世界三大祭り!?イタリア『ヴェネツィア・カーニバル』の魅力

LIFESTYLE

世界三大祭といえば、「ブラジルのリオデジャネイロ」・「スペインのバーゼル」そして、「イタリアのヴェネツィア・カーニバル」です!
今回は、そんなイタリアの『ヴェネツィア・カーニバル』特集です♪

イタリアの「ヴェネツィア・カーニバル」のはじまり★

「ヴェネツィア・カーニバル」がはじまったのは、時代にして1162年。
なんと今から800年以上も前のことです。

イタリアにある都市「アクイレイア」との抗争にて、「ヴェネツィア」が勝利した時に、その祝いとして、広場に集まり踊ったことが起源とされています。
しかし、一時は廃れてしまったんだとか…。

でも、1979年にヴェネツィア・カーニバルは再開されました。
イタリア政府が、ヴェネツィアを活気づかせようという政策で再開されたようですが、それは見事に大当たり!
今では、約300人もの人々が、ヴェネツィア・カーニバルを一目見ようと、全世界からイタリアにやってくるほどになったのです♪

イタリアの「ヴェネツィア・カーニバル」ってどんなもの?

"カーニバル"と聞くと、なんとなく思い浮かぶのは、激しいダンス。
そう、リオのカーニバルのイメージが強い気がします。

でも、「ヴェネツィア・カーニバル」はそういったカーニバルとは、またひと味違います!
ヴェネツィア・カーニバルは、毎年2月の末から3月のはじめまでの2週間の間、開催されます。
そして、その期間中は、街中のほとんどの人が、画像のような仮面と衣装を身にまとっています!

映画などで見る仮面舞踏会のような景色が、ヴェネツィア中に広がるんですね。
そんな景色を見ていると、思わず自分も仮面が欲しくなっちゃうかも…♡

イタリアの「ヴェネツィア・カーニバル」では仮面コンテストも!

イタリアの「ヴェネツィア・カーニバル」において、最も重要なイベントとされているのが、なんと「仮面コンテスト」!

最も美しい仮面を決めるために、カーニバル最後の週末に行われるコンテストなのですが、これには国際的なデザイナーさんなども審査員として参加してるんだとか!

そのほか、期間中はヴェネツィア中でもいろんなイベントやティーパーティーに、舞踏会などが開かれます。
ドレスコードとして、仮面の着用が義務付けられているところや、衣装もなくては駄目というところもあるので、本当にヴェネツィア・カーニバルを楽しむなら、衣装を借りることも考えてみて♪

イタリアの「ヴェネツィア・カーニバル」を写真に収めよう!

まさに中世ヨーロッパといった街並みの残るヴェネツィア。

それは、建物だけでもとても絵になるし、仮装した人たちの背景としてもぴったり♪
写真を撮る楽しみもいっぱいです。

仮装した人たちは、とても気前良く写真を撮らせてくれる方も多いので、
「Posso fare una foto?(ポッソ ファーレ ウナ フォト?)」
と、勇気を出してイタリア語で聞いてみて!

※Posso fare una foto?=写真を一枚撮ってもいいですか?

「ヴェネツィア・カーニバル」は写真を見ているだけで、とっても楽しそう!
そんなイタリアの一大イベント「ヴェネツィア・カーニバル」で、仮面をつけて普段よりも弾けてみたいですね♪