意外と知らない?『美容用語』の意味を押さえてキラキラした私に♡

BEAUTY

いつもビューティーアイテムや健康食品など買うときに、必ずチェックするのはその「効果」ですよね。
でも実際難しい単語ばかりで、意味は分からない……っていう人も、いるのではないでしょうか?
今回はそんな人のために、よく聞く知っているようで知らない美容用語を紹介します♪

美容用語・単語の意味をチェック☆① 抗酸化作用

まず最初によ〜く聞くのが、「抗酸化作用」という単語。
この働きが体に良いということは知っているけれど、実際のところ抗酸化作用って何だろう……と思っている人がほとんどだと思います。

人間は酸素を吸って生きる生き物です。しかし全ての酸素がそのまま体に入ってエネルギーとなるのではなく、一部が酸素、一部が活性酸素という、酸化力のとても強い酸素に変化しています。
酸素が酸化し過ぎてしまうと、体に行き渡らないので、いくらインナービューティーを頑張ってもこの活性酸素のせいで全部水の泡……なんてことも。

そこで登場するのが抗酸化作用!これは活性酸素の活動を抑えてくれる作用です。
年齢ととも減っていく私たちの抗酸化物質ですが、食品やサプリメントから補うことによって、酸素の酸化を防いでくれます。

美容用語・単語の意味をチェック☆② アンチエイジング

そして次によく聞く単語が「アンチエイジング」。日本語でいうと抗老化です。
この単語はよく知っている人もいると思います!

アンチエイジングは二つの英単語からできています。
Anti(アンチ)とAging(エイジング)です。
アンチは抗う、エイジングは老化するということ。だからアンチエイジングには、その老化を止めるという意味があります。

実際に美容でアンチエイジングを意識するのは40代くらいからです。
最近ではいろいろな化粧品やサプリメントが、アンチエイジングのために出ていますが、一番のアンチエイジングは「眠り」です!

平均6時間以下の睡眠の人は、死亡率が高くなるという研究結果もあります。
また、眠らないと肥満率も上がり、不健康になってしまいます。
なので、一番若々しくいるために睡眠はとっても大事なんです♡

美容用語・単語の意味をチェック☆③ 肌のバリア機能回復

そして次によく聞くのが肌に関する単語。
よく「この化粧品は、肌のバリア機能を回復し……」という表示を見ませんか?
一体どういう意味なのでしょうか。

「バリア機能」とは、肌を守る機能を持っている「皮膚の角層」が働いている状態を指します。
この部分は水分が逃げるのを防いだり、外部からの菌などの混入を防いでくれます。

基本的に人は、このバリア機能の回復を自分でできるようになっています。
ですが、乾燥が激しい人や荒れがひどかったりすると、このバリア機能がうまく働きません……。

美容用語・単語の意味をチェック☆④ ターンオーバー

最後に紹介するのは「ターンオーバー」という単語。
この単語もよく聞く美容用語ですよね。

ターンオーバーは肌が生まれ変わるということ。
何層にも重なっている肌の角層が剥がれて分裂して、また新しい肌が出てくることを言います。

このターンオーバーがしっかりとできている人は、肌がとっても綺麗です。
しかし乾燥している、ニキビがある、くすみがひどい、という悩みを持っている人は、このターンオーバーがちゃんとできていない可能性が。

紫外線を浴びると、このターンオーバーはできにくくなります。
また、コットンやタオルで強くこするのもターンオーバーにとってはNGです!

知っているようで知らない美容用語を、簡単に説明してみました!
実際難しい単語もあると思うので、気になったときに自分で調べてから、化粧品を買うことをおすすめします♪