ブラジャーだけじゃない!ヒップ美しさを左右するショーツの選び方

下着を買うときは、ブラジャーとセットになっているショーツを選んでしまいがち。
ブラジャーを基準にしていることが多いと思うのですが、ショーツの選び方も重要なんです!

そこで今回は、ヒップの美しい形を左右するショーツの正しい選び方をご紹介いたします。

ブラジャー選びばかりに気を取られてない?

女性の肌に一番近い下着は、私たちの肌を守ってくれるものです。
外出するときも、寝るときも、どんなときも欠かせないアイテムですが、正しい下着選びはできていますか?

ブラジャーはバストの形を左右するものなので、重要視している女性も多いと思いますが、ショーツも同じようにヒップの形を左右します。
ブラジャーとショーツがセットで販売されていることも多く、柄を揃えたいという思いからブラジャーのサイズに合わせて購入してしまうこともありますよね。

しかし間違った選び方のまま履き続けてしまうと、せっかくの美しいヒップも台無しに!
ショーツは身だしなみだけでなく、“身体矯正の役目”もあるのです。
きつすぎるショーツの締め付けによる肌の黒ずみや、支え不足による下垂などの原因に繋がってしまうなど、あまり知られていませんが間違ったショーツには危険がいっぱい潜んでいます。
毎日履くものだからこそ、自分のヒップに合ったショーツを見つけていきましょう。

間違ったショーツによるNGな履き方をチェック

まずは自分が今、間違ったショーツ選びになっていないか、NGな履き方をチェックしてみましょう。
・ショーツが肌にくいこんで、お肉がはみ出している
・ヒップ全体や下腹が、しっかり包み込まれていない
・ショーツがぶかぶかすぎて隙間がある
・ショーツを脱ぐと、跡ができている


ひとつでも当てはまった場合は、ショーツがヒップに合っていないサインです。
きつすぎる締め付けによってウエストとヒップの間に黒い線ができてしまったり、ゆるすぎるショーツによってヒップを支えることができず下垂になったりするだけでなく、ヒップの形や下半身の体型を崩すことになります。

トップスがMサイズだけどパンツはLサイズ、トップスがLサイズでもパンツはMサイズという女性がいるように、必ずしもブラジャーとセットになっているショーツが自分に合うとは限りません。
キュッと上がったヒップラインを守るためにも、ブラジャー選びだけでなくショーツ選び方にも気をつかっていくことが大切です。

ヒップにあった正しいショーツの選び方ポイント①まずは自分のサイズを測る

バストのアンダーサイズとトップサイズを把握している女性は多いと思いますが、ヒップサイズを把握している女性は意外と少ないです。
しかし、ヒップにあった正しいショーツの選び方をするためには、自分のヒップサイズを把握しておくことが基本中の基本となります。
ですので、まずはメジャーを用意してヒップサイズを測っていきましょう。

①最初にウエストのサイズを測ります。
測る位置は、腰で一番くびれのある部分です。
一度息を吸って、吐いているときにメジャーを締め付けすぎないようにして測ることがポイント。
②次にヒップのサイズを測っていきます。
測る位置は、ヒップの一番高い部分です。
床と水平になるように測りたいので、鏡の横に立って確認しながらメジャーを巻くといいですよ!

素肌になるか、素肌に近い状態で測りましょう。
そしてどこかにメモするなどして、ショーツを選ぶときに役立ててくださいね。

ヒップにあった正しいショーツの選び方ポイント②それぞれのショーツの特性を知る

自分のヒップサイズをしることができたら、ショーツの特性を確認しながら自分の目的に合ったショーツを見つけていきましょう。
ショーツにも10種類以上種類があるので、目的に合わせた選ぎ方をすれば履き心地が一段とよくなりますよ♪

・ハイキニ……スタンダードタイプのショーツで、デザインやカラーバリエーションが豊富にあります。
・ミニ……脇丈が4㎝内外のショートで、股上の浅いボトムスにぴったりです。
・ボーイズレングス……裾がヒップの下で水平にカットされたショーツで、ヒップをすっぽり包みこんでくれます。
・サポートショーツ……フィット性に優れ、サポート機能があるショーツなので、ガードルなどの補正下着が苦手な女性におすすめ。
・サニタリー……ブルーデーも快適に過ごせるように工夫されたショーツで、履きやすいのが特徴です。
・ストリング……Tバックスタイルのショーツで、ヒップ部分を覆わないのでヒップの形をキレイに見せてくれます。

このように、ショーツ一つ一つでも役割が異なるので、自分がどの特性を求めたいのか、それに合わせて選ぶようにしてみてください。
迷ったときは、ランジェリーショップの専門の方に相談することがおすすめです。

ヒップにあった正しいショーツの選び方ポイント③その他にチェックすること

自分が求めるショーツの形が見つかったら、次に好みの素材を見つけてみましょう。
自分のヒップに合ったショーツを選ぶとともに、履き心地も大切です。
一つ一つ触って確認してみてください。

また、伸縮性などもそのときに確認することがポイントです。
同じサイズ、同じ形のショーツでも、大きさが異なる場合があります。
ですので、Mサイズでもそのショーツが小さめに感じたり、自分のヒップ全体が大きいと感じるのであれば、伸縮性があるものを選ぶことがおすすめです。

伸縮性があると、ヒップ全体を包み込んでくれるだけでなく、歩きやすさにも違いがでてきます。
ショーツはブラジャーとは違い、試着することができないと思うので、その分自分の手や目でしっかり確認することが大切ですよ。

ヒップにあった正しいショーツの選び方を覚えたら正しい履き方を身につけよう!

ショーツの選び方が分かったら、正しい履き方も身につけておきましょう。
「ただ履けばいいだけじゃないの?」とびっくりする女性も多いのですが、ショーツの履き方にもポイントがあるんですよ♪

①ショーツの両サイドを持ち、足を通してショーツをウエスト部分まで持ち上げます。
②左手でヒップの左下を固定したら、右手で左ヒップ横のお肉をショーツの中におさめます。
③そして、左ヒップ下からお尻を持ち上げてショーツの中におさめます。
このとき、下からヒップを思いっきり持ち上げるといいですよ。
④右側も同じように行ってください。

太ももとヒップの境目ができているか、ショーツからヒップがはみ出ていないか、ウエストはくいこんでいないか、後ろから見たときにヒップが上がっているかなど、鏡でチェックしましょう。

ショーツを買い換えるときはもう一度サイズを測りなおそう

少し面倒に思ってしまうかもしれませんが、ショーツを買い換えるときはもう一度今のヒップサイズを測りなおすことから始めることが大切です。

ショーツの買い替え時期は、ショーツによる劣化だけでなく、ダイエットをして痩せたときや、反対に少し食べ過ぎて太ってしまったとき、なども挙げられます。
伸縮性のよいショーツを選んでおり、多少の変化であれば問題ないですが、やはり今のヒップ状態に合ったショーツ選びが欠かせません。

下着は身につけている時間が長い分、すぐに影響が出てきてしまうので、ボディケアのひとつとしてショーツ選びは大切に行っていきましょう!
ブラジャーだけじゃない、ショーツの正しい選び方をご紹介させていただきました。
ヒップだけでなく、下半身全体のバランスの崩れにも繋がってしまうので、ブラジャー選びと同じようにショーツ選びも大切です。

正しく選べれば体型を守るだけでなく、着心地もよくなるので今以上に快適に過ごすことができます。
今まで何となくでショーツを選んでいた女性の皆さんは、ぜひ自分のサイズから知ることを始めてみてください。

【関連記事】24時間ボディケア♪おこもりビューティーができるランジェリー

お風呂上がりのボディケアは、どうしてもめんどくさくて怠ってしまいがち。しかし、理想のボ...

ヒップ ショーツ 選び方

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる