ついつい触っちゃう。《スマホ依存》から抜け出す方法

LIFESTYLE

今や周りのほとんどの人がスマートフォンの時代。
ガラケーとはまた違った、便利さ面白さでついついスマホに触ってしまいます。
ただ、”スマホ依存症”、”スマホ中毒”なんて言葉があるように、スマホの使い過ぎは問題になっています。
ここでは、私自身や周りの人に聞いた簡単なスマホ依存対策をまとめます☆

楠原諒子
楠原諒子
2015.02.22

<スマホ依存対策①> ホーム画面にアプリを置かない・アプリを入れない

まずはそもそも見るものを減らす、見にくい状態を作っておく。
ホーム画面には必要最低限のアプリを!

スマホに依存してしまう大きな原因の一つであるSNS(Twitter,Facebook等)。
SNSのアプリは特にホーム画面には置かないことをおすすめします。

また、アプリをむやみに取らない。

私は最近Twitterを始めたのですが、アプリだと非常に見やすいですし、通知も来ます。
ついつい、スマホをいじってしまうのでTwitterはアプリは入れず、ブラウザで見ています。
ブラウザで見ると少し面倒なので、あまりいじる気にもなりません!

<スマホ依存対策②> こまめにログアウト

こちらもSNSの場合。
SNSは簡単に気軽に見れてしまうのが、ついつい見てしまう原因。なのでこちらも見にくい環境を。
SNSを見たくないのについつい見てしまったり、依存していると感じる方は見終わったら思い切ってログアウト!

ログアウトをすると当たり前ですが、次見ようとするとログイン画面。
ログインをするのが面倒くさくなったり、ログイン画面のワンクッションが見るのをやめようと考え直せる時間になります。

<スマホ依存対策③> スマホを他の部屋に

今日は一日休み!家でのんびりしよう〜なんて時、
とりあえずスマホをいじってなんてしていたらあっという間に時間が経ってた。なんて経験ありませんか?

家に居る時可能な方はスマホを他の部屋に。
電話の音は聞こえるように隣の部屋に置いたり、一軒家の人は2階に置いて1階で過ごすのも◎。
2階まで取りに行くのも面倒だし、せっかくの休みなんだから映画を見たり、本を読んだり、漫画を読んだり…スマホばっかり見ていたらもったいない!

また、電源を切ってしまうのもひとつの手。
私は夜の寝る一時間前には電源は切っちゃいます!
寝る前にスマホをいじったり、連絡に縛られたりしない時間が一日に少しでもあると開放的です。

<スマホ依存対策④> スマホに費やしている時間を考える

スマホを一日3時間いじっているとして、一週間でほぼ丸一日の時間に。
一ヶ月で90時間と驚きの時間。
さらに一年で考えると…恐ろしくスマホに時間を費やしてしまっています。

むやみに触っている時間が大半なら、こんな小さな画面に縛られててはもったいない!
その時間で色んなことができるはず。
ちょっとずつでもスマホに触る時間を減らしていって、その時間でできる、趣味や習い事を見つけてみてください☆

スマホ依存対策法でした☆
どれも今日から、今から始められる簡単なことです。
スマホは賢く使えばとても便利なもの。スマホとも上手く付き合っていきましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。