スタバを越える大人気!コーヒー界の”Apple”とも呼ばれるブルーボトルコーヒーが日本上陸!

LIFESTYLE

この秋冬ついにオープン予定のブルーボトルコーヒー。
なんとここ、アメリカではとっくにスターバックスを越える大人気の定番コーヒーショップだそうです。

創設者

クラリネット奏者だったジェームス・フリーマン(James Freeman)氏がその道を諦めた時に、彼のもう一つの情熱であるコーヒー、それも本当に美味しいコーヒーを作ろうと決心し2002年8月に自宅のガレージで始めたのがブルーボトルコーヒー。

コンセプト

ブルー・ボトル・コーヒーのコンセプトは
『個人の香りがするコーヒーチェーン』。
その為、むやみにカフェ出店の地域を拡大するのではなく、核となる焙煎所を中心に、自社のカフェと、焙煎した豆を扱うカフェやレストランのネットワークを作って、地元に根ざす強いエコシステムを作ってきました。

ついに選ばれた東京

サンフランシスコ対岸のオークランドに初の焙煎所を持ってから、ニューヨーク、ロサンゼルスと少しずつ焙煎所を増やしてきましたが、今年、第4の都市に選ばれたのが東京

GoogleやTwitterの創業者も注目

wsj.ryotarotakao.com

今回の東京上陸は、米国のブルーボトルが100%子会社を日本に設立し、清澄白河に焙煎所・カフェ・オフィスを兼ねた拠点を立てることからスタートします。
コーヒー界の”Apple”とも呼ばれているこのブルーボトルコーヒー、GoogleやTwitterの創業者も出資をするなど、今後の展開にも注目が集まることでしょう。

サンフランシスコに住む友人からも、
「もうスタバはダサいって感覚だよ!
こっちではもう断然ブルーボトル!」
と言われたほど、アメリカでは大人気どころか定番になっているブルーボトルコーヒー。
日本上陸が楽しみです♪