就活生・転職希望者必見!自分の人生を豊かにする企業選びのポイント

LIFESTYLE

就活生や転職希望者は、来年度・再来年度に向けて新たな職探しをする時期。
今まで失敗してきた方や何を基準に選べば良いか分からない方にとっては、少し憂鬱な時期なのではないでしょうか。
企業選びに失敗したくない方に向け、今回は充実した仕事・私生活を送るための企業選びのポイントをご紹介します!

就活生・転職希望者に贈る企業選びのポイント① どんな価値を社会に提供したいか考える

仕事探しをするぞ!と意気込む際、まず頭に浮かぶ条件は“収入”ではないでしょうか?
もちろん収入は、企業選びをする上でとても大切です。しかし、ここで重要なのは収入そのものではなく“何を対価に収入を得るのか”ということ!

たくさんのお金を得ないと、私生活だって充実しないじゃないか!と思うかもしれませんが、楽しくない仕事でお金を得たところで、そのストレスは私生活に必ず反映します。
自分が満足できる仕事で対価を得たほうが、人生そのものが豊かになり、更には仕事に対するモチベーションアップと共に、おのずと給料も上がると思いませんか?

自分が世の中に提供したい価値は何なのか?コンテンツ制作なのか、コンサルティングなのか、はたまた別のものなのか……。
自分の強みややりがい分析し、それを活かした仕事こそが豊かな収入につながるでしょう。

就活生・転職希望者に贈る企業選びのポイント② 他人のものさしに頼らない

「学歴を無駄にしないためにこのレベルの企業には入らないと……」
「○才には年収△△万円もらえる企業に入らないと……」
高学歴の人に多い“他人のものさし”での企業選びとは、周囲の目を気にして就職活動を行ってしまうことです。

自分のものさしとは、何を武器に働きたいか?どんな価値を提供したいか?自分ならではの働き方は?など最初にご紹介したような軸のこと。
他人の目を気にした企業選び・働き方は自分の価値観と労働環境にギャップを感じ、更には仕事のみならず私生活にもストレスを感じながら生きることになります。

学歴のための企業選びではなく、自分の人生のための企業選びということを忘れずに。
高望みをする前に、自分が充実した生活・仕事を送れそうな企業を探してみましょう。

就活生・転職希望者に贈る企業選びのポイント③ 原体験から仕事を選ぶ

「洋服が好き」「車が好き」など“好き”から仕事を選ぶ人は非常に多いです。
しかし、好きよりも深いところにある“原体験”を今一度思い返してみてはいかがでしょうか?

「自分が学習環境で苦労したから教育系の仕事に就きたい……!」
「親の体が不自由だから、同じ境遇の人たちを助けるために医療系メーカーに就きたい……!」

これらの例は、原体験に基づいた企業選びと言えます。
自分の苦労や悔しさをバネにすると、仕事にも精が出るはず。多少辛くても、やりがいを感じながら働き続けることができるのではないでしょうか。

ぜひ今までを振り返り、原体験から仕事選びができないかを考えてみてください。

就活生・転職希望者に贈る企業選びのポイント④ 自分の性格と企業の性格

「化粧品会社で働きたい!」「IT系サービスの会社で働きたい!」など、自分の好みや原体験から業界を絞ることができるはず。
業界の中から1つの企業に絞るためには、その業界における企業のポジションや性格などを調べましょう。

例えば、A社は短期的な営業成績が求められる会社だけれど、B社は時間をかけて大きな営業成績を求められる会社。
自分は論理的にじっくり説得するより愛嬌や元気が強味なので、A社のほうが活躍できそう!など。

業界内でも多種多様な性格を持った企業が存在します。自分の性格と企業の性格をすり合わせ、最も相性の良さそうな企業を見つけてください。
結婚相手や友人と同じで、自分と相性の良い会社は長く付き合うことができるでしょう。

就活生・転職希望者に贈る企業選びのポイント⑤ 自分にとって都合の良い企業を選ぶ

“自分にとって都合の良い企業”と聞いてピンと来る人はあまりいないと思います。
これは、自分のキャリアアップに役立ちそうな企業を選び、利用しようという意味です。

今の時代、転職は当たり前です。むしろ、大企業に終身雇用するという風潮は少しずつ減ってきています。
転職が当たり前になった今、社会で活躍するため求められるものは、どの企業でも通用するスキル。1つの企業で通用する力のみを身に着けるよりも、オールマイティな力を身に着けることができる会社を選び、転職やキャリアアップに活かしましょう。

就職をすることが最終的なゴールではありません。
社会に貢献できる自分を育て上げるために、良い企業を利用し経験を積みましょう。

就活生・転職希望者に贈る企業選びのポイント⑥ ライフワークバランスを考える

女性が仕事選びをする上で、出産や結婚といったライフイベントとの兼ね合いも非常に重要。
この企業に入れば安定した結婚ができそう、ここなら育休が取りやすそう、などの観点から企業選びをすることももちろん正解です。
しかし、ここでは「自分が○歳で結婚して△歳で出産したい!」というようなライフプランを自分なりに立てることをまずおすすめします!

ビジョンは必ずしも明確である必要はありません。なんとなくで良いので、人生の中のターニングポイントを決めてみてください。
分岐点を決め、結婚までに身に着けるべきものは何か、育休後スキルをどう活かしたいか、はたまた結婚はかなり先で良いのか……などを考えることで、中長期的な目標が立てられるはず。これを元に企業選びを行うことで、ライフワークバランスを上手く取ることができます。

もちろん、生活をする中でやりたいことやビジョンは大いに変わるでしょう。
その度に自分の中のライフプランを編成し直してみてください。

充実したライフワークを送るための企業選びのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ここで紹介した例は一部であり、また人それぞれ感じ方は異なると思います。
自分は人生において何を最も大切にしたいか?を今一度考え、ベストな選択をしましょう!