【香水のまめ知識】イイ女は香りから♡香水にまつわるエトセトラ

BEAUTY

イイ女は必ずつけているであろう、香水。
実は、香水はとっても奥が深いものです。
まずは香水の基本から知識を身につけて、応用へ活かしましょう。

香水にまつわるまめ知識①香水には4種類ある

香水それぞれは、香りだけじゃなく、持続時間にも大きく違いがあります。
4種類の違いを知っておきましょう。

①「オーデコロン」
香料濃度が1〜5%とライトなのが特徴。
香りの持続時間も1〜2時間前後です。

②「オードトワレ」
香料濃度は5〜10%。
香りの持続時間は3時間程度です。
柔らかく香るので、オフィスでつける香水として一番選ばれている種類です。

③「オードパルファム」
香料濃度は10〜15%。
香りの持続時間は、5時間程度です。
横にシュッと細い線を描くように、スライドしてつけましょう。
休日のお出かけや、オシャレを楽しみたい日にオススメの種類です。

④「パルファン」
香料濃度は25%〜と最も高め。
香りの持続時間も5時間〜半日とモチが良いのが特徴です。
漂う香りが強いので、つけすぎにはご注意を。
1滴を置くようにつけてください。
結婚式やパーティなど、香りの付け足しがなかなかできないときや、格別高い場所につけていくのがオススメです。

状況や場面に応じて、香水を使い分けましょう。

香水にまつわるまめ知識②「香りの変化」

香りは、ずっと一定ではありません。
どの香水も3段階に分けて香り立つようになっています。

まず第一段階が「トップノート」。
つけてから〜30分の間の香りです。
だいたい柑橘系やグリーン系の軽めの香料が使われています。

第二段階が「ミドルノート」。
つけてから1〜3時間後ぐらいの香りです。
ミドルノートは香水の核となるため、自分に合うか判断する場合はこのときの香りで決めましょう。
だいたいフローラル系やフルーティ系の香料が使われています。

第三段階が「ラストノート」。
つけてから3時間以上経った残り香です。
だいたいバニラ、ムスク、ウッディー系の香料が使われています。

1つの香水でも、トップノートからラストノートまでの香りの変化を愉しむのが醍醐味のひとつです。

香水にまつわるまめ知識③「香水の使用期限&保存方法」

【香水の使用期限】
未開封が3年、開封後が1年といわれています。

香水は直接肌にのせるものなので、使用期限を過ぎたものを使っているとシミの原因にもなりかねません......
また、香りも劣化し異臭を放つものもあります。
使用期限はしっかり守るようにしましょう。

【保存方法】
香水の正しい保存方法は、光の当たらない涼しい場所に箱に入れること。
逆に、日光や蛍光灯があたる場所、高温多湿の場所は劣化の原因となるのでNGです。

香水にまつわるまめ知識④「香水をつけてはいけないパーツ&もの」

香水は、身体のどこでもつけていいわけではありません。

アルコールが含まれているので、髪の毛は傷む原因になるので避けてください。
また、脇や足裏は悪臭の原因となる恐れがあるのでやめましょう! 

手首やひざ裏につけると、動くたびに香りを愉しめますよ♡

さらに、つけてはいけないものは、シルク、革製品、ドライクリーニング表示のあるものです。
香水が染み込んでしまい、シミになってしまう恐れがあるので絶対にNGです。

香水は、基本だけでもこんなに奥が深いです。
香りを上手に纏える女性こそがモテるので、まずは基本をおさえてから、
次に香水の応用を身につけましょう。