外線の影響を受けやすい肌になったり、乾燥しやすくなったりとさらなるたるみの原因を生み出してしまうのです。

洗顔後は、化粧水や乳液のケアを怠らないようにしましょう!

顔のたるみの改善法①トレーニング

顔のたるみを解消する方法の一つとして、顔筋肉トレーニングがあります。
トレーニングという言葉に抵抗がある方もいるかもしれませんが、顔の筋肉は体の筋肉に比べて薄く細いため、毎日の簡単なトレーニングを続けるだけで、効果が出やすいといわれています。

◼︎顔筋肉トレーニング
・顔全体をぎゅっと真ん中に集め5秒間キープし、ゆっくりと力を抜く
・目を閉じでぎゅっと力を入れ5秒間キープし、目を大きく見開き眉毛を上に持ち上げる
・上を向いてあごを上げ、舌を上に向けて伸ばす
・ポリバケツと、ゆっくり大きく口を開けて動かす
・ほっぺたを大きく膨らませて5秒間キープし、頬をへこませる
・口を横に開き口角を上げて5秒間キープし、口を縦に開き5秒間キープする

これらの運動が効果的です。
10秒ほどでできる簡単なトレーニングが多いので、これなら忙しい方でも簡単に続けられそうですね。
顔の筋肉を蒸しタオルなどで温めてから行うと、さらに効果が期待できますよ。

顔のたるみの改善法②食生活の見直し

食生活の乱れも、顔のたるみの大きな原因につながります。
例えば、パンやリゾットなど柔らかいものばかりを食べていると、顔の筋肉が弱まってしまい、たるみを引き起こす原因となってしまいます。

普段、顔の筋肉を使うことがないと感じている方は、するめやガムなど顔の筋肉を使うものを間食として、とりいれてみてはいかがでしょうか。

また、炭水化物やデザート、お菓子など糖分を多く含む食事を好まれる方も、たるみの原因となるため、栄養バランスの見直しが必要です。
栄養バランスが整うことで、お肌にも栄養が行き届き、ハリや弾力を生み出してくれます。

食事の栄養バランスをきちんと考え、毎日食事をとっているという方は、食事の際に咀嚼を意識してみてください。
ゆっくりと噛んで食べる癖をつけていくようにしましょう!

顔のたるみの改善法③紫外線対策

お肌のたるみの原因の一つに、紫外線があるとご説明しました。
日頃から紫外線対策をしっかりとしておくことも、お肌のたるみの改善につながります。

紫外線は晴れて日差しの強い日だけでなく、曇りの日でも私たちのお肌に影響を与えています。
ファンデーションを塗る前に日焼け止めを塗ったり、UVカット効果のある下地を使うったり、普段のお化粧に紫外線対策を取り入れられるのもおすすめです。

また、特に夏の日差しが強い日には、日傘を使うなどしてお肌に紫外線が当たるのを防ぐようにしましょう。
紫外線は肌だけでなく、目からも吸収するため、長時間外にいる場合はサングラスなどをするのも効果的です。

日焼け止めは、お化粧と違いクレンジングの際にあまり意識することがないかもしれませんが、日焼け止めが落ちきっていないと、肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。
日焼け止めを使用する場合は、洗顔をしっかり行ってくださいね。

顔のたるみの改善法④フェイシャルエステに通う

しっかりとケアをしているけど、やっぱりたるみが気になる……。
そんな方は、エステサロンでフェイシャルエステをしてもらうのもおすすめです。

フェイシャルエステとは、顔や肌のトラブルにアプローチしてくれるエステサロンメニューのひとつ。
顔のリフトアップをはかるために顔面マッサージをしてくれたり、真皮まで栄養をたっぷりと届けられるように光を照射してくれたりと、自宅では手の届かない細かいケアを受けることができます。

もちろん継続に越したことはないですが、エステサロンに通うとなると経済的にも不安ですよね。
ですが、ワンコインから1000円ほどの格安価格で体験コースを実施しているエステサロンもあるため、一度試してみてはいかがでしょうか。

顔周りがすっきりした、次の日から化粧ノリが良くなったなど、1回の施術でも満足されている口コミも多いのだそう。

自分でのケアに限界を感じている方、結婚式や同窓会などの直前で短期間で結果を出したい方は、ぜひ検討してみてください。

顔のたるみの改善法⑤専門のクリニックに通う

自分だけのケアではなかなか解決しない方、顔のたるみをどうにかしたいと強く思う方は、美容外科・美容皮膚科などの美容専門クリニックに通うという方法もあります。
プロの意見を聞いて、少しでも悩みを軽くできたらいいですよね。
有名なクリニックとしては、下記があります。

◼︎城本クリニック
全国に27院展開し、25年の歴史を持っています
◼︎品川美容外科
厚生労働省も認可したボトックス治療が受けられます
◼︎湘南美容外科クリニック
最新の美容レーザー機器による治療が受けられます

専門クリニックに通うと、メスを入れなきゃいけないんじゃない……?とお思いの方も多いかもしれませんが、メスをいれないたるみ取りの治療も多く提供されています。

例えば、以下のようなものがあります。

・ヒアルロン酸注入
・リフトアップ
・レーザー治療

興味のある方は、是非一度クニックへ問い合わせてみてくださいね。

いかがでしたか?
今回は、年を重ねるにつれてどんどんと気になってくる、顔のたるみの4つの原因と5つの対策法について、ご紹介しました。
エステサロンや美容専門クリニックに行かなくても、日頃からケアに気をくばっているだけで、たるみを改善・防ぐことができます。
最近たるみが気になり始めた……という方は、ぜひこの記事を参考に、日頃のケアを見直してみてくださいね。