間違った知識かも!?痩せるor太るフルーツ

BEAUTY

果物=「ダイエット、美容、健康に良い」イメージがありますよね。
女性の体には、嬉しいことだらけの果物ですが……中には太りやすくて、食べ過ぎ注意な果物も!
太りやすい果物や、痩せやすい果物を効果別にご紹介するので、選ぶ時の参考にしてみてください☆

大川由梨
大川由梨
2016.02.22

これは痩せるor太る?太りやすい果物☆① ドライフルーツ

コンビニやスーパーマーケットで手軽に買える、ドライフルーツ。
おやつの代わりに食べている方も多いと思います。

ドライフルーツは意外と高カロリー!
生のフルーツは水分が多いため低カロリーですが、ドライフルーツは乾燥させているため、同じ100gでもカロリーが倍以上になることも。

また、生のフルーツは水分が多いので、お腹で膨れやすくなりますが、ドライフルーツは満腹感を感じにくい食べ物。食べ過ぎには要注意なんです☆

少量をしっかり噛むようにし、お腹で膨れるよう、飲み物と一緒に食べるようにしましょう♡

これは痩せるor太る?太りやすい果物☆② バナナ

バナナは栄養効果バツグン!便秘解消にもなる、お助けフルーツです♪

腹持ちも良いので、適量であればダイエットにぴったりな果物ですが、カロリーは1本90カロリーほど!
1日2本食べると、200カロリー近く摂取していることになります。
そのため、他のフルーツのように間食として食べるのは、おすすめできません。

炭水化物を食べるように主食として置き換えてみれば◎
また、スムージーにバナナを入れている方は、入れすぎに注意しましょう。
朝食に食べるとむくみも解消してくれるという、嬉しい効果が……♪

これは痩せるor太る?太りやすい果物☆③ 熱帯生まれのフルーツ

バナナの他にも、マンゴーやパイナップルなど、熱帯生まれの果物は、他の果物に比べると高カロリー!
糖分が多く含まれているため、太りやすくなる傾向にあります。

ちなみにマンゴーは100gで64カロリー、パイナップルは50カロリーほどです。
甘酸っぱくて美味しく、特に夏はついつい食べ過ぎちゃうフルーツですが、夏場は凍らせてゆっくり食べるのがおすすめですよ♡

これは痩せるor太る?太りやすい果物☆④ りんご

「りんご」は栄養満点!痩せることができるイメージがありますよね。

けれどもカロリーは1つ150カロリー前後。水分も多く、お腹も膨らみますが、いくら食べても太らない……という訳ではありません☆

りんごは特に皮に栄養がたくさん含まれています。
りんごでダイエットをしている方は、一気に食べるのではなく、皮ごと少しずつ食べると◎

これは痩せるor太る?痩せやすい果物♪① グレープフルーツ

グレープフルーツは果物の中でも低カロリーなことで有名♪
ダイエットに向いている理由はそれだけではありません!

グレープフルーツの香りは、ストレスを緩和する働きがあります。そして独特の苦味は、食欲を抑え、満腹中枢を刺激してくれる効果が!
嬉しいことだらけなんです♡

1年中、季節を問わずに食べることができるのもポイントです♪

これは痩せるor太る?痩せやすい果物♪② イチゴ

イチゴは甘みがあるため、太りやすい果物なのでは?と思うかもしれませんが、実は痩せやすい果物♡
イチゴの甘みは、天然甘味料の“キシリトール”によるもの。もちろん、虫歯予防にも効果がありますよ。

一口サイズですが、満足感がある大きさなので、食べ過ぎにならないところもダイエット向きの果物と言えます。
ビタミンCが豊富で美容効果が高いので、美肌にもなれちゃう、愛されフルーツです♪

これは痩せるor太る?痩せやすい果物♪③ キウイ

キウイは1つ食べれば、1日に必要なビタミンCを7割摂取できる優れたフルーツ♡

キウイのすごいところは、たんぱく質を分解する酵素を含んでいるところ!
そのためお肉と相性抜群♪

食べ過ぎてしまった後は、キウイを食べれば、消化吸収が良くなり、太りにくくなります♡

体の状態や、体質によって果物がもたらす効果は様々!
またスムージーの飲み過ぎが太る原因になることも……。
心当たりがある方は、ダイエットのために食べている果物を止めてみると、痩せることができるかも☆

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。